2009年07月

2009年07月28日

町内の納涼祭にて

・7月25日(土)梅雨の合間に近くの公園で行われた町内の納涼祭に参加した。

≪イメージ≫納涼祭
・我が町内は200世帯ほどで、毎年行われている恒例の行事で都合がつけば参加してきた。

・昼間のイベントは最近少なくなった子供達の「スイカ割り」や「工作」等、夕方から大人たちが懇親を深める場となっている。

・始めに、趣味を越えたマジックの出来るSさんのいろいろな手品を楽しく見させていただき、約80人の花見形式の納涼懇親会(飲み会)と進んだ。

・ここの町内は40年前に開発された住宅地で、当初からの世帯や途中からの世帯、子供達も巣立った家庭ありで年配者が多くなったとのこと、孫のいる家庭も多々ありで「活性化」も若手である。

・ここに居住を構えて20年経つが、まだ、初対面の人も多く、宴が進み話している内に佐渡出身者があちこちに。

・マジックのSさんも佐渡・隣の席のKさんも佐渡・対面のTさんも佐渡、会社を退職された方が多く、40数年前の「佐渡ヶ島」の様子や最近の様子と酔いも回り、故郷「佐渡活性化」を語り合った。
バナー02
佐渡活性化のために一日ワンクリックお願い致します。


marason321 at 14:06|PermalinkComments(0)

2009年07月21日

佐渡観光イベント情報

バナー02
佐渡活性化のために一日ワンクリックお願い致します。

・この夏の「佐渡ヶ島」における主な観光イベント日程が、友人から届いたので一部ご案内します。

○佐渡小木たらい舟・さざえ祭り・・・7月24・25・31日(小木)

たらい舟

○鉱山祭・・・7月25・26日(相川)
○白山丸祭り・・・7月26日(小木)
○本間家定例能・・・7月26日(両津)
○野浦芸能の里フェスティバル・・・7月26日(両津)
○新穂城跡はすまつり・・・8月2日(新穂)
○赤泊港まつり・・・8月1・2日(赤泊)
○両津七夕・川開き・・・8月7・8日(両津)
○無名異焼展示即売会・・・8月12〜14日(相川)
○夏の真野祭り・・・8月12日(真野)

・島内では、まだまだ沢山のイベント・催しものがあります。沢山の観光客が訪れて佐渡の夏を盛り上げていただきたい。

marason321 at 13:21|PermalinkComments(0)

2009年07月14日

フェリーで格安帰省

バナー02
佐渡活性化のために一日ワンクリックお願い致します。
汽船1
・佐渡汽船の土・日・祝出発限定(本土発乗用車往復運賃特別割引)を利用して愛車で故郷の佐渡ヶ島へ渡った。さすがに新潟港のフェリー車両駐車場も乗用車が多く活況を呈していた。が・・・・

・本制度は、5月21日〜7月29日までの期間限定ではあるが通常料金からの割引率が高く一ヶ月前の電話予約もほぼ満車で時間調整して、ようやく空きを探したもので「活性化」も率直に喜んで渡航した。
・翌日は実家のキウイの撤花(果実を大きくするため小さいうちに省くもの)や柿の防除を短期間で済ませ、小佐渡一周のドライブを楽しんだ。

・久しぶりに佐渡の南海岸を走る、フェリーと自分の時間に制限があるので多くの観光地は回れなかったが本土では見られない光景にも会う。海岸添いの民家と海、道路は穏やかではあるが海岸線の変化のある光景、ところどころ短いトンネルではあるが入出口にきれいな壁画が描かれていた。
汽船2

・帰りの航路では今回の特別割引利用者について、佐渡市等による諸々のアンケートがあり(意見・要望)では「活性化」の持論である●『観光客(お客様)の市場調査により「需要と供給のバランス」現在の高額な搬送運賃での空スペース無くすため「平日も年間を通した適正車両運送費」による佐渡汽船の経営環境を確立する。』他の意見を記載した。
汽船3

・つまり、現在の車両搬送料は高すぎるし、一時的とは言え、特別割引の1000円は安すぎると考えるものである。

marason321 at 17:47|PermalinkComments(0)

2009年07月07日

「絶景の島」との評価

尖閣湾

佐渡の岩

・先日、4月に産まれた活性化の孫の宮参りで東京に滞在した。神社でのお祓いを終えその夜は娘のアパートに一泊した。

・その夜、さりげなくテレビを見ていると「夜行列車で行く絶景の島」というタイトルの放映をしていた。進行するつれ、なんと絶景の島は「佐渡ヶ島」ではないか。

・内容を振り返ると関西から夜行列車に乗り、新潟県上越市へそこから直江津港、佐渡汽船のカーフェリーで佐渡小木へ、外海府(佐渡の北端)大野亀(海に突き出た巨岩の岩)等などである。

・テレビ放映だけでなく「佐渡ヶ島」ほんとうに都会のコンクリートの中で暮らす人々に推奨したい。きれいな「水」「空気」は、もちろん「海」「山」他「絶景が豊富である。

・ETC車の1000円割引での競争、フェリー航路を取り巻く環境は厳しいが、素晴らしい広大な海や岩の数々を多くの都会の観光客に格安で見ていただきたく中長期的に「船舶」「航路便数」「乗車券」「車両運送料」見直す時期に来ていると考えた。
・今日は七夕、都会ではほぼ見られないが、幼い頃の佐渡での夏の日、夜外へ出て見上げた天の川の美しさが忘れられない。

バナー02
佐渡活性化のために一日ワンクリックお願い致します。

marason321 at 10:10|PermalinkComments(0)