2008年10月

2008年10月31日

先発品で良いじゃないですか?…追記

前記事で皆さんに誤解を与えてしまったようです



すみません




ジェネリック薬品は決して危険な薬ではないです。



製薬会社のMRは病院や薬局に行き、ジェネリックがどのくらい利用されているか、副作用が出たか?などこまめににまわっています。



ドクターや薬剤師から直に話を聞いたり、患者から何か不具合を感じた場合には、薬局から製薬会社へ連絡を入れます。




ただ食物アレルギーのある方は注意が必要です。



牛乳アレルギーがある方は先発品、後発品に限らず飲めない薬もあります。



卵白アレルギーの方も同じです。




なので、薬局や病院での初診の問診票は必ず記載してくださいね。




日本は新薬導入に対しては結構慎重ですね。



欧米ですぐにGOサインの出た新薬でも、日本ではなかなか許可が下りなかったりします。




何故かバイアグラは早かったと言われてますが(爆)




ジェネリックは特許の切れた成分?を使うため、特許料がかからないので安くなります。



さらにコストを下げるために、工夫をしています。




主成分が同じだから、効果は変わりません。



ただ添加物によっては食物アレルギーがある人に、何らかのアレルギーが出てしまう場合がある。



治験を行っていないから、その割合が解らない。



だからMRはこまめにまわってたりするんですね。




身体に支障をきたさなければ、ジェネリック薬品はお財布に優しい薬になります。




ですので、そんなに心配する薬ではありません。



ドクターとよく相談のうえ、自分が納得できれば使えます。




ちなみに薬局では「ジェネリックお試し使用」のようなものがあります。




例えば30日、先発品が処方されたが、ドクターから後発品にしても良いと言われたとします。



しかし30日の間に何か起こったら怖いなぁ…と思うなら、薬局で相談してみてください。




小出し?に処方できることがあります。



まずは14日とか後発品でもらい、飲んでみる。



何もなければ14日後に残りを貰いに行く。



もし何かあったら、ドクターに言えば先発品に戻してもらえます。




特別な加算はそんなにかからないので、後発品で迷ったら試してみてください。


続きを読む

2008年10月30日

先発品で良いじゃないですか?

未だにライブドアのメンテがおかしいなと思います



何で自分のブログにコメント書くのに「URLが存在しません」とか言われるのさー




昨日は頭痛があり、ご心配のコメントをいただき、大変有り難く思います。



実はまたもや仕事中から肩凝り→頭痛となり、何だか喉まで痛く…



そんな中ですので、グダグダに拍車がかかりますが御了承ください。




それから、昨日は足跡からの訪問&ポチが拒否られてできませんでした。



いつも来てくださる方々、申し訳ありませんでしたm(_ _)m。




ん?これはライブドアのせいですね(責任転嫁)




さて、今日は薬局でした。




ヒマでした




最近、薬局では「ジェネリック薬品」を推奨するようにと、本部からお達しが出ています。



もちろん処方箋にドクターが「後発品(ジェネリック薬品のこと)不可」と書いて来た場合はダメです。




サイン欄が空欄の場合はOKとみなされるので、薬によっては薬剤師から後発品にするかを聞きます。




患者さん自ら「ジェネリックにしてください」という場合は、替えられる薬は後発品にします。




今日来た50代の男性。



ジェネリック希望。



ドクターからの不可のサインもないため、後発品で出します。




ジェネリックと聞くと値段が安くなると思うと思います。



実際安いです。




同じ成分で安くなるなら、ジェネリック薬品のほうが良いですよね。




しかしリスクがあります。




のるは一度、精神科の先生にどんな患者に後発品でも良いと言うのかを聞いてみたことがあります。



先生の回答



「ここは基本的にジェネリックは推奨してないのよ。ただ私は面倒だから不可のサインしないんだけどね(アハハハ)」



先生、笑ってる場合じゃないです



一応、薬局ではどのくらいの「不可」サインがあるのかチェックしてるので、不可なら「不可」にサインしてください




先生は「ジェネリックは先発品と違って『治験』を行っていない。身体に何らかの影響があるかもしれないから、推奨できない」と教えてくれました。




なるほど。後発品は先発品と同じ成分でできています。



だから「治験」を行う必要はない。




しかしここにリスクがあるのです。


続きを読む

2008年10月29日

過敏じゃないですか?

