"Live Location" by Facebook

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
unnamedFacebookのメッセンジャーで、リアルタイムに位置情報を共有する機能が提供開始とのこと。

 

Facebook、「Messenger」でリアルタイムに位置情報を共有する新機能」2017.3.28 @INTERNET Watch
 米Facebookは27日、iOS/Android向けの「Messenger」アプリにおいて、友達とリアルタイムで位置情報を共有する機能の提供を開始した。全ユーザーを対象に提供する予定。

 ツールバーに表示される矢印ボタンをタップしてから「リアルタイム位置情報をシェア」を押すと利用できる。共有時間は60分間に限定されており、中断することも可能。現在地から相手の場所までの所要時間も表示する。
→「Introducing Live Location in Messenger | Facebook Newsroom

【関連記事】
Facebook Messengerからライブで位置を共有―待ち合わせが飛躍的に簡単になる」2017.3.28 @TechCrunch Japan
ニュース - 現在地のリアルタイム共有、「Facebook Messenger」でも提供」2017.3.28 @ITpro
米Facebook、位置情報のリアルタイム共有機能をMessengerに追加」2017.3.28 @マイナビニュース
Facebookメッセンジャーにリアルタイム位置情報共有機能が追加」2017.3.28 @ガジェット通信
:続きを読む

「現在地の共有」 by Google Maps

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
error_logo-150x54-2xGoogleマップで、リアルタイムに現在地を共有する機能についてのアナウンスがありました。


「Googleマップ」アプリに現在地やナビ情報をリアルタイム共有可能な新機能」2017.3.23 @INTERNET Watch
 Googleは22日、「Googleマップ」のAndroid/iOSアプリに、現在地とナビゲーション情報をリアルタイムに共有できる新機能を近日中に追加することを発表した。

 現在地をタップするか、メニューに追加される「現在地の共有」から場所を共有する相手と共有する時間(15分~3日)を選び、URLリンクをメッセージアプリなどで送信する。共有している間は、自分のGoogleマップアプリに相手のアイコンが表示され、いつでも中断できる。共有された相手には、Android/iOSアプリに通知される。また、ウェブ版GoogleマップのPCサイトやモバイルサイトでも、共有された場所を確認できる。
→「Google マップで今いる場所や移動中のルートを共有しましょう」2017.3.23 @Google Japan Blog

【関連記事】
「Googleマップ」、自分がいる場所をリアルタイムで共有可能に」2017.3.23 @CNET
Googleマップでリアルタイムの位置情報をシェアできる「Location sharing」が登場、ナビモードでも位置情報が共有可能に」2017.3.23 @GIGAZINE
「いまどこにいるの?」が一発解決!Googleマップでリアルタイム位置情報のシェアが可能に」2017.3.23 @RBB TODAY
気になるあの人は今どこ? Google マップが「位置情報の一時共有」に対応へ」2017.3.24 @ギズモード・ジャパン
:続きを読む

"行動支援サービス" by NTTレゾナント

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
gh_logo_smileNTTレゾナントより、gooでAIを活用した旅先を提案する行動支援サービスの展開について発表がありました。

 

「goo」が20周年、“オタク集団”の意地で「世界が驚嘆する日本発のサービス」目指す」2017.3.28 @INTERNET Watch
 NTTレゾナント株式会社が運営するポータルサイト「goo」が3月27日に20周年を迎えた。同日行われた記者発表会では今後のgooの事業展開、新サービス・製品について発表された。

 gooは1997年3月27日、日本初となるロボット型検索エンジンの提供を開始。以降、Q&Aサービス「教えて!goo」や辞書検索サービス「goo辞書」などを展開してきた。2016年9月には教えて!gooの恋愛相談カテゴリーにおいて、NTTグループの人工知能(AI)技術「corevo」を活用して恋愛アドバイスを提案するユニークなサービスを開始。約半年で4000件の相談に回答してきたという。

 恋愛相談カテゴリーで活用されているAIは、長く複雑な文章でもユーザーの意図を理解し、“人間らしい”回答を生成できるという。データベースには教えて!gooが利用されているが、2017年度はさらに同社の各データベースと連携することで、知域の底上げを図り、corevoを活用したサービスの適用領域を拡大する。

 具体的には、BtoCサービスとして、旅先を提案する行動支援サービスを9月より提供する。恋愛相談サービスと異なるのは、一問一答形式ではなく、リアルタイムの対話を通してユーザーの関心を引き出していくこと。例えば、「癒されたい」「のんびりしたい」といったあいまいな言葉でもユーザーに合わせた旅先を提案してくれる。教えて!gooの旅行に関するQ&Aデータや「gooブログ」の旅行体験記事、「goo旅行」の観光地情報、「goo地図」の地域情報といった複数のデータベースと連携しているのが特徴だ。提示された答えに納得できない場合でも、対話を重ねることでさらにブラシュアップした回答を引き出せるとしている。
→「gooのAI活用第2弾 行動支援サービスの提供について | gooプレスリリース

【関連記事】
ポータルサイト「goo」20周年--旅選びを支援するAIサービス、“日本発”のこだわり」2017.3.28 @CNET
:続きを読む
記事検索
最新コメント
レコメンデーションエンジン