2009年05月

2009年05月26日

「越後姫」の収穫

・タイトルを「越後姫」にしましたが、新潟県特産の「イチゴ」のブランド名です。

≪写真クリックで拡大≫
いちご畑

・数年前、知人から頂いた数本の苗を一昨年、昨年とランナー(根茎・親株から伸びたランナーの先に子苗ができるので、それを育てます)で増やし、現在は100本以上が狭い「畑」で今年も元気よく育ち、白い花が咲いた後、3〜4週間で赤い実が生りはじめた。

イチゴ収穫

・「畑」には従来からの品種のイチゴと混在しているが、収穫の時期になると、実の大きさと形で「越後姫」は直ぐ分かります。

・イチゴを育てた人はご存知のことと思いますが、収穫期と前後して親株の根元からランナーが次から次へと出るので、収穫後も来年のため作業が続きます。イチゴは一年サイクルで「畑」を占領し、手をを加えることにより翌年同じ時季に実をつける。

・イチゴに限らず、店頭では冬でもハウス栽培・外国産の野菜等が出ているが、やはり地産で旬のものが一番美味しいと「活性化」は思う。

バナー02
佐渡活性化のために一日ワンクリックお願い致します。


marason321 at 12:37|PermalinkComments(0)

2009年05月19日

冬越から「夏野菜」へ

≪ニンニク収穫前≫

野菜2
・コンクリより土が好きな「活性化」は自宅の近くに小さな「畑」を構えて一人で家庭菜園を楽しんでいる。今は夏野菜のトマト・ナス・キュウリ・ピーマン等の植え付けが終わり、冬越しのイチゴ・タマネギ・ニンニク・エンドウ・ソラマメ等と同居して空き地が全く無くなった。

・これからは、エンドウ・ソラマメ・イチゴと夏にかけて次から次へと何かが収穫されるので楽しみだ。

・今年は東京に出ている娘達の要望と「畑」のスペースも考えて、2年ぶりに復活したのがズッキーニです、種からポットで育て「畑」に移植した苗が、ずいぶん大きく成ってきた。間もなく花を咲かせて実が生るでしょう。ズッキーニの実はキュウリに似ているが、実はカボチャに近い品種です。

・ズッキーニは「活性化」に縁の無かった野菜で「佐渡ヶ島」で暮らした子供の頃も見たことが無かった。

≪ズッキーニの苗≫

ズッキーニ

・ズッキーニ料理は「焼きサラダ」に「バスタ」「トマトのかさね焼き」等、我々和食党より世代が違う洋食党の若い人達に好まれるようです。

・最近は見慣れない野菜が店頭に並んでいて作ってみたい初物もあるが、小さな「畑」は限界で残念である。


バナー02
佐渡活性化のために一日ワンクリックお願い致します。


marason321 at 17:55|PermalinkComments(0)

2009年05月11日

「えっ!」佐渡へ乗用車フェリーで1000円に

・突然、佐渡観光に明るいニュースが入ってきた。

バナー02
佐渡活性化のために一日ワンクリックお願い致します。

・佐渡ヶ島と新潟のカーフェリーを運航している佐渡汽船は5月30日から7月26日までの土日・祝日の乗用車搬送代金を一律で片道1000円に値下げすると発表した。高速道路ETC装着車料金割引を受けたもので全国の離島航路では初めてだという。

≪佐渡八十八ヶ所霊場巡りも車でどうぞ≫
佐渡1

・通常10000円相当の十分の一であり拍手喝采である。この施策により佐渡観光客が増加、ホテル・旅館のサービスによりさらに活性化することを祈っている。

・問題は佐渡汽船の経営環境です。国の交付金を利用した割引措置とのことですが佐渡汽船の大株主は新潟県でもあり、併せて佐渡ヶ島の活性化も政策目標である。

・GDP(佐渡汽船も含めた、佐渡ヶ島総生産)が上がればでいいのではないか。国も県も国民・県民・島民のための施策として柔軟な考え、この値下げは年間通じ平日も実行してもらいたいものだ。

marason321 at 20:36|PermalinkComments(0)

2009年05月05日

さすが「ゴールデンウイーク」

・連休後半に佐渡汽船フェリーで「佐渡ヶ島」へ帰省した。サンデー毎日の私だが、観光や行楽の様子も見たいし、ある程度混みあってないと雰囲気が出ないのでこの時季に出掛けた。
バナー02
佐渡活性化のために一日ワンクリックお願い致します。

・冬季間にも度々乗船し、乗客が少なく寂しさがあった。春からの「島開き」から「ゴールデンウイーク」と乗客の多さに、又、車両も満車とびっくりした。見たところ観光客と帰省客は半々と思われるが、やはり子供連れが多い。
《乗船を待つ車両》
佐渡汽船駐車

・乗客は両津港到着後は島内それぞれの地域に向かったようだが、佐渡全体の賑やかさと活性を取り戻したような気がした。

・活性化は実家のおふくろを介護で頑張っている兄の手伝いし、今回は観光地は回らなかったので、島の方々に向かった観光客の動向は分からないが、報道によると各観光地は相当の人出であつたとのこと、各旅館・ホテルも夏に向かって大いにサービスし「佐渡」の発展に尽くしてもらいたいものだ。
《活性化の近所の芝桜》芝桜



marason321 at 20:20|PermalinkComments(0)