2016年04月26日

一人暮らしをし始めてから1年。
最初、生活における消耗品を「これくらい買って使い切れるだろうか…」とか考えながら買ったり、最小の量のものを買ってもなかなか使い切らなかったりと、状況をまとめてみました。

生活の状況

  • だいたい1日2食を自炊する(平日昼は食堂が主)
  • 1年のうち家で寝た日数:320日くらい(帰省や長期出張などのぶんが減っている)

消費状況

有料の可燃ゴミのゴミ袋(10リットル):3週間くらいに1枚
がさばるゴミはプラスチックゴミとして出せるものが多いため、食品くずやティッシュなどが主なゴミなわけだが、それだけだとそんなに増えない。なお食品くずは、臭いが出ないよう、ゴミ捨て場に出すまでは冷凍庫保管している。
キッチンペーパー:9か月くらいに1ロール
電子レンジで、冷凍の肉やスーパーで買った揚げ物を温める際に敷いている。あってほしいものであるのだが、そこまで頻繁には使わない。
ラップ(22cm×50m):4か月くらいに1本
作り置きしたものを冷蔵庫に入れるのが主。
食器洗剤:6か月に1本
案外減らないと感じたもの1。自炊するので食器だけでなく調理器具を洗うぶんの消費もあるのだが、それでもなかなか減らない。
ボディーソープ、シャンプー(リンスイン):5か月くらいに詰め替え用1袋
案外減らないと感じたもの2。
洗顔フォーム(180ml):1年1か月くらいに1本
案外減らないと感じたもの3。引っ越してすぐに買ったものがもうすぐ使い切りそうというところ。
衣料洗剤(液体):3か月くらいに詰め替え用1袋
これは結構減っていったこともあり、安売りのときにまとめて買うようにした。


maraigue at 23:58コメント(0)トラックバック(0)随想 

2016年04月03日

去る3月19日(土)に、札幌C++勉強会 #11 - connpassを開催しました。

現在、主に運営をしているメンバーが札幌にいない状況ではありますが(私と@ignis_fatuusさん)、二人が時折札幌に戻るときに実施しています。その前の第10回(2015年12月26日)も、二人が帰省するタイミングを狙って計画したものでした。
※なお、「札幌やその周辺に住んでいて、C++勉強会を計画したい!」という方がいましたら歓迎ですのでご一報ください。

私の発表

名古屋に移って研究の内容が大きく変わったわけなのですが、そこで行うようになったことをテーマに話しました。

「関数の最小化」は、中学や高校を含め、数学ではよく出る問題です。これはより一般には「最適化」と呼ばれる問題にあたり、機械学習の分野でもこれは非常に重要な考え方であるという話です。

最近「ビッグデータ」などと呼ばれるように、データがたくさん手に入るようになったことから、それを分析する手段の開発も重要となっています。人間は「事例を見て、行うべき判断などを知る」という「学習」を行いますが、コンピュータ上で手段は違えど「事例を見て、行うべき判断などを知る」ということを行わせる、というのが「機械学習」です。例えば迷惑メールフィルタを作ることを例に取ると、迷惑メールになる条件を人手で記述するのではなく、ユーザの迷惑メール報告をもとに構築するのが機械学習の考え方ということになります。

機械学習の実際の計算においては、手法によって違いはありますが、簡略化して書くと以下のような手順を踏むことになります。

  • 結果(上記の例でいえば「迷惑メールであるか否か」)を表現する関数やデータ構造の形(例えば、「データを x, y としたとき、 p(x, y) = ax + by + c の形で書ける関数」)を決める。
  • 関数 p(x, y) が、すでに持ち合わせているデータ(訓練データという。上記の例でいえば「すでに報告されている迷惑メール」)からどれだけ離れているかを表す関数 f(a, b, c) を作る。
  • f(a, b, c) を最小化するような a, b, c を求め、p(x, y) に適用する。これが「訓練データをもっともよく反映した、結果を表現する関数」となる。

特に機械学習を行うという観点では、その関数 f(a, b, c) の最小化が実際に計算できないのでは、学習結果も得られないことになってしまうため、どんな関数であれば計算が容易なのか判断することは非常に大事です。詳細は資料中で解説していますが、この問題を考えるにあたって重要なキーワードとして、「極小値」や「凸関数」というものがあります。

C++のソースコードも用意しています(github: maraigue/sapporocpp-20160319)。簡単な実装ではありますが、機械学習の簡単な例である線形分類(「男性と女性」など2種類に分けられるデータ点を、2次元なら直線、3次元なら平面…で分ける最良のものを出力する)のサンプルも用意しています。



maraigue at 01:52コメント(0)トラックバック(0)イベントプログラミング 

2016年03月29日

学生時代の研究室所属当時を含めてずっと、職場/研究室にペットボトルのお茶を常備している私。
お茶は普通の緑茶が中心だったのだが、昨年12月ごろから試験的に、ノンカフェインのお茶(具体的な商品名で言えば爽健美茶や十六茶)を飲んでみることにした。

