2010年01月

2010年01月30日

エスコートキッズ

水曜日、のるは大学のパソコンでネットサーフィンしてました。




あ、お昼食べながらなので、仕事はちゃんとしてます




のる家は朝の情報番組は見れないので(娘が教育テレビかけるので)、お昼時にGoogleでニュース配信を見たりしてます。




小沢幹事長がどうしたとか、鳥取の結婚詐欺女が殺人事件でも再逮捕とか…。




で、ふとサッカーの「エスコートキッズ」を思い出しました。




日本代表戦やJリーグの試合で、選手と手を繋いで入場しますよね。




アレです。




いつか娘にやらせたいと思ってました。




そーいや、前に某新聞で募集云々があったと聞いたな…と思い、サイトを見てみました。




正確には某新聞の某クラブのサイトなんですが。




「SAMURAI BLUE(サッカー日本代表)」のコーナーに「エスコートキッズ募集」がありました。




他にも試合観戦チケットが当たるとか、「プレスキッズ」、「ハイタッチキッズ」などなどの募集がありました。




そこに




「サッカー東アジア選手権、エスコートキッズ募集」




があり、場所は国立競技場、19時15分キックオフ予定。




2月11日の祝日、日本代表VS香港代表の試合です。




小学校1年生〜3年生までの男女なら応募できます。




保護者一人がついて行き、エスコート後は親と試合観戦ができます。




のるは…応募しちゃいました




娘は小学生ではありません。




でも4月には小学生だし、恐らく凄まじい倍率で当たるワケないです。




締め切りが木曜日だったので、某クラブに会員登録し、娘の名前…しかも「小学校1年・女子」で応募。




ついて行く保護者にはのるの名前。




ユニフォームの都合で娘の身長も入力し、応募。




水曜日には「ゼロックス・スーパーカップ」のエスコートキッズの募集がありました。




Jリーグチャンピオンの鹿島アントラーズと、天皇杯優勝のガンバ大阪の試合です。




会場はこれまた国立競技場、キックオフは15時(だったかな?)