最近、「食」に関してあれやこれやと出て来てますね。




街頭インタヴューでは「何を信じて食べたら良いか解らない」なんて声がありました。




実はのるも、このような異物混入に出会ったことがあります。




まぁラーメン屋やうどん屋で金たわりしの破片程度もありますが、まさに異臭?を放ったものに出会ったことがあります。




あれはのるが小学生か中学生の頃でしょうか?



のるは当時、某大手食品企業のドレッシングを愛用しておりました。




フレンチドレッシングとゆーのか、乳白色のドロリとしたドレッシングありますよね?それを愛用しておりました。




ある日、新しく買ってまだ封を切ってないドレッシングを開けました。



レタスにかけて食べたところ、いつもと違う味わい。




何というのか、化学物質臭いとゆーか…。



母親は別のドレッシングを使っていたのですが、のるは変な味がすると母に伝えました。




のる母はのるに食べるのを止め、翌日にお客様センターだかに電話をし、現物を送りました。




企業からの回答



「規定の量より油(植物油?)が多く検出された」



とのこと。




お詫びでドレッシングが来ました




油の量が変わるだけで、あんな化学物質臭いカンジになるのか?



まぁ健康被害はなかったので良いですが。




今年の夏くらいにもありました。



某大手食品企業の納豆3パックセット。



実家で食べたのですが、何だかスースーしました



以前、賞味期限切れの納豆を食べたのと同じカンジ。



しかし今回は期限は切れていません。




同じ納豆を食べたのる父



「アンモニア臭い」



確かにタンパク質は分解される途中でアンモニアを発生します。



アンモニアは有害なので、それを無害に変えるのが肝臓です。



これは人体の話で、納豆の発酵と関係あるのかは解りません




またもや翌日、のる母はお客様センターへ電話。



買ったスーパー、家での保存状態を聞かれてすぐさま送りました。



企業からの回答



「発酵が進んでいました」



お詫びに納豆ふりかけが届きました




基本的にスーパーでは納豆は豆腐と同じで、冷蔵ケースに置かれてます。



特売では冷蔵ケースのそばに置かれたりしますが。



実は納豆を買ったスーパー。



納豆を見事に段ボールの中に入ったまま、冷蔵ケースからも離れていました。




真夏のことなので、暖かくなり発酵が進んだと企業は踏んだらしく、そのスーパーへの立ち入り検査をすると母親に告げたそうです。


続きを読む

2008年10月27日

たまにくる人

何だか更新が久しぶりなカンジです



ちょっと頑張って小説を進めましたが、ほとんどはネタをパクっただけで終わりました




今日は皆様のアイドル?、ピィ〜ヤくんと仕事でした



ピィ〜ヤくんもようやく仕事を覚えてきました。



最近はあまりピィ〜ヤワールドもなく、淋しいカンジです




来週の月曜は祝日なので、薬局は激混みでした



入力しながらピィ〜ヤくん



「何か胃もたれなんですよ〜」



と一言。



「昨日食べ過ぎたん?」



「食べ過ぎってゆーか〜焼肉やったんですけど、豚肉が生焼けだったかもしれませ〜ん」



???



「豚肉が生焼けなら胃もたれじゃなくて、アタルほうだべ?」



「いや〜食べ過ぎです」



どっちだよ(-"-;)?!



