5月より高校生の英検取得コースをはじめます。
実際には個別指導という形で、すでに高校1年生から通ってくれていて、高校2年生の2月に2級に合格した生徒さんがいらっしゃいます。彼の合格までの道のりをご紹介したいと思います。

高校1年生の6月に入会してくれたAくん。
目標は『TOEIC Bridge 130点以上、英検2級をできるだけ早く取得すること』でした。
(TOEICの前段階のテストで主に初めて受ける高校生、大学生向けの内容。TOEICが2時間で200問なのに対し、Bridgeは1時間で100問を解きます。満点が180点になります)

まずはTOEIC Bridgeの勉強と並行して、英検準2級の勉強も始めました。
TOEIC Bridgeの出題傾向は独特であるため、公式テキストを使用すると同時に、オリジナルで問題を作って解いてもらいました。また彼は「英語をもっとしゃべれるようになりたい」という気持ちが強かったので、スピーキングの練習としても英作文の練習としても秀逸な「瞬間英作文」のテキストを使用し、英語をしゃべる反射神経を鍛えることも行いました。
英検対策としては、準2級の単語帳とテキストを使用し、出題形式に慣れるとともに、非常に重要な英単語を身につけることを重視して行いました。英検ではその級にあった英単語を知らないと解けない問題が20問あり、単語を覚えることがとても大切になってきます。

さて高校1年の10月に英検準2級を受験し、見事一発合格を果たしました!!
その後はTOEIC Bridgeに集中し、1月の初受験でなんとなんと、150点をたたき出しました!!
目標としていた130点を大きく超える結果になり、本人もすごく自信を持てたのではないかと思います。

その後しばらくは、大学受験も見据えて英文法の見直し、構文を覚えること、パラグラフリーディングの勉強も行いました。
英検2級の勉強は、6月の受験は見送り、10月の受験に向けて勉強を本格化させていきました。
練習問題や過去問を何度も解くことが最大の近道ですので、間違えたところは必ず覚えるようにし、何度も何度も解き直し、問題に慣れるとともに、時間配分も体に身につけていきました。
また英作文もなかなか手ごわく、文法のことはもちろん、書く内容の論理的な流れもしっかりと理解できるよう、たくさんの問題にチャレンジしてもらいました。

そして10月の英検2級の一次試験の日、なんと彼は熱を出してしまったのです。。。
あとから聞いたらインフルエンザだったそうで…。そんな状態でよくがんばりました!!
気になる結果は…なんと合格でした!!これは完全に武勇伝ですね~すごいです!

その後は面接試験に向けて面接の練習をたくさん行いました。面接にもコツがいろいろあり、そこを押さえておかないとなかなか通らない、狭き門です。

そして2月の二次試験も!!一発合格でした~~!!
高校2年生のうちに英検2級を取りたいという目標を叶えることができました

学校の勉強、部活などで忙しい中、英検の勉強までなかなかできないと思いますが、Aくんはがんばりました!!
私はAくんの目標を叶えるお手伝いをすることができて、本当によかったなと思っています。
「英語教室での宿題があったからやれた」と言ってもらえたので、やはりコーチがいることががんばれる(というかやらざるを得ない)要因になるのだなと感じました。
Aくんの約2年のがんばりが、高校3年生での受験の負担を少し減らし、夢を叶えるための土台となったのではないでしょうか。

英検もTOEICも、決して楽にとれるものではないです。
しかし早めにがんばっておくことで、自分を楽にしてくれるものであるのは間違いないと思います。
そして英検取得に向けてがんばったことは、自分の英語力を飛躍的に伸ばし、将来の夢の実現に大きく貢献することも間違いないと思います。
林修先生の言葉をお借りしてみなさんに贈ります。

【いつやるの?今でしょ!】