2006年07月20日

動画撮影のススメその1・撮影編

メイプルのプレイの様子を動画に撮ろう!

プレイの様子を動画に撮ってみんなに紹介したい。
そんな臨場感メイプラーに送る動画のススメ。

若干の知識とマシンスペックが必要ですが、基本的にすべてフリーソフトで、そこまで使い方の難しいものはありません。
必要なのはやってやるぜという気力。
分からないことは検索で調べて、自分でなんとかできちゃうぐらいでないと、動画はハードル高いと思います。

今回紹介するのも、こちらで実験した成功例のひとつに過ぎません。
やってみたらできた、なレベルなので、あれこれ質問されても答えられるという保障はありません。

今回は実際撮影する段階までをご紹介します。
 
準備するもの

今回使用した撮影ソフトはFrapsというフリーソフトです。
オフィシャルからダウンロードできます。
英語のサイトですが、Downloadなどをキーワードに探せばなんとかなります。

インストールも完了させたら、いよいよ実際に使ってみましょう。
まずはFrapsを立ち上げてみます。

画面の項目は当然全部英語です。
日本語訳はFRAPS Frequently Asked Questions 日本語訳を参考にするといいです。

以下、実際にこちらで使ってる設定と寸評です。

general
起動したら最小化するようにしてます。

fps
Frapsを起動したら、画面に黄色い数字でFPSが表示されます。
左上や右上だとミニマップやスキルアイコンとかぶるので、レベル表示とかぶる左下にしています。
オーバーレイとベンチマークは特に使わないので消してます。

movies
RecordSoundにチェックを入れると、音も保存します。
録音するとファイルサイズが結構増えるので、マシンスペックと残り容量と相談して決めてください。
撮影キーと、保存先だけ自分の分かりやすいようにしておきましょう。

screenshots
スクリーンショット撮影です。
ゲーム付属のものや、他のキャプチャーソフトを使っていれば特に使いません。
試用版ではbmpでしか保存できません。



撮ってみよう!

実際撮影する際に、このページを参照にさせてもらいました。
ゲームこそ違いますが、基本的に操作は変わりません。

注意点をまとめてみると、

・Frapsを立ち上げてからゲームを立ち上げる
ゲームが先だと撮影できません。いったんゲームを終了させてから、Frapsを先に起動しましょう。

・ゲーム画面に黄色い数字が表示されている
上記のFPSタブで指定した場所(例の通りだと左下)に数字は表示されていますか?
されていないなら撮影はできません。
表示されない場合、グラフィックボードとの相性、ドライバのバージョンなど、原因は色々考えられますが、とりあえず今の環境じゃできないということです。
分からない人は潔くあきらめましょう。

・撮影ボタンを押したら、黄色い数字が赤くなる
普段は黄色いFPS表示、撮影中は赤くなります。
撮影を終了すれば再び黄色に戻ります。
試用版では30秒しか撮影できませんので、30秒たつと勝手に撮影は終了します。
ここで数字が赤くならない、もしくは一瞬だけ赤くなって、すぐに黄色に戻る人。
これも原因は分かりませんが、現状では撮れません。
撮影ボタンを間違った、というベタなオチでもない限りは解決法が分かりません。

・容量は十分にあるか
少し圧縮した程度の動画なので、基本的に結構容量食います。
内容にもよりますが、30秒で200MB程度は食います。(音アリ)
容量不足で撮れないという可能性もありますので、空き容量にはご注意を。



撮影することはできたでしょうか。
マシンスペックやグラボの関係で撮影できない場合は、マシンやボード、ドライバを変える必要があります。
そのあたりになるとこちらもお手上げです。
PC買い換えた際にでも試してみてください。

次回に続く!