2009年06月21日

オープンソースカンファレンス(OSC) 2009 Hokkaidoに参加した。
昨年は完全に参加するだけだったが、今年は北海道開発オフのメンバーとして、北海道開発オフを紹介する側にも回った。

自分がOSCに参加する上で、意識の面で昨年と大きく違ったのは2点あると思っている。

一つは上記の通り、自分が展示する側にも回っていること。なのでブースを見に来た方に説明をしたり、こちらから声をかけるということが必要であった。

もう一つは、こちらが重要だったと後で思ったのだが、コミュニティ活動に慣れてきたことである。私が各種コミュニティに参加するようになったのは昨年3月ごろからである(参考)。なので当時は知り合いも限られていたし、こういった場で話すことも慣れてなかった。一方で今回は、それ以前の活動で知り合った方が増えていたのはもちろん、初めて会う方ともどんどん話し、さらに交流を広げるきっかけに出来たと感じた。つまりは、コミュニティでの活動をコツコツと行ってきてよかった、ということである。
これに関連してだが、今回は、OSCの運営をされているLOCALの皆様の活発さが強く伝わってきた。皆様お疲れ様でした。

【出来事】

  1. @kobun氏が大ディスプレイを会場に持ち込み。(下記写真参照)
  2. まさかのWindows95登場(OSASKの川合氏の講演にて)。
  3. @caesium133氏とお会いした。EeePCにAndroid OSを導入するのを試みていた。
  4. @riaf氏がブース来訪者にちょっかいを出しすぎ。
  5. LOCAL学生部参加する学生募集中。→ 部長は特に女子学生募集中。ちぃ覚えた。
  6. 昨年私がサーバ機を獲得した、HP提供のサーバ機抽選会、今年は@irasally氏の手に。
  7. 「2年連続で北海道開発オフのメンバーがサーバ機を獲得した。北海道開発オフに来ませんか?」(@smokeymonkey氏 懇親会LTにて)

【写真】



maraigue at 12:02コメント(0)トラックバック(0)イベント | コンピュータ全般 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール

H. Hiro

  • ライブドアブログ