2020年12月13日

閉園のお知らせ

『☆TOKYO*のる*RESORT☆』を始めてもう何年となりますが、閉園させていただきます。




ライブドアブログでたくさんの方と出会い、コメントをいただき大変感謝しております。




友達や家族に言えないことも、不思議とブログだと書くことができました。




時にはダーク過ぎて自分でも恥ずかしい限りですが、愚痴だったり辛い思いを書くことにより、自分の中で消化してきました。




この場所は自分にとっても大切であり、また回顧録として残しておこうと思います。




ここで出会えた皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。




またどこかでお会いできる日まで。








のる







march1202 at 22:42 この記事をクリップ!

2020年12月01日

☆足跡☆

足跡機能がなくなったことに伴い、ブログに訪問して下さった方の「足跡帳」にさせていただきたいと思います。




初めてご訪問頂いた方、リンクに関しましてはこちらへURLを貼付けて頂けたら幸いです。




なおこちらへのコメントは非公開とさせていただきます。ご了承下さい。




ありがとうございます。





2020年08月20日

ご案内

当ブログにご訪問いただき、誠にありがとうございます☆




「つれづれ不定期日記」より「☆TOKYO*のる*RESORT☆」へ改名致しました。




「アトラクション☆」ではこのRESORT内のカテゴリ記事を探すことができます。




ちなみに古い記事に関しましてはカテゴリがついておりません。ご了承下さい。




・日常…日記形式でグダグダと書いております。




・過去…過去のエピソードや恋愛エピソードを書いております。




・独り言…愚痴です




・グダズバッ…時事ネタなどをのるの独断と偏見で物申しております。




・小説…拙いショートストーリーなどを書いております。




・ヴィラ・ベラドンナ…のるの住む地域での些細なことを書いております。





その他にもありますので、お気に召したアトラクションがありましたら幸いです




また「RESORT案内板」もございますから、宜しければご利用ください。




いつもありがとうございます☆





のる







march1202 at 09:36 この記事をクリップ!

2010年10月27日

のるさんぽ 10

どえらいご無沙汰になりました




今回の「のるさんぽ」は「秋の行楽〜安くて日帰りで楽しいね!」をテーマにお送りしようと思います。




が、東京は秋をすっ飛ばして冬のような寒さです




早く書けば良かったと軽く後悔です




さて、気を取り直していきます。




まずは『葛西臨海水族館』。




JR京葉線の葛西臨海公園駅にあります。




ちなみにお隣りは舞浜駅で東京ディズニーリゾートがあります。




でもディズニーランドもシーも何かと高いので葛西臨海公園駅で降りてください。




葛西臨海水族館は上野動物園や多摩動物園などと同じく、東京都が管轄しています。




入場料が安い!




ありがたやありがたや…。




実は最近行ってないもので、以下はWikipediaから引っ張ります




東京都江戸川区の葛西臨海公園内に位置し、公園内には葛西臨海鳥類園も併設されている。




ドーナツ型の大型水槽を回遊するマグロ類を始め、47の水槽に約650種の生物が飼育されている。




開園から現在に至るまで東日本で最も人気のある水族館で、開園初年度の年間入場者数355万人は、当時の日本記録(神戸市立須磨海浜水族園の240万人:1987年)を大きく超えた。




世界で初めてナーサリーフィッシュ(コモリウオ)の展示を成功している。




飼育用の海水は八丈島沖の海水を船とトラックで輸送している。




海水を運ぶ船は専用のものではなく、青ヶ島や御蔵島向けの貨物航路の船で、その帰りに空になったスペースを有効活用する形で運ばれている。




1ヶ月に使用する海水は約3,000tにもなり、ほとんどがサメの水槽やマグロの水槽など大型水槽に使われる。




ただし、海鳥やペンギンの水と濾過槽の逆洗用の水は水族園前の東京湾の水を濾過して使用しており、海水ではなく汽水である。



館内は広く、展示の数も多く、じっくり見てまわるには相当な時間が必要である。




展示方法はいたってシンプルであまり装飾などはされていない。




多くの水槽は魚の名前と図が示されている程度であるが、調べものが出来る図鑑や専門スタッフのいる部屋も用意されている。




展示は「大洋の航海者」や「ペンギンの生態」が人気であるが、一風変わったオーストラリア近海の魚や珍しい南極・北極の魚なども見所の1つである。




他に東京湾や日本近海の魚も多く展示しており、普段食卓に並べられるなじみ深い魚を目にすることができる。その他、一見地味だが珍しい生態を持つ魚もおり、見るべきところは多い。