こちらはどっちのチームにしたいか選べ、もちろん内田くんのいる鹿島アントラーズ側での応募。




ちなみに選手は選べませんですけどね




こちらはまだ募集期間がありましたが、忘れないうちに応募しました。




こちらも倍率は凄いでしょうから。




続きを読む

march1202 at 23:33コメント(7) この記事をクリップ!
日常 

2010年01月28日

グループ療法 12と13

すっかり忘れてました




グループ療法…




いや、行ってはいたんです




娘は皆勤賞で通ってますが、のるが記事にしてないだけです




12月16日と1月20日に行って来ましたが、去年のなんか忘れたのでまとめちゃいます




しかもかなりおおざっぱにまとめちゃいます




ゲームは主に「簡単なルールをしっかり守る」というものでした。




去年は「かるた」で前回は「すごろく」です(他にもやりましたが)。




どちらとも馴染みがありますが、実はルールをはっきりさせないと、揉め事に繋がる可能性があります。




かるたなら


・取る時は「はいっ!」と言ってから取る


・お手付きは一回休み(グループ療法ではお手付きしても休みはありませんでしたが)。


・手が重なった場合は手が下にある人が勝ち。


・同時だった場合はじゃんけん。




など、細かくてもきちんとT先生とルールを決めます。




まずは練習をし、できたらT先生が褒めちぎりながらカードにシールを貼ります。




子供の心を掴むのにシールはうってつけです




またかるたは「読み手の言葉を聞きつつ、目はカードを探す」という、二つの作業を同時にやらなければなりません。




脳では二つの処理を同時に行うんでしょうね。




聴覚と視覚の両方の集中力が必要とされます。




うむ、かるた奥深し…。




すごろくでは


・まずはスタートからゴールまで指でなぞり、経路を確認する。


・マス目に書いてあることには必ず従う。


・サイコロはテーブルの上できちんと振る(転がす)。




など、これもひとつずつ練習で確認し、T先生は褒めちぎりながらカードにはんこです。




はんこも子供の心を掴むのにうってつけですな




のるはサイコロを振る子供たちを見ては




「6が2回出る確率はいかほどか?」




など、まったく違う世界を考えてました




リードをしていても、マス目に「いくつ戻る」とか「一回休み」とかあり、抜かされてしまうこともありますね。




しかしそれはルールですから、守らなければいけません。




守らないとめちゃくちゃになりますから




ゴールのひとつ手前では必ず止まる指示があり、決められたサイコロの目が出ないとゴールに行けない仕組みになってました。




つまり出るまで延々(でもないですが)、自分の番が来たらサイコロを降って、ダメならまた次回まで待ちます。




子供たちは楽しんでました。




娘が一番先にゴールし、狂喜乱舞でした




続きを読む

2010年01月26日

とりあえず雑記で

脈絡なく雑記です




以前にチラリズム的に、のる家がプチアニソンブームと書きました。




のるのiPodにも何曲か入ってます。




・創聖のアクエリオンオープニング曲


・残酷な天使のテーゼ(新世紀エヴァンゲリオン)


・ロマンス(セクシーコマンド外伝すごいよ!マサルさん)


・Secret of my heart(名探偵コナン)


・マイペース(BLEACH)




とまぁ、アニメの系列関係なく入っております。




主人から




「『うる星やつら』の歌を知らないか?」




と聞かれ、てっきりラムちゃんの歌かと思いましたが…違いました




主人はiPodではなくケータイで聴いてますが、どうしても着うたフルで希望する「うる星やつら」の歌が無いとのこと。




何を思ったのか、ケータイでYouTube検索してましたが、着うた配信と違うんで




ってか何のタイトルか忘れてしまいました




そんなのる家、今は「怪談レストラン」のエンディングがナウでございます。




SEAMOの「Lost Boy」という曲ですが、これまた着うたフル(フルでなければある)もiTunesにもありません。




まだCDも発売されてないんですけどね




今日も実家で「スティッチ!」と「怪談レストラン」を見ました。




エンディングで娘、地味に歌ってました。




CD発売も決まったみたいなので、着うたフルかiTunesで配信されるのを待ちます。




ちなみにSEAMOって「シーモネータ」からきてるそうです(Wikipedia調べ)。




iTunesはカード払いかプリペイド払いかがありますが、ここ最近、カード払いによる請求で




「こんなに曲買ってない!」




というのがiTunesで発生しています。




50万とかの請求もあるそうで




Apple社は「情報の漏洩は無い」と言ってるようで、何らかの形でパスワードを他人に知られてしまったのでは?とのこと。




もちろん自分のパスワードなんか他人には言いませんから、例えば何かのサイト登録とかで同じパスワードを使い、そのサイトが実はパスワードを得るための悪質サイトだったとか…。