理由は、「最近、お手洗いに行く頻度が多くなったかな?」と感じたため。それだったらノンカフェインのほうがいいのかな?と思い。

結果としては、
  • お手洗いに行く頻度は実際減った。
  • ただ、お茶を飲む量自体が増えた。(カフェインが入っていない→薬理的に気分に影響しにくいから?)
    • 「人工甘味料の入った食べ物を、物足りなくて過剰に食べてしまう」という話を聞いたことがあるが、それに似ているのかも。
  • しかもそのおかげで、胃に空気がたまりやすくなった。
ということで、結局2月下旬ごろから普通の緑茶に戻しました。

いい経験ではあったかなと思います。自分は結構カフェインに依存してるのかも…ってこともわかりましたし。

maraigue at 01:36コメント(0)トラックバック(0)一般随想 

2016年01月16日

DSCN3566x

昨年4月に引っ越してから今までは、譲り受けた冷蔵庫(90リットル)を使っていたのだが、もう少し大きいものがほしくなり、中古家具の店で146リットルの冷蔵庫を購入。

秋から仕事の進みが速くなってきて忙しい時期も増え、
● 買い物に行くのが面倒なので、まとめて買っておきたい
● 何度も調理をするのが面倒なので、何食分か作り置きしたい
ということも多くなってきた。
しかしそれまでの冷蔵庫では、食材を入れておける量についても、作り置きした食事を入れておける量についても、制約が大きいと感じるようになってきた。

これで食事についての手間を和らげて、仕事だったり趣味だったりにもっと力を注げるようにしたい。

maraigue at 21:49コメント(0)トラックバック(0)随想 

2015年12月20日

ビエネッタ チョコレート | アイスクリーム | 商品紹介 | 森永乳業株式会社

ケーキ型のアイス「ビエネッタ」。

これのCMを小さい頃に見て(小学校に上がるか上がらないかの頃)、「食べてみたい!」って思ったのをよく覚えている。当時は「エスキモー」ブランドだった。
CMで出てきた、これの切り口が「おいしそう!」と思わせてくれた。
ただ、当時はおねだりとかしたわけでもなく。

その後も、ビエネッタの印象こそ心に残り続けていたが、食べる機会はなかった。

おととい、近所のスーパーを見ていると、クリスマス向け商品のコーナーにこれが並んでいた。しかもポイント還元で実質3割引。買うしかなかった。

20151220_002522
20151220_002629

実際おいしかった。チョコが層になっているのがなかなかいい。
という、二十数年越しで味わったという話でした。

maraigue at 00:46コメント(0)トラックバック(0)随想 

2015年12月02日

Firefoxでは「スマートキーワード」といって、アドレスバーに「キーワード 単語」と入れることで対応するサイトに移動できる、というものがある。例えば「https://www.google.co.jp/search?q=%s」というURLに対して「g」というキーワードを割り当てておくと、アドレスバーに「g Firefox」と入力することでGoogleで「Firefox」が検索できるようになる。

さて、登録したスマートキーワードはブックマークとして見られるようになるため、ブックマークのオプションから変更できる。
20151202Firefox
しかし先日、なぜかキーワード欄が消えたブックマークがあったためにそれを再度設定しようとしても、設定ができないという状況に見舞われた。別のキーワードを設定すれば大丈夫ではあったのだが。ブックマークをバックアップして出力されたJSONファイルを編集し、それを再度読み込んでもだめだった。

でMozillaのサポートサイトで調べてみたら、現在のFirefoxはどうやらスマートキーワードのキーワード一覧を別途管理しているようで(参考:Bookmarks keyword content missing. | Firefox Support Forum | Mozilla Support)、そこと整合性が取れないのが問題だったのだと推測。このページにあった解決策のうち、ブックマーク関連のデータベースを修復してくれる「Places Maintenance」を使うと問題が解決した。
【簡単な使い方の説明】上記ページでアドオンをインストールしたら、「アドオンマネージャ」→「拡張機能」→「Places Maintenance」→「設定」 ここでウィンドウが表示されるので、「Preset」を「All」にしてから「Execute」を押す。これで修復が実行される。

maraigue at 01:43コメント(0)トラックバック(0)コンピュータ全般 

2015年11月23日

20151123_002135

実家に住んでいた当時は、パソコンの音は基本的にイヤホンで聞いていたのだが、今年4月に一人暮らしを始めてからは、家ではイヤホンを基本的には使わなくなった。

今まではずっとパソコン(ノート)から流れる音をそのまま聞いていたのだが、

  • 音量に限りがあるので、音を聞きながら料理等の作業をすると音が聞こえにくかった(これは一人暮らしを始めてまもなく気づいた問題点だった)
  • そろそろ音の貧弱さをどうにかしたくなった(最近)
ということで、個別のスピーカーを購入。