「世界の海」(太平洋、インド洋、大西洋、カリブ海、深海、北極海・南極海に分けて展示)、「渚の生物」(アカエイ、ネコザメ、マダコ、アメフラシなど。




タッチングプールではヒトデ、ウニなどに触ることが可能)。




「ペンギンの生態」(フンボルトペンギン、イワトビペンギン、フェアリーペンギンの3種を飼育。




「海藻の林」(ジャイアントケルプを中心とした展示)




「東京の海」(小笠原、伊豆七島、東京湾に分けて展示。タマカエルウオ、ホウボウなど)。




続きを読む

2010年09月12日

のるさんぽ番外編〜日光の史〜

4e5d1178.jpg



213bab13.jpg







ものすごく前回から間が空いてしまいました




引き続き日光編です。




さて、日光二日目。




相変わらずノープランなのる家一行は『化け地蔵』と『憾満ヵ淵』に行くことにしました。




東武日光駅からバスで西参道へ。




いきなり道がわからず、お店の人に




「化け地蔵に行きたいんですが…」




とおおよそ家族旅行には似つかわしくない場所への道を聞き、てくてくと歩きます。




二日目は陽射しもあり、コンビニでスポーツドリンクを買い、てくてく。




暑い…




でも時折吹く風は爽やかです。




散策路をてくてく行きますと『慈雲寺』があります。




ここは1654年、憾満ヵ淵を開いた晃海が創建、阿弥陀如来と師である慈眼大師天海を奉っています。




1902年の洪水で当時の建物は流出し、1973年に現在の本堂が建設されました。




残念ながら扉は閉ざされ、人も見当たらないので詳しくは見学できませんでした




慈雲寺を抜けると『化け地蔵』コーナーです。




正式には『並び地蔵』でして、天海の弟子約100人が寄進した地蔵が並んでいます。




こちらも先の洪水によって親地蔵と他の地蔵が流され、100体近くあったのが70体ほどになったそうです。




ちなみに『化け地蔵』の由来は『地蔵を数える度に数が変わる』といういわれからきてます。




のる一行も数えてみましたが、早い段階で挫折しました




左側に並び地蔵、右側は大谷川が流れ、日陰ということもあって非常に涼しいです。




並び地蔵を眺めつつ進みますと『憾満ヵ淵』に到着。




『憾満ヵ淵』は『含満ヵ淵』とも表記されます。




憾満ヵ淵は男体山から噴出した溶岩によってできた奇勝で、流れる大谷川もなかなか荒々しいです。




『霊庇閣』と呼ばれるあずまやのような場所があり、ここは慈雲寺創建の時に晃海が建立した護摩壇です。




この地は不動明王が現れると言われる霊地で、霊庇閣の対岸にある不動明王の石像に向かって、霊庇閣で護摩供養が行われていたそうです。





続きを読む

2010年08月22日

のるさんぽ番外編〜日光の水〜

7ee51a3c.jpg



(↓後ほど)


8d28688b.jpg






「のるさんぽ番外編」はまたもや性懲りもなく日光です。




前回は東照宮周辺がメインでしたが、今回は




「そーいや華厳の滝行ってなくね?」




となり、華厳の滝をメインにしました。




またもやスペーシアの個室を押さえ、同じペンションを予約した…のはのるです。




まぁ「じゃらん」で登録してるのはのるなんで




スペーシアで下今市に到着。




すーずすぃ〜




同じ栃木県でも宇都宮あたりは猛暑だったりしますが、曇りがちのせいなのか、とにかく涼しいのです。




薄い上着があっても良いくらいです。




下今市から東武日光駅に行き、華厳の滝へは駅からバスです。




紅葉で有名な「いろは坂」を経由します。




車酔いでも有名なため、チキンなのる一家は娘も含めて酔い止めを服用。




「馬返」という第一いろは坂に入る前のバス停から、いろは坂を上り切る「明智平」までは停留所がありません。




つまり途中下車はできません!




うっかり車酔いした日には目も当てられません




バスはいろは坂に。




運転手さんが「急カーブが続きますからシートに深く腰掛けて荷物が落ちないように気をつけてください。んじゃ行きますよー!」的なアナウンスが入り、第一いろは坂を上ります。




ってか霧がめちゃくちゃ凄い!




急カーブの先も見えないし、周りも一寸先は闇ですね!的な濃霧です




逆に怖いわ




終点「中禅寺温泉」に到着。




車酔いもなく華厳の滝を目指して歩きます(徒歩5分弱)。




しかし霧が凄い!




いやーな予感を抱え、華厳の滝に到着。




………。




滝はどこですかー?!




ゴーゴーと流れる音がするものの、滝が見えません!




展望できる場所があり、恐らくそこから美しい華厳の滝が見えるハズなんですが…。




一応、写メったのが二枚目の画像です。




濃霧で全く滝の姿が見えません!