のるはパスワードを使い分けてますが、どれがどれだかわからなくなり、しょっちゅうエラーを出します




中には混乱を防ぐために、ひとつのパスワードで統一してる方もいるかもしれません。




漏洩の事実が無いとカード会社への支払いストップがかけられないそうなので、自己防衛としてカード払いではなく、プリペイド払いにするしか方法はないそうです。




のるもプリペイドに切り替えよう




コンビニでカード売ってるし…。




続きを読む

march1202 at 23:42コメント(7) この記事をクリップ!
日常 

2010年01月24日

ヴィラ・ベラドンナの住人 将

私は「ヴィラ・ベラドンナ」の住人。




まったくもって久しぶりのあまり、忘れ去られてしまったかもしれない。




自分でも危うく忘れるシリーズであった。




さて、恒例の野良猫報告にしよう。




今年は秋くらいに「暖冬の予想」が出ていたが、皆様も感じているとおり「暖冬」ではない。




特に朝は気合いを入れないと布団から出られない。




テレビのチャンネル争いはよく聞くが、今時期の我が家は「ガスストーブの正面争い」をしている。




雪こそ降らないものの、東京も朝晩の冷え込みはハンパない。




寒さのせいか、野良猫たちの姿も見かけない。




喫茶店「サルスベリ」のそばの駐車場にたむろする姿も見かけない。




サルスベリは営業をしているが、ママが餌をやってる姿も見かけない。




ママも猫のように寒がりなのか。




いや、以前に書いたサルスベリの隣にある「アケビ医療器械」の圧力があるのかもしれない。




たまにトラ猫が実家のそばをノシノシと歩いている。




かなり前からヌシのようなオーラを放つ、威風堂々とした足取りだ。




喧嘩をしたら、実家の犬のモモより強いだろう。




夜になると実家で野良猫が鳴いている。




しかもしゃがれたような、何とも形容しがたい声だ。




メスを呼ぶにしてはしゃがれ過ぎで、メス猫からしたらあまり魅力的な声ではないだろう。




夜な夜なのしゃがれ声はホラーすら感じる。




ただでさえ寒いのに、これ以上背筋まで寒くなりたくない。




ヴィラ・ベラドンナは2年毎の契約更新がある。




実を言うと、去年の12月に更新をした。




まったくもって今更の話で申し訳ない。




11月に大家さんに更新の旨を伝えると




「不動産屋さんに更新手続きを伝えるので、また連絡をする」




と言われた。




しかし待てど暮らせど大家さんから連絡はない。




12月になってしまったため、とりあえず先に大家さんに家賃を払いに行った。




大家さんの奥さんから




「更新の件なんですが…」




と切り出された。




大家さんは不動産屋さんに連絡を入れたのだが、不動産屋さんは結構なお年のようで、入退院を繰り返しているらしい。




大家さんもなかなか不動産屋さんと話ができず、ようやく契約更新の話ができた。




書類は出来上がっているようだから、頃合いを見計らって不動産屋さんに行って欲しいと大家さんから言われた。




続きを読む

2010年01月22日

うらやましいぞ!

今まで記事や皆様のブログへの訪問コメントで




「大腸菌と戯れてる」




と書いてましたが…実は大腸菌以外の菌も扱ってました




フリーズストックから培地に植える時、ストックにはアルファベットと数字が書いてあり、それをシャーレに書いてから植えました。




臭いも臭いですし、普通に




「あ、大腸菌もたくさん種類があるんだな…」




と思ってました。




コロニーも様々ですが




「あ、大腸菌にもこんなコロニーで増えるのがあるんだな」




と思ってました。




先日、正式名が書かれた紙を教授からプリントアウトしてもらいました。




その時も




「あ、大腸菌にも様々な名前があるんだな」




と思ってました。




つい最近、暇な時にその名前の子たちをネットで検索したら…大腸菌じゃない子たちばかりでした




菌の名前はラテン語ですから、読み方が特殊です。




大腸菌は「E.coli」と書いて「イーコリ」とか「イーコーライ」とか読みます(先生の好みで英語風に読むとかの違いです)。




大学で散々「大腸菌はE.coliで…」と言われ続けたのに、全然違う名前の子たちを「大腸菌」と思ってた自分に呆然です




教授の前で言わなくて良かった




考えたら微生物の浄化システムに、大腸菌だけ…というのもないですよね




さてさて友達や同じ研究補助のSさんから




「教授と一緒で気疲れしない?」




とよく言われます。




気疲れはあるのかもしれませんが、のる的に感じてないです。




のるが「おっさん」だからかもしれませんが(笑)




Sさんは教授の下についてる助教授と一緒に仕事をしてます。




常に助教授の監視下?ですので、疲れちゃうそうです。




のるなんか既に放置プレイされてます




実験のやり方はきちんと説明してくれますが、あとは




「じゃ、よろしく」




です。




逆にのるの実験の結果にかかってると思うと…どっひゃー!です




データはもちろん提出し、トラブルが起きたら速やかに報告です(たいしたトラブルはありませんが)。




教授はデータを吟味し




「これも変な値出す面白い子だな。アハハ!じゃ、これで報告するから」




と。




教授、どこに報告するんですかっ?!




変な値ならもう一回やります!




いやいや、あと3回はやります!