「昨日、友達と焼肉やったんですけど、スーパーで肉だけで4000円とか買いました」



「スーパーで4000円の肉買うのってかなりの量じゃない?」



「豚バラが超旨そうで、男3人で食べたんですよ〜。だから食べ過ぎです」



結局、食べ過ぎなのね




「しかも昨日は嬉しい買い物しました」



「何買ったん?」



「電気ヒゲそりで〜す」



あの、買ったのに無精ヒゲ生えてますが?



「今日はマジで寝坊して、朝風呂に入れなかったんですよ〜」



「ピィ〜ヤくんは朝風呂なの?夜は?」



「夜も入ります。俺、乙女なんで」



漢じゃないのかい?!



ちなみにNちゃんも朝風呂派ですが、夜は化粧を落とすだけで入らないそうです。



それをピィ〜ヤくんに言ったら



「マジですか?何か嫌じゃないですか?布団とか汚れそうじゃないですか?」



「確かにね。枕カバーとかこまめに洗わないと気分悪いよね。F氏(薬剤師)も言ってたよ」



「Nさんはどこかずれてますよね〜」



君もね(爆)




ピィ〜ヤくんはトリートメントまでするそうです



「今はマシェ〜リのシャンプーとトリートメントを愛用してま〜す」



「マジで乙女じゃんおっさんになるなら、風呂は三日に一回にしなくちゃ」



「のるさんはおっさんだから、三日に一回ですか?」



(`曲´#)!



「あ、すみませ〜ん」




ちなみにのるはアジエンス愛好者であります


続きを読む

2008年10月24日

10万人の自主創造大学へ!

タイトルはとある大学のキャッチコピーですが、間違ってたらすみません




しかし10万人ってスゴいですよね




この時期になると、塾では受験生に対して希望学校を決めて書いてもらいます。




中学生は主に都立高ですね。



昔は都立高には学区というものがあり、自分が住んでる学区が第一学区なら、第一学区から高校を選びました。



もちろん他の学区も受けられますが、枠は少ないので大体は住んでる学区から選びます。




のるは当時、第一学区に住んでいました。



トップは日比谷高校。



受かるワケねぇ〜



まぁ前にも書きましたが、のるは都立高に進む気はなかったのでグダグダ受けて落ちました




今は学区は撤廃され、どこでも自由に受けられます。




かえって選びにくくないかい?



