2007年01月11日

農水省の海外日本食優良店調査・支援事業がよくわからない

・海外日本食:変わった味に”選別”必要?(毎日新聞)

> お役所が味付けにまで注文を付けることに疑問の声も少なくない。

 いつの間にこんな話になったんですかね、コレ。当初は「日本食とかけ離れた食事を提供しているレストラン」増殖による信頼度の低下を食い止めると共に、「生もの」を扱う日本食の危険性を外国人経営者に認識してもらうという趣旨だったと思うんですが。ここで言う「日本食とかけ離れた食事」の具体例は「ブームに便乗して中華料理などから衣替えしたただけの店」ですよ?

・海外の和食を「辛口」で採点 農水省がお墨付き制度(iza)

 その後、「政府が認証するのはおかしい」などと異論が相次いだため「認証」から「支援」に改めて現在進行中なワケですが、「そもそも料理の安全性ならともかく、調理方法やメニューにまで国が口を出す」なんていう話では無いはず。「フュージョン料理だから認められないのだとしたら」などと仮定法を使っている所を見るとメディアの曲解の匂いが漂うのですが・・・。

 そんな感じで毎日新聞の報道姿勢には「意義あり!」なんですが、農水省の目論見そのものには反対だったりします。「日本の農林水産物は世界の市場で十分受け入れられる」という主張は甚だ疑問なのですよ。食材を輸入中心で賄ってる国なのに。素材が命の日本食では加工品輸出でペイするとも思えません。莫大な予算を投じるだけの効果がどこにあるのかサッパリなのです。安全に対しても現地の衛生当局に情報を流して安全基準の強化を促した方がよっぽど効果的ですし。

 前に「回転スシ世界一周」という2000年ごろの欧米スシブームを扱った本を読んだことがあります(この本には放射線ロシア人で話題のイギリス回転寿司「itsu」も紹介されてます)。そこには、「フランス人はスシに焼き鳥のタレをつけるのが好き」「オランダには中国人経営の冷凍スシ工場がある」「インターネットで握り方を覚えたオランダ人職人」、などなど色々クラクラくることが書いてあるんですが、不衛生な店が野放しってわけでもなく着々と和食が広まってる気配なのでした。その料理が日本人の口に合うかどうかは別として。
 この本によると、欧米で経営者の主力が中国人なのは中華料理と共に世界中に進出してる歴史があるからなのです。韓国人も同族意識が強くコリアン・タウンを形成してますよね。一方で日本人は海外であまり纏まらないしフードビジネスでの大規模世界進出に熱心でもありません。そして、「日本人職人は給料が高い」「人の下で働くより小さな店を持つ事を好み発展性が無い」「頑固で柔軟性が無い」などの耳が痛い指摘も納得いくものです。この辺りの問題を是正しないと折角の日本食ブームも儲けるのは外国人ばかりって事になりかねないのではないでしょうか。国費を投入するのはやはり疑問ですね。

 農水省が日本人向けの日本食レストランばかり増やそうとしてるとは思えませんが、自然に現地の人の口に合う清潔で安全な和食を供給する店が流行り危険で不味い店は廃るに決まってるんですから、別に民間に任せておけば良いんじゃないですかね。

回転スシ世界一周


mappil at 23:08│Comments(0)TrackBack(0)雑記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