と言いたくなります




続きを読む

march1202 at 23:45コメント(6) この記事をクリップ!
日常 | 大学

2010年01月20日

のるさんぽ 3

そういえば、この前の土日はセンター試験だったんですね。




去年の今頃は担当生徒にハラハラし…




受験シーズンになると、カールとかキットカットとか「げんかつぎ」なお菓子がどんどん出てきますね。




でものる的にキットカットは解せません




「きっと勝っと」から来てるようですが、「きっとCUT」のほうじゃないかと…




あ、買ってる方すみません




ちなみに今年のセンター試験、生物はすんごく簡単になりました。




去年と比べると明らかに簡単です。




やや細かい知識が問われる問題もありましたが、生物の授業を受けてれば先生は説明する話です。




もちろん生物しか見てないですけどね




さてさて、今日は「のるさんぽ」です。




記憶が風化しないうちに




将門公首塚を後にし、次は神田明神です。




初詣にも行きましたが、また行っちゃいました(★´艸`)




大手町より東京メトロ丸の内線で御茶ノ水駅へ。




空いてるべ?と思いきや、駅から神田明神に向かうらしき人々の姿…。




参拝帰りの団体さんにすれ違ったり…。




初詣ほどではありませんが、初詣を外して来たであろう方々でやや混みです。




手水舎で清め、まだ「蘇民将来」の茅の輪がありましたので、八の字にぐるぐる回り、大黒様に参拝。




今まで気付かなかったんですが、手水舎の裏あたりにデカイカゴ(檻?)があります。




文鳥がたくさんいます




文鳥好きには堪りません!




娘も「シロちゃんとサクラちゃんがいるねぇ」と食いつき、主人も食いついてます。




ってか、一番主人が食いついてました




文鳥を愛でた後、やや並びの本殿に参拝。




参拝して振り返ったら、やや並びからマジ並びになってました




いつもはこの後はお札やお守りを受けて終わりなんですが、今回は境内にある末社や摂社も周りました。




神田明神の正式名は「神田神社」です。




「明神」というのは「由緒正しく霊験に優れた祭神」という意味の「名神」から来てます。




神への尊称「明神」とごっちゃになり、「神田明神」が定着したそうです。




祭神はしつこいですが「大己貴命(おおなむちのみこと)」「少彦名命(すくなひこなのみこと)」「平将門命」です。




神田明神は730年に大己貴命の子孫であるという、真神田臣(まかんだおみ)が創建したと言われてます。




大己貴命は大国主命(おおくにぬしのみこと)でもあり、大国主命はその名の通り「国造りの神」です。




神話に出てくる天孫降臨の際に、天孫系の神々に「国譲り」をしたのが大国主命ですが、普通に「はい、どうぞ」ではなく、国譲り後に大国主命は殺害されたとか、黄泉の国へ行ったとか物騒な話があります