両親に




「華厳の滝に行ったんじゃないのか?」




と突っ込まれそうなので、ビデオも撮影しました。




ゴーゴーと滝の音に濃霧の景色。




やるせなす…。




続きを読む

2010年08月10日

のるさんぽ 9

「不思議な不思議ないけぶくろぉ〜東が西武で西東武〜たぁかくそびえるサンシャイン〜」




某ビックカメラ池袋店で流れている通り、東口に西武デパート、西口に東武デパートがあるとゆー、何ともめんどくさい池袋。




何でこうなったのかわかりませんが、慣れるまで「あれれ?」です。




池袋駅はJR山手線、埼京線(湘南新宿ライン)、西武池袋線、東武東上線、東京メトロ丸の内線、有楽町線、副都心線が走っています。




しかも地下で全部繋がっているため、縦横無尽に歩く方々多数。




実に繁雑なカンジです




人にぶつかりながら地上に出てみます。




西口は東武デパート、ドラマにもなった「池袋ウエストゲートパーク(池袋西口公園)」、東京芸術劇場、立教大学などがあります。




のるが大学生の頃はいわゆる「ギャング」と呼ばれる方々が西口公園にいたみたいですが、残念ながら今も昔もお会いしたことはありません。




東口に行きますと西武デパート、PARCO、ビックカメラ、ヤマダ電機、サンシャイン通りを歩いてサンシャインに着きます。




メディアでも取り上げられたりしましたが、池袋は家電激戦区。




ビックカメラとヤマダ電機が競っています。




さらに「ラーメン激戦区」とも言われ、区画整理のために東池袋に移動した「大勝軒」をはじめ、「無敵家」や「蒙古タンメン中本」などもあります。




ちなみにどの店も行ったことがありませんが何か?




サンシャインへ移動。




先日、研究室のにゃんにゃんちゃんとHかわくんと一緒に池袋を探索。




一年間の改装工事を行うため、今月末で閉館される「サンシャインシティ水族館」に行こうかと話してましたが、値段が高いのと恐らく夏休みで混雑の予感がしたため、水族館は止めて「ねこぶくろ」へ。




東急ハンズの上(7階だか)にあります。




入場料大人600円は微妙に高いです




猫たちは気ままに寝たりしていてまさにマイペース。




たまに係のおねいさんがチーズをちびちび与えてお客さんに抱っこさせてたりしました。




猫を寝かしつける念を送るにゃんにゃんちゃん。




猫寝たー




Hかわくんと




「さすが同類」




と感心してしまいました




猫に念を送るにゃんにゃんちゃんをHかわくんとベンチで座って見ていたら、常連なのか男性(推定年齢30代)が




「○○(猫の名前ですが忘れました)は眠いのか?あ、××(これも猫の名前)はこんなとこにいるのかー」




とぶつぶつ呟いていました




Hかわくんと顔を見合わせ




「ヤバくね?」




「きっと常連なんスよ」




と小声でヒソヒソ。




去って行ったと思ったらまた戻って来て猫に呟きかけてます




Hかわくんが笑いを堪えているので




「堪えろ、堪えるんだHかわ!」




と小声で励ましてみました。




続きを読む

2010年07月24日

のるさんぽ 8

細々と再開致します「のるさんぽ」。




今回は「原宿」「渋谷」「恵比寿」です。




が、ここ最近行ってないのです




この3つの街に共通するのは「若者」とか「オシャレ」です。




三十路を過ぎたのるにこれらの街は眩しいのです




まずは「原宿」。




「タケノコ族」なんてのが昔に流行りましたが、その頃から若者の流行発信地ですね。




バブル時代には竹下通りが芸能人の店で埋め尽くされ、ジャニーズ系の生写真なんかを買う中高生がわんさか。




少し前から「カリスマ美容室」なんかも増え、「裏原」がオサレ的なカンジです。




「表参道ヒルズ」もでき、ますますオサレに磨きがかかる街であります。




のるは原宿(裏原)にあるプチ・チャペルで結婚式をしました




式しか挙げられないので、チャペルの人オススメ(ぶっちゃけリンクしてるのでしょうが)の創作和食の店を紹介され、プチ披露宴的なお食事会をしました。




とても素敵なお店で、料理もオサレです




以前にメル友から「青山とか表参道でオサレなお店があったら教えてください」と言われたので、その店を紹介しました。




部長さんだかの定年だか何だかで会社の方々とお食事会をするとか。




メル友が店に行き




「知人に紹介されまして…」




と言ったら




「どなたのご紹介ですか?」




とオーナーさんに聞かれ、うっかりハンドルネームでやり取りをしていたので返答に困ったそうです(笑)




このお店は薬局時代のAやかちゃんにも教えたりし、行く人皆様が「良い店だねー」的な評価をいただいております。




ぜひ原宿にお寄りの際は「創作和食 るちあ」をご利用ください(回し者か?!)




