2009年11月17日

さて


ご無沙汰してます。マラスカです。

あの頃気が滅入る事が多く、足が遠のき。
気付いたら2年以上経ってました。

たまに覗きに来てくれてた方々には、本当に申し訳なく思っております。
他にも色々とほったらかしで反省しきりです。はい。


さて、久しぶりに書いといてなんですが、
このブログ、今日で終わりにしようかと思っております。

今まで読んでくださった全ての方々
本当にありがとうございました。

あなた方を笑わせる事が少しでも出来たならば僕は幸せです。

またお会い出来る日があるならばそれを楽しみに

続きを読む

marasuka at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年03月15日

妄想

 

ホッチキス【ホッチキス】

 

複数のホッチキの事。紙を束ねる際に使われる鉄の針。

とめる時の音がホッチキと聞こえる事から名付けられた。

開発者は前川 正志 (55)

前川氏がクリップの使い方が分からず、両端を掴み

間違って「えいっ」と刺してみた事が開発の発端。

紙が抜け落ちてしまうという弱点のあったクリップから

髪が抜けるという事を連想してストレスを溜めていた中年層に

絶大な支持を受け、文房具としての地位を確立させた。

 

近年ではホッチキスを冠名にしたサッカーチーム、

前川ホッチキス が躍進を遂げている。

主将である   紙山 止 (かみやま とめる)は

統率力、パスワークの素晴らしさからサポーターに

リアル ホッチキスと呼ばれとても困惑している。

 

続きを読む

marasuka at 19:43|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2007年01月31日

うましかクリニック

医者「・・・ではコレは」

患者「・・・馬ですか?」

医者「ふむ・・・ではコレは」

患者「・・・鹿」

医者「・・・わかりました。田村さん落ち着いて聞いて下さい」

患者「先生!僕は一体なんの病気なんですか!?」

医者「・・・馬と鹿の区別がつかない。つまり。あなたの病名はバカです。」

患者「!!!僕がバカ!?なんて事だ・・・先生!薬を!バカを治す薬を!!!」

医者「・・・昔からバカにつける薬は無いと言われています。」

患者「・・・飲み薬と言う事ですか」

医者「まったく違います。薬では治らないと言う事です。」

患者「そ、そんな!先生他の方法は!?」

医者「・・・バカは死ななきゃ治らないという説があります」

患者「・・・死ねば治るんですか?」

医者「・・・一方でバカは死んでも治らないという説もあります」

患者「な、なんて事だ・・・死んでも治る確率は五分、という事ですか」

医者「今学会でも治る派治らない派で意見が真っ二つに分かれているのです」

患者「僕はどうすればいいんですか!?」

医者「病気と上手く付き合って生きていくしか方法は無いでしょう。」

患者「僕に一生バカでいろと・・・」

医者「・・・田村さん聞いてください。私は普通の風邪を引いたことがありません」

患者「!?まさか・・・先生・・・」

医者「そうです。私もバカなのですよ」

患者「なぜ。先生、なぜそんなに普通でいられるのですか!?」

医者「私はバカを受け入れたのですよ。受け入れればバカだって悪い事だらけじゃないんです」

患者「・・・僕にも出来るでしょうか?」

医者「あなたなら出来ますよ田村さん」

患者「やります。やってみませますよ俺。」

医者「その意気です。ただ。ひとつ、気をつける事があります。」

患者「なんですか?先生」

医者「夏風邪は」

患者「夏風邪は!?」

医者「バカしかひかない」

患者「なんだって!?」

 

続かない



marasuka at 20:33|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2007年01月23日

ヨメとオジイ

『ぼけ』

 

 

ミーンミーン

 

 

 

爺「みちこさん。昼飯はまだかのぉ」

 

 

 

 

嫁「もーおじいちゃんたら、さっき食べ・・・あら、作ってないわ」

 

 

 

 

夫 ズドーー(((( ;゚Д゚)))ーーーン

 

 

 

