2018年12月31日


最近のAndroid端末は、端末をパソコン等と繋いだときのファイルのやり取りを、MTP(Media Transfer Protocol)としているものが多い。

私は以前は、Android端末のデータの差分バックアップをするのにrsyncの「–backup-dir」オプションを活用していた。しかし9月に端末を新しく買った(ASUS Zenfone 5z)際に、MTPデバイスとしてのまま同様の差分バックアップができないか思案したのであった(rsyncではMTPにアクセスができない)。というのも

  • 前に使っていた端末は内部ストレージの容量が少なく、バックアップしておきたいデータ(写真など)はMicroSDカードに入れていた
  • しかし新しく買った端末は、そもそも内部ストレージの容量に余裕がある(128GB)
  • また、新しく買った端末は、MicroSDカードの取り出しが割と面倒(ピンを刺して取り出すタイプ

ということもあり、MicroSDカードを経由せずにバックアップを取りたかったのである。

当面はファイルを直接コピーしてしのぐことにし、自分でMTPデバイスのファイルを列挙するプログラムを書いて差分バックアップを取ることも考えたりしたのだが、そんな中ちょうどよいソフトウェアが見つかった。それが上記のFreeFileSyncであった。

私がしている設定

まずは同期対象のフォルダを選ぶとともに、コピー先(パソコン内)を対応して指定します。このときコピー先のフォルダは事前に作っておく必要があります

同期対象フォルダの指定

この画面の赤い漏斗が「フィルター」です。同期したくないファイル名等を指定します。私の場合、「.thumbnails」フォルダ以下と「.aux」フォルダ以下を除外しました。特に前者は除外しないとどういうわけかエラーメッセージが出ました(バックアップできるにはできたのですが)。

フィルタの指定

最初の画面の緑の歯車が「同期の設定」です。方法は「ミラー」(同期先の内容が同期元と一致するようにする)、それによって古いファイルがあった場合の処理は「バージョン管理」とします。命名規則を「置換」(単に指定のフォルダに置くだけ)、移動先のフォルダは適当なフォルダ(事前に作っておく必要があります)の後ろに「\%date%」を付けたものとします。これにより、バックアップ日単位でフォルダが作られます。

同期の設定(全体)

引き続き「同期の設定」において、左側にあるバックアップを行うフォルダを一つずつ選び、差分バックアップの追加設定を行います。「ローカル設定を使用」を選択してフォルダごとの設定を可能にし、古いファイルの移動先の「\%date」の後にさらに「\フォルダ名」を付けます(こうしないと、差分バックアップした内容が全フォルダで混ざります)。

同期の設定(フォルダ別)

設定は保存しておけるので保存しましょう。

実際にバックアップを取る際は、最初の画面でまず「比較」ボタンで差分を確認、その後「同期処理」ボタンで実際の同期を行います。



maraigue at 13:41コメント(0)コンピュータ全般 | Android 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

H. Hiro

  • ライブドアブログ