なんて思いましたが、生徒は基本的に家から近い高校を選んでました




都立高も何校かは中高一貫になり、今年度の都立中学の倍率は凄まじいものでした



公立まで中高一貫の流れが来ていますね。





高校生は?といえば、多種多様?です。




大学は私立なら早慶、MARCH、日東駒専、大東亜帝国なんてランキングされますね。



最近はGMARCHなんて言うそうですが…。




このMARCH、そのまま「マーチ」と呼びますが、塾に入って間もない時は何のことか解りませんでした




講師が「あの子がマーチレベルにはまだまだです」とか言うのを聞き、マーチって何だよ?と思いました




英語表記のMARCHで謎は解明。



M→明治大学
A→青山学院大学(多分)
R→立教大学
C→中央大学
H→法政大学



新たに加わったG→学習院大学と思われます。




あくまでこれらは目安ですし、学部によっても偏差値はまちまちです。




今日、教室長から今年度初の大学合格者が出たと聞きました。



こんなに早く?と思ったら、内部推薦でした。




決まった本人はさぞかしほっとしたことでしょう。



のるは担当したことないですが、やはり生徒が合格するのは嬉しいですね。


続きを読む

2008年10月22日

医師不足の壁

今日は非常に眠い中ですので、グダグダになったらすみません




本当は更新しないつもりでしたが、ちょっと気になるニュースについて。




またもや妊婦のたらい回しにより、お母さんが死亡するという事故が起きました。




全国ニュースでも取り上げていたので、詳しいことは割愛します(えっ?眠いだけ?正解!)。




実は都立墨東病院は以前、のる父が勤めていました。



そして父方の祖母が亡くなった病院でもあります。



ちなみに祖母の死は病院の医療ミスではありませんよ




都立墨東病院は東京ER指定病院です。



海外ドラマ「ER」のように、高度救急救命医療機関として、東京都が指定をしています。



都立墨東病院以外にも、都立府中病院などいくつかの都立病院が指定されています。



いずれも都立病院として、規模の大きい病院です。




しかし規模が大きいからと言って、医師がワサワサいるかと言えばそんなことはありません。



父の勤める都立病院、脳外科医は確か2人か3人。



一人がオペになってしまったら、一人が外来を行うことになります。



当然、そこに緊急搬送要請が入ったら…受け入れは困難になります。




それは脳外科に限らず、産婦人科にも当てはまり、とある都立病院は医師不足のため、産科をなくすという事態にまでなっています。




何故こんなにも医師不足なのか?



特に産科と小児科の医師は不足してます。



理由はご存じの通り、激務にあると思います。




赤ちゃんはいつ生まれるか解らない。



子供はいつ熱を出すか解らない。




24時間体制の勤務。



過労でギブアップする医師も多いそうです。




しかしこれは産科や小児科に限ったことではなく、どの科にも当直や寝ずの番で救急外来の勤務をしますね。




そして何より、医師…医学部への進学もなかなか難しいワケです。




以前にも書いたことがありますが、のるは医者になるのが夢でした。




高校に入っても医者になりたいと思っていました。




しかし突き付けられた現実は、のるの実力では医学部への道は険しい。




数学や理科はもちろんのこと、それ以外の教科も高い点数が要求されます。



数学に至っては数学沓辰泙派要。



医者になるのに、微分・積分を極める必要がどこにあるのか?



のるは脱落しました。


続きを読む

2008年10月21日

せままいで!

最近、どうにもケータイの寿命を感じるのですが、分割払いを考えると踏ん切りのつかないのるであります




今日は保育園を休んで言語療法に行きました。



時間もハンパのため、塾も休講にしました



テスト前のTくん、ごめんね〜




保育園で二度目の要支援児会議にかかった娘。



先日、園長先生自ら「ダメでした」と解答をいただきました。



やはり保育園の規模が大きい、職員(補助員)もいるというのが、区からの答え。



園長先生は電話で直談判したようですが、それでも区は認めないということで、保育園でも諦めたようです。



別にのるはどちらでも構わない人なので、取りあえずこれ以上の診断書出費がなくなったことに一安心




ただ、のるは言語療法の先生となるべく連携を取って欲しいとは伝えました。



それは言語の先生の願いでもあり、要支援児認定が受けられない以上、頼るのは区の巡回の心理士(これは要支援児認定されなくても見てもらえます)の先生と、療育センターしかないワケですから。




言語の先生はお忙しい方ですが、現場に足を運ぶのは厭わない方なので、できれば保育園でも連携を取って欲しい…そんな話を園長先生と担任には話しました。




今日の言語で要支援児認定が受けられなかったことを話すと



「小児科の○○先生もおっしゃってたんですよ。あそこは大きいですし、公立保育園なので診断書を提出しても難しいだろうと」



まさにその通りです。



仮に娘に重度の障害があればまた話は変わるのでしょうが、保育園でてこずるような話は最近は聞かなくなりました。




今日の言語ではゲームをやり「負けることもある」ということを体得?しました。




まずはジャンケン。



娘は「母さんとやる」と言い、3回勝ったら勝ちとルールを作りました。




結果は…娘の勝ち



自信のついた娘は先生とジャンケン。




なかなか互角ですが、最後は娘が勝ちました



次に「おもちゃ」という娘に先生は懐かしの「黒ヒゲ危機一髪」と双六を持って来ました。



黒ヒゲの説明をし、娘は「やりたい!」とチャレンジ。



こればかりは運任せ。



先生と交互に剣を刺していき結果は…先生が刺したらビヨーン!