続く



marasuka at 18:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年01月22日

博士の大発明

博士「やった!ついに出来たぞ!!」

助手「やりましたね博士!   って何が出来たんですか?」

博士「知らないのかよ!お前助手だろ!作んの手伝えよ!」

助手「うるさい!!」

博士「のほっ!!!逆切れですかこの子ったら!!!」

助手「だまらっしゃい!   で、何が出来たんですか?」

博士「おぉそうじゃった!聞いて驚け!」

助手「な、なんだってーーーーーーー!?」

博士「・・・お約束の反応ありがとう。構想10年製作10年我が発明生命をかけ」

助手(ごくりっ)

博士「日本いや、地球の人類の未来の為に」

助手(ごくりっ)

博士「出来たのがこの!」

助手「ごくり。   ぷはーやっぱビールはうめーな、おいっ」

博士「のほっ!!!ビールて!質問したからには話聞きなさいよアンタ!!」

助手「うるひゃい!!」

博士「のほっ!!!はやくも出来上がってらっしゃる!?」

助手「で、出来たのが?」

博士「そうじゃ!この生ゴミ処理機じゃー!!!!」

助手「な、なんだってーーーーーー!!!」

博士「なんとこれを使うと生ゴミが肥料になってしまうのじゃ!!」

助手「すっげーーー!!!これ昨日ジャスコにあった!!!」

博士「な、なな、なんだってーーーーー!!!?」

助手「3万9千8百円」

博士「地味に高ーーー!売ってんのーーーーー!!!?」

助手「欲しかったんすよ!!ありがとう博士!!」

博士「わ、ワシの20年が・・・・・・・」

助手「どんまい!きっと良い肥やしになりますよ!!」

博士「のほほほほ・・・・・」

 

つづく



marasuka at 21:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年01月21日

サボリスギタ

スカおじいさん、忙しいような忙しくないようなそんな日々を過ごしていましたら

あらあら。年が明けておったそうな。

 

てなわけで。

 

サボりすぎました。見に来てくれてた方々申し訳ありません!!o(_ _)o

ネタもまだまだピンと来ないのですが、のらりくらり頑張ろうと思いますので

今年もどうぞよろしくお願いいたします!!(ノ∀`)

 

話は変わりますが、先日ゴミ箱のフタに「フタ」とマジックで書いてありました。

 

新手の罠でしょうか。



marasuka at 22:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

はないちもんめ

はないちもんめ

 

殿様「勝って嬉しい、はないちもんめ♪」

家来「負けて悔しい、はないちもんめ♪」

殿様「ゆうこちゃんが欲しい♪」

家来「殿様が欲しい♪」

殿様「なに!?このワシが欲しいだと!?無礼な!!切り捨ててくれる!!」

家来「殿!want youでござる!want youでござる!!」

 

せっぷく



marasuka at 22:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年09月13日

検問

 

男「今日も疲れたな・・・あっ検問だ。」

警「はーい停まってくださーい。」

 

うぃーん、キッ(ブレーキ)

 

警「飲酒の検問してます。首に息吹きかけてください。」

男「はーい。ふぅ〜」

警「・・・あふん。はい結構でーす。お気をつけてー。」

 

ブロロロローーーーォ・・・・・・

 



marasuka at 16:31|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

2006年06月15日

タイムトラベラー

 

19xx年 某日

 

たかし「昨日遊ぶ約束だったろ!すっぽかしてどこ行ってたんだよ。」

かずお「すまん。実はここだけの話・・・未来に行ってた。」

たかし「なんだって!?未来に!」

かずお「あぁ・・・すまん・・・」

たかし「ならいいんだ。未来は・・・どうなってた!?」

かずお「未来には・・・ヨン様が居た。」

たかし「よ、ヨン様!?誰だそれは!!」

かずお「・・・四天王だ。」

たかし「四天王!?日本は一体どうなってしまったんだ!?」

かずお「わからん。ただ、これだけは確かだろう。」

たかし「それはいったい?」

かずお「・・・・・・1から3までいる。」

たかし「な、なななんだってーーー!!?」

 

居ない。

 



marasuka at 22:13|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2006年05月29日

未確認飛行物体

あれはなんだ!?

 

鳥か!?

 

飛行機か!?

 

 

いや・・・

 

 

 

 

鳥だーーー!!!



marasuka at 21:57|PermalinkComments(10)TrackBack(0)