打撃論

その壱「揺らぎ」でリラックスをして、その弐「シンクロ」でタイミングを取り、その参「乗せ」でしっかりと体重を軸足に乗せました。

さて、その四でありますが、いよいよスイングのための動きに入ります。
スイングが始まってしまえばあとは何もありません。

最終段階に入ります。

実際にはスイングに入った後、「うねる」がありますが、これは小中学生ではやらなくていいと思います。

したがって今回がワタクシの打撃論の最終章になりますね。

打撃論と言っても打つまでの段階の話です。
実際のスイングについては皆さんがいつもやっているスイングで良いと思います。
スイング理論ももしかしたらその後にやるかもしれません。

その四ですが、これは「割れ」です。

割れ?割れってなんじゃ?と思う方が多いでしょうね。
捕球からスローイングにおいてはよく割れという言葉を子供たちには使ってきました。
ゴロを捕球したあと一旦両手でボールを胸にもってきます。そのあとのスローイング動作において胸から両手を割るように離して送球に入る動作を私は「胸から割りなさい」と云ってきました。
まあ・・・それと同じように考えていただければ結構ですね。

引いたバットは後ろに残し、踏み出す足はステップを行う・・・
右打者の場合、左足を踏み込むときにバットはキャッチャー側に引き、足が着いてからスイングに入る・・・・
どう説明したらいいか難しいですが、バットを引くのとステップし着地するのが同時?
足は左下に、バットは右上に・・・みたいに割れることです。


その際に気を付けて欲しいのは、足が着く前にスイングが始まってしまう子が多いです。
しっかり着地しないと体が流れてしまい手が前に出てしまうと力強いスイングは出来ません。
足が着いたら腰が回っていくという意識が必要です。

本当に子供たちに一番多いのはステップの際に体がピッチャー側に突っ込んでしまうことです。
そして突っ込むので腰が回らず手が前に出てしまう「突っ込んで手打ち」という最悪のスイングに陥りやすいですね。
スイングは足を付いてから始動・・・それを意識して欲しいです。
ぶつかりに行くスイングをする子で良い当たりをする子もいます。
それはタイミングが合っていれば可能ですし、その子のスイングなので何も言うつもりはありません。
小さい子や学童で上手く打てない子の一つの方法としてのアドバイスですので、これらをもとに自分に合った動きを覚えてもらえればいいのかなと思います。

とにかく野球はバッティングが楽しいんです!!
思い切り自分のスイングをして、タイミングバッチリで芯を喰った時の感触は野球選手にとってサイコーに楽しい瞬間です。

打てないからと言ってなんとか当てに行くような打ち方や、バッティングが苦手だからと言って四球狙いの消極的なバッターになって欲しくないと思います。

しっかりタイミングを取り、あとは迷わず振り切るのみ!
10回打って3回ヒットが出れば強打者と言われる確率の悪いものなんです。
プロだって7回失敗するスポーツですから、失敗を恐れず思い切りやってください。

ピッチングも守備も楽しいですが、まずはみんなバッティングが楽しいはずです。
バッティングセンターはあるけどピッチングセンターとかフィールディングセンターってないでしょ?
バッティングは誰でも楽しいんですよ!!

野球を楽しむためにはまずはバッティングの上達が不可欠です。
ガンガン振って、ガンガン打って、楽しんでくださいね〜〜

次はなにを書こうかなあ・・・・

揺らいで・・・・シンクロして・・・・乗せて・・・割って・・・・足を着いてから腰を切ろう!!
ギクシャクしないように一連の動作でいきましょうね。
素振りの時に意識して、実際打つときはそんなこと考えないで思いっきり振ってね〜〜