またもや娘の勝利




負けるどころか連勝




続いて双六。



先生はきっと、サイコロを上手く振ってるとみました!



娘と差をつけ、こちらは先生の勝利。



娘にもゴールまでやらせ、ただ「負けた」というだけでなく「負けたけど最後までやった」という達成感を与えるんですね。



こうすることで「双六で負けた→もうやらない」というトラウマを残さない(んだと思います)。



実際、娘は不満そうでしたが「もういっかい!」と言うことはありませんでした。



続きを読む

2008年10月20日

調剤薬局のジレンマ

今日はピィ〜ヤくんと実習生。



実はあまりにも事務の入力ミスが多く(ほとんどはピィ〜ヤくん)で、今月は一人3回しか入力ミスしないとNちゃんが決めました



のるは週に3日しか出勤しないので、ちょっと得な気分ですが、逆にミスをすればミスの割合が上がってしまうんですね




本日のピィ〜ヤくん、2回ミスをやらかして早くもリーチ!




「漢、ピィ〜ヤリーチじゃん?」



「そうなんスよ〜。のるさんは何回ですか〜?」



「まだ今月はミスないよ。ってか先週は祝日と有休で1日しか働いてないけど」



「残りの3回分けてくださいよ〜」



「NちゃんとT課長に言いつけるよ」



「あ、すみませ〜ん」




ピィ〜ヤくんは相変わらずのマイペース。



いつ一人前になるのやら




調剤薬局というのは、売り上げはどの薬局もあまり大差ないと感じるかもしれません。




のるもそう思ってました。



ところが違うんですね。



何が差をつけるかというと、処方される薬の「薬価」になります。




例えば猛烈に忙しい調剤薬局でも、処方される薬が風邪薬程度ばかりだったら、あまり売り上げはありません。



逆に大学病院のそばにある調剤薬局は処方される薬が様々です。



風邪薬から抗ガン剤、向精神薬、麻薬など多岐に渡ります。



薬価が高いのは抗ガン剤や麻薬、白血病などの薬です。



一錠でン千円や一万単位もあります。




こういう処方箋が来れば、例え来局者が少なくても売り上げは上がります。




売り上げが上がれば当然、コストは抑えます。



つまり在庫を抱えない(期限切れて廃棄になる可能性があるため)。




発注はギリギリのラインで抑えます。




しかしこれが仇となるケースが多いのです。




薬局の近くにある大学病院は、最高で3ヶ月の処方を出して来ます。




仮に一日一回、一錠飲むなら全部で90錠。




しかし一日三回、しかも一回に2錠飲むのなら、6錠(一日で飲む錠数)×90日で540錠を一気に出します。




これがよく出る薬ならストックはありますが、たまにしか出ない薬の場合は発注を抑えてあるので、足りない場合が多いです。




そういう場合は、近隣の薬局に電話して、在庫に余裕があれば借りたり買い取ったりします。



しかし近隣の薬局も在庫はギリギリで無理な場合…。




宅急便かバイク便で送ります


続きを読む

2008年10月19日

医師の品格

カテゴリが「日常」と「過去」が入り交じる、まるで英語の「過去進行形」のようです




のるの従弟に医学部6年生がいます。




中学から有名私立の男子校に通い、狙った国立C大学の医学部に落ちて、親の反対を押し切って浪人。



翌年、めでたく国立C大学医学部合格しましたが、何を思ったのかC大を蹴り、同時に受かった私立K大学医学部に進みました。




どっちものるが受かるには10年は必要でしょう




今年は6年生となり、国家試験に向けて勉強中と思います。




過去カテゴリを付けたのにはワケがあり、のるが過去に出会った一番最低な医師を紹介したいと思います




実は隣り駅にある医院で、のるは娘を連れて徒歩片道30分かかる大型?スーパーに行く途中にあります。




ここはのるが妊娠したかも?とゆー時に行った所です。



もう一軒、個人の産婦人科医院がありましたが、築何年?と思うくらいの建物だったので、もう一軒の産婦人科医院W医院に行きました。