少彦名命も大己貴命と共に日本の国を造ったと言われてます。




続きを読む

2010年01月18日

目を背けてはダメですね

今日は引き続き「のるさんぽ」にしようかと思いましたが、違う話題を。




月曜21時からは実家では「たけしのTVタックル」を見てるのですが、のるがお風呂から出ると「コード・ブルー」がかかってました。




ちょっと話がそれますが、「コード・ブルー」のドクター役にガッキーは若すぎではないかと…。




山Pもカッコイイですが、やはりドクターヘリのドクターには若いかと…。




実際にドクターヘリに乗るドクターは経験の積んだ医師ですからね…。




まぁドラマなんで…。




話を戻しまして、何故母親が「コード・ブルー」を見てたかというと、TVタックルのテーマが「ペット」だったからなんですね。




しかも保健所で処分されてしまう犬猫などのペットがいかに多いか…という悲しいテーマなんです。




母親は




「本当は見ないといけないんだけど…」




と言ってましたが、やはり辛いようです。




実家には犬がいます。




昔、社宅に住んでいた時は「ペット禁止」でしたが、文鳥と金魚を飼ってました。




文鳥は桜文鳥の手乗りのつがいをのるが幼稚園の時に飼いました。




まだ幼鳥でしたから、せっせと餌をあげて手乗りにしました。




のるが小学校1年か2年の時に、一羽(メス)がご臨終しました。




かなり凹みました。




残った一羽は家族にとても懐き、のるが腕を出すと、どんなに遠くから(とはいえ社宅ですから狭いですが)でも飛んで来て腕に止まりました。




まるで「鷹匠」です。




母親が洗い物をしているとシンクに行き、じっとしてます。




母親が水をかけてやるとビショビショになって飛べなくなるくらいまで、水浴びをしました。




家族には懐いてましたが、たまに来る祖母にはかなり攻撃的でした




カレーライスが好物で、食事時にカゴから出してましたが、皿の縁に捕まりカレーライスを啄んでました。




ついでに魚の干物も好物で、骨をくわえて飛んだりしてました。




名前はなく「ピー」とか「ピーコ」とか適当に読んでましたが、オ●ム事件の時に




「ソンシ」




とのるが名付け、本人(本鳥)は非常に不愉快だったかもしれません。




そんなソンシものるが高2の秋、修学旅行から帰って来る日に亡くなりました。




文鳥の平均寿命は5〜6年と言われてますが、13年というまさに大往生でした。




死に目に会えず、修学旅行明けの休みはまさに茫然自失といった状態でした。




あまりの凹みように母親の知り合いが文鳥をブリーダーのように飼っていて、手乗りにしたいけど自営で忙しいから、手乗りにしてくれないか?と言われました。




もちろん、育てた中で気に入った子はくれるという話です。




のる家にまた文鳥がやって来ました。




続きを読む

march1202 at 23:57コメント(7) この記事をクリップ!
日常 

2010年01月17日

のるさんぽ 2

前回の「のるさんぽ」で「次回は新宿と東京都庁」なんて言い放ちましたが…予定変更です




というのも、一人で主人が大掃除をし、加門七海著「江戸・Tokyo陰陽百景」をどこかにしまったのです




無いと新宿(主に南口)と東京都庁に纏わる噂が書けません




それと、今日は主人が休みのため、将門公首塚と神田明神(早くも今年二回目)、後楽園にある北野神社に行ったので、それらを書きたいと思います。




さて、まずは将門公首塚へ…なんですが、いきなりトラブル発生!




娘がアパートの階段を踏み外したのです




真っ先に出て行き、主人が階段を下りかけ、のるが鍵をかけてたら




ドーン!ウワーン!




と…




主人が慌てて階段を下りると、二階で娘が鼻血出して泣いてました




部屋に戻り、とりあえず鼻にティッシュを詰め、手を洗わせました。




鼻血は出てますが、鼻は腫れてません(折れてなさそう)。




鼻の穴のそばが少し切れていて、鼻の下がやや腫れてるかな?




鼻血が止まり、念のため病院行きか?と主人が都立病院の救急外来に電話したら




「ただいま大変混み合っております」




と言われて敢え無く撃沈。




どうやって落ちたのか、のるも主人も見てないのですが、頭は打ってないと娘。




3段目くらいから踏み外したようです。




鼻の下が腫れてるので、冷えピタを切って貼りました。




ちょびヒゲみたいで笑ってしまいました




マスクで隠し、娘も大丈夫そうなので、念のために医療証と保険証を持ち出発。




コンビニでワンカップと小さな栗まんじゅうを主人が買い、駅前で花を買って目指すは大手町!




…買った切り花なんですが、普通は濡れたティッシュを巻いてアルミで被せますよね。




思いっきり切りっぱなしなんですけど




まぁ気にせずに大手町です。




以前にも書きましたが、大手町の案内板に「将門公首塚」は書かれてありません。




前回は例の加門七海の本を頼りにしましたが、今日はその本もないので記憶しか頼れません




三井ビルの谷間か何かで、近くにパレスホテルがなかったっけか…と案内板を見て、らしき場所を発見!