さて、渋谷をすっ飛ばして恵比寿に行きます。




恵比寿は東口にガーデンプレイス、西口にアトレがあります。




松岡英明さんのライブで何回か足を運びましたが、ライブハウス行って終わり…なもので




ガーデンプレイスには外資系ホテルの「ウエスティンホテル東京」、「恵比寿ガーデンタワー」、フランス料理「タイユバン・ロブション(Taillevent Robuchon)」などがあります。




「タイユバン・ロブション」はかの有名なシェフ、ジョエル・ロブション氏がプロデュースし、予約を取るのも大変だそうです。




またもやのる事ですが、新婚旅行の代わりにウエスティンホテル東京で一泊しました。




とても素敵なホテルでこれまたオススメです




続きを読む

2010年07月13日

感謝

前回の記事から何日か経ち、たまにふらりとログインなんぞしています。




先月いっぱいでライブドアを離れることになりましたが、毎日何人かの方々に訪問をいただいております。




まぁタグで「ワールドカップ」なんかつけてたので、その流れで何となく訪問していただいたのかもしれません。




それでも訪問があることは嬉しく、また覗きに来てくれてる方々に更新してないのが申し訳ないような気持ちです。




いたずらにこの「☆TOKYO*のる*RESORT☆」を残すより、やはり綺麗さっぱり無くしたほうが良いのではないか?とも思っています。




ただ初めてブログというものをライブドアでやり、ここで知り合った方々もいます。




くじけそうになった時に励ましていただいたり、転職にも応援をいただいたり…本当に感謝しております。




ひとつひとつの記事に愛着もあり、全て削除するのも心苦しく、こうして中途半端な開店休業状態となってしまいました




更新速度は相変わらずの不定期になると思いますが、「のるさんぽ」シリーズだけこのライブドアで再開しようと思います。




いつ再開するかは宣言できませんし、コメレスも恐ろしいくらい遅くなることをご了承ください。




ぶっちゃけ、自己満足でのわがまま更新になります




よろしかったらもうしばし、わがままに付き合っていただけたら幸いです。




いつも訪問してくださってる方々へ。




本当にありがとうございます






march1202 at 22:44コメント(2) この記事をクリップ!

2010年06月26日

揃いました

各グループ決勝トーナメント進出が決まりましたね




フランス、イタリアはまさかの敗退…。




フランスはチーム内に不協和音というか、監督と選手がバラバラというか




イタリアは世代交代がうまくいって無かったようで




イングランドもかなり苦戦しましたし、ヨーロッパ勢は苦しんでました。




開催国の南アフリカも決勝トーナメント進出ならずで残念です。




アフリカ勢もガーナだけですか…。




南米は参加した5ヶ国全てが決勝トーナメント進出




アルゼンチンはやはり「ネ申」がついていますな




ダークホースのアメリカが何かを起こしてくれると楽しそうですね。




さて、アジアからは韓国とそして日本!!!




素晴らしい!!!




ワールドカップ前の日本代表のふがいなさにかなり批判もありましたが、まさにサムライ魂炸裂ですね




本田先輩のワントップ大作戦?が見事に機能しています。




ただ何となく今まで(ワールドカップ前)の布陣が否定されてしまったような気もします




「調子が良ければ中心選手を使っていた」




と岡田監督が言ったとか言わないとか。




「中心選手」は中村俊輔先輩や内田くんを指しているそうです。




中村俊輔先輩や内田くんを使い、攻撃型のチームで予選を戦う予定だったのが不調で急遽、本田先輩をワントップに置いて守備重視に変えたとか。




ふむ…何となく複雑ですが、結果オーライとなりました。




決勝トーナメントでまずはパラグアイと当たります。




…南米3位…




ってことは、ブラジル、アルゼンチンの次に強いってことですかっ?!




予選リーグでは南米チームと当たってないので、はてさてどんなドラマがあるのかっ?!




トルシエ元日本代表監督は「メンバを変えないほうが良い」と言ってましたが…。




なら何で日韓ワールドカップの時に決勝トーナメントでメンバ変えたんですかっ?!




ツッコミたい気持ちを抑えまして、火曜日(確か)のパラグアイ戦を見ます




おっ!




決勝トーナメント第一戦目の韓国VSウルグアイが始まりました!




韓国も勝ち上がって欲しいですね




続きを読む

march1202 at 23:14 この記事をクリップ!
日常 
楽天市場