これが失敗でした




初診のため、問診票に記入して保険証を提示。




しばらく待たされて診察室に入ります。



医師は50代くらい。メガネをかけ、白髪の男性医師。




取りあえず妊娠してるか調べるために、内診室へ行くように言われます。



内診で妊娠が判り、また診察室へ。




「妊娠8週目くらいですね。子宮筋腫もあるから、無理な労働は避けなさい」



まぁこちらは妊娠してたとゆーパニックもあり、医師の言葉には頷くしかありません。




「妊娠の初期は葉酸が大事で、これが不足すると脊椎(だったかな?)が不完成になり、死産になりますから」



ここまでは良かった。




「でももう8週経ったお腹の子には遅い話。葉酸はごく初期の胎児に必要。足りなかったらお腹の子は死産です」



のるは耳を疑いました。



それ、医師として最低の発言じゃない?



ただでさえこれから不安になる妊婦に向かってその言葉?



アンタは「死産」とか軽々しく言うの?




その後も何回か検診に行きました。




葉酸葉酸と煩いので、マツ●ヨでサプリ買ったら



「葉酸だけじゃ意味ないよ。ビタミンBも入ってなきゃ。IQが高い子は母親が葉酸を取っていたから、頭の良い子が欲しければ飲みなさい」



面倒臭そうにカルテに書きながら言う医師。




しかもこの医院は受付も最悪で、いつも素っ気ない。



母子手帳を早く貰って来いと言いますが、どこで貰えば良いかなんて教えてくれません。



唯一、看護師だけはまともな人でした。


続きを読む

2008年10月18日

回転スシ〜

今日はピアノの日。



水曜に行ったばかりですが、いつも土曜日がレッスン日なので、行きました。




ろくすっぽ練習しなかった娘とのる




ちなみに今日は時間の関係上、のるのレッスンは無しです。



次回からは娘の後に組み込まれます



練習しなきゃ…




レッスン終了後はお祭りへ。



と言っても、神社のお祭りではなく「区民祭り」なるものです。




母親は仕事で不在なため、祭り好き父親と商店街のある駅で待ち合わせ。




11時半と早めでしたが昼食。



駅前の「すしおんど」へゴー!




娘は回転寿司は初めてです。



もちろん、回転しない寿司屋も行ったことないですよ




席に着き、目の前を流れる皿に興味深々の娘。




「好きなの食べな」と言ったら



「早くて箸で取れない」



???



それって「はねトび」の「回転スシ」だから




ここはフツーの回転寿司だから




取りあえずは娘の好物のサーモン。



イクラ…と思ったらスジコでしたが、娘は喜んで食べてました。



メロンやデザートも回るので、そちらに目が行く娘。



「ちゃんとお寿司食べたらね」



「は〜い」




のると父も食べます。




最後にメロンとプリンを食べる娘。



ちなみにプリンは半分でギブアップした娘。



フタ付のため、のるはこっそりと楽譜の入ってる鞄へ




すしおんどの側にゲーセン。



UFOキャッチャーに火が付いたのると父。



やりますよ




1回200円のハロウィンのカボチャに乗ったリラックマの仲間?の救出大作戦。



重い…アームがビクともしない…



父親から500円の追加投資(3回できます)を受けましたが、2回ともビクともしない…



ラスト1回。



半分諦めてましたが、それまで全然持ち上がらなかったぬいぐるみの後部が持ち上がり…



ポトン。



「あっ!」と思わず叫んだのる。



取ったどぉー!



またもや感動は無視され、いそいそと取り出す娘



「母さん上手いな〜良かったなぁ〜」



世代交代を感じた様子の父(笑)



ちなみに何でこれが重かったかというと、中にモーターが内蔵され、電池入れるとゆっくりと動くからだったんですね




さて、ようやく区民祭りのある広場へ。


続きを読む

楽天市場