結論から言うと、かなり快適になった。3,000円くらいのスピーカーだが、目立って音が違うし、音量も出せるようになったし。ちなみに、机の上にはスピーカーを置くちょうどいいスペースがなかったので、座席真後ろのカラーボックスの上に置くことにした。

【余談】

ところで、店でスピーカーを選んでいて、「アクティブスピーカー」「パッシブスピーカー」って呼び方があるのだということを知った。前者は電源に繋いで音を大きくできるもの、後者はそうでないもの。



maraigue at 01:31コメント(0)トラックバック(0)コンピュータ全般 

2015年10月21日

知っている方には何のことはないのでしょうけど、「ぐぐれなくて困った案件」として。

PHPでは通常、<?phpで始まって?>で終わる部分をPHPのプログラムが書かれた部分として実行し、残りの部分(典型的にはHTMLを書く)をそのまま出力するのだが、以前使っていたPHPの設定では、それに加えて<??>でもPHPのプログラムと扱っていたのである。

VPSでPHPを別途インストールした際、この後者の方法が使えなくなっており、本来PHPプログラムであるものがそのまま出力されたりなど困ったことになった。

その際、最初は「PHP クエスチョン」などでぐぐってみたのだが(「<?php」でぐぐっても「php」とみなされてしまう)それらしい答えは見つからなかった。ではどうしようと次に見たのがPHPの公式マニュアルだったのだが、そこで「言語リファレンス」→「PHP タグ」を開くとちゃんと書いてあった。
PHP では、短い形式の開始タグ <? も使えます (しかしこれはおすすめしません。というのも、この形式のタグは php.ini で short_open_tag を有効にするか --enable-short-tags オプションつきで PHP を configure した場合でないと使えないからです)。
PHP: PHP タグ - Manual
ということで、php.ini中に「short_open_tag = On」という一行を加えて解決。

maraigue at 00:40コメント(0)トラックバック(0)プログラミング 

2015年09月14日

11年前、出先で買った歯みがき粉(40gの小型のもの)。
その後もしばらく、宿泊を伴う遠出の時のためや、大学に泊まることになったときのために残しておいたのだが、使い切るまでには至らず。

今年4月に引っ越した際に、もう時期が時期なので使い切るつもりで使い始めたのだが、引っ越して5ヶ月でようやく使い切った。

11年前に買った歯みがき粉

maraigue at 22:44コメント(0)トラックバック(0)随想 

2015年09月10日

インターネット回答|国勢調査2015 キャンペーンサイト‐ 総務省統計局

私にとってははじめての、自分だけで書く国勢調査(今年から一人暮らしを始めたので)。

家のポストに案内が投函されていて、「国勢調査ってインターネット経由でも回答できるようになったんだ」と知ったのだが、調べてみると、インターネットで回答するためのIDはあくまで調査員から受け取らないとならないとのこと。
一人暮らしだと、(インターネットではなく従来の紙の調査でも同じなのだが)その「調査員のいるタイミングで家にいる」ことのハードルが高い。自分の場合、平日はもちろんのこと、休日でも予定を入れることが多いので、実際なかなか難しい。

(補足)
調査員によっては、再訪問予定日を書いた紙を入れていったり、調査票をポストに投函していくこともあるようです。が、原則そうするということではないようです。

それ自体はまあわかったとして、イラッときたことを2点ほど。

1) サイト内で述べられていたインターネット回答の利点

上記サイトにて
仕事で帰宅する時間が遅くなったり、日中不在がちにすることの多い世帯であっても、期間中は、いつでもお好きな時間に回答できます。
と書かれていたわけなのだが、これが利点になるのってあくまで「二人以上で住んでいて、一人は日中でもいる」(=IDを受け取れる)世帯なのであって、一人暮らしなど「日中に全員不在になることが多い」世帯だと意味がないんですよ。

2) 「インターネットで回答するためのIDはあくまで調査員から受け取らない」という説明を見つけるのが難しいこと

ポストに投函されていた案内では、単に「インターネット回答用IDを配布」としか書かれておらず、どう配布されるのかの説明がなかった。もしかしたら「国勢調査の用紙を受け取るのは対面、ってのは一般常識レベル」って話なのかもしれないが。

でぐぐってみたら上記のサイトに行き着いたわけだが、そのことを見つけようとすると、下に小さく出ている「国勢調査の流れ」というリンクから飛べるページ(国勢調査の流れ)に行かないとわからない。インターネット回答についてのページからすぐにわかるようにしておくべきだと思った次第。(国勢調査のトップページからだったらすぐ見つけられるのだが、Web検索から来る人も多いだろうことを考えると。)

maraigue at 02:12コメント(0)トラックバック(0)一般 
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