ちなみに住所は千代田区大手町一丁目一番地一号だそうです。




まさに東京のど真ん中的な位置に将門公首塚はあります。




大手町駅、C5出口そばです。




ビルの谷間にひっそりとありますが、信仰厚くいつも綺麗にされてます。




日陰ですが、鳩が何羽か寝ていて、ホラースポットと言われるのが信じられません。




お花もたくさん供えられ、隙間にのるたちも花を供えて、ワンカップも開けてお供え。




小さな栗まんじゅうも。




お線香を持って行くのを忘れたのが悔やまれます。




続きを読む

2010年01月16日

新年会〜薬局編〜

もう毎日が寒いです




しかも乾燥してます




実験室は空調が一定にされてますが、乾燥してます。




合間に部屋に戻り水分補給やのど飴を嘗めたりしてますが、部屋に戻ると教授から




「何かトラブル?」




と言われます。




一応、気にしていただいてありがたいです。




相変わらず大腸菌の吸光度測定をして、世代時間を調べてますが、ひとり(大腸菌)が殖えない…。




普通は時間と共に分裂をし、培地が濁ってくるのですが、その子の培地は濁らず値もほとんど変わらず…。




しばらくしてたらフラスコの壁面一周に付着物が。




振とう培養ですので、揺られた高さあたりについてます。




試しにフラスコを揺らしてみましたが…取れません。




教授に報告すると




「変わったヤツがいるんだよね〜後で見に行くよ」




と。




実験が終わる頃に教授が実験室に来て




「どの子?」




と聞かれ、フラスコを渡しました。




「本当だ。くっついてるね〜。面白い子だなアハハ!」




教授、のるも面白いと思います!




大腸菌は個性豊かです。




なんて話を薬局のKちゃんに話しながら、昨日は薬局の新年会に参加しました。




大学帰りに家に一度帰り、白衣などの荷物を置いて閉店後の薬局へ。




Sちゃんが




「のるさ〜ん!」




と抱き着いて来ましたが




「大腸菌ついてるかもよ




と言うと




「え゛?!」




「実験は白衣着てるから大丈夫だよ」




「良かったです〜!そうだ、聞いてくださいよ!」




聞きますよ




この前、Sちゃんはヘルプで某店舗に行ったそうです。




忙しい店舗な上に、怖いと評判の副部長薬剤師(女性)がいます。




Sちゃんが行った日は体調不良とかで、その副部長はいなかったそうです。




「あの店舗、ヤバイですよ。みんな『辞めたい』って言ってますし、一年生の一人はバックレたそうです」




ぬぁんですって〜




アルバイトのバックレは社会人時代に見ましたが、社員のバックレは初めて聞きました




バックレた薬剤師は本部長にも、怖い副部長にも可愛がらてたそうです。




「気に入られてたのに?」




「多分、それが逆に嫌だったんだと思います」




うーむ…。




確かに良くも悪くも目に止まると、面倒なのかもしれないですね。




みんなでお店に。




Eっちと話しながら歩いてました。




「ピィ〜ヤに彼女ができた話、のるさん知ってますか?」




「知ってるよ。看護婦だよね」




「そうなんです。しかも凄い面倒見が良いんですよ」




のるが行けなかった忘年会の日、Eっちとピィ〜ヤくんはカラオケに行ったそうです。




「終電で帰ろう」となりまして、ピィ〜ヤくんは遠いので、彼女の家に泊まるとのこと。




そしたら、ピィ〜ヤくん




「終電の時間がわかりませ〜ん」




と。




たまたま彼女から電話があり、終電のことを話すと




「調べるね」




と彼女が調べてくれたそうです。




続きを読む

march1202 at 23:51コメント(3) この記事をクリップ!
日常 | 仲間

評価は誰からもらうのか

引き続きまして、主人の異動云々です。




まず、主人の仕事について。




某障害者施設で調理師、現場責任者をやってます。




主人の会社は施設からの「完全委託」となってます。




通勤に一時間半ですが、下りなので混雑はありません。




パートのおばちゃんやおじちゃんがいます。




施設入所者以外にも、デイサービスで来る障害者の方々にも昼ご飯は提供します。




病院ではないので、患者さんの病気に合わせた食事はあまりないそうです。




主人的に、通勤に一時間半もかけるなら、近場にして掛け持ちをしたいと、現場責任者という肩の荷を降ろしたいとのことです。




昨日(あ、日付変わったので一昨日ですね)、主人に「決まったか?」と聞いたら




「まだ迷ってる」




と言われました




のるは




「現場責任者を降りたいというが、君はいくつかね?」




と聞きました。




主人とは同い年なので三十路です。




「これがまだ新卒駆け出しなら言うのはわかるが、三十路…いやそれ以上になれば、どの仕事でも『責任者』だったり部下を抱えるのではないかね?」




と言いました。




主人は「確かに」と。




主人には夢があり、それは将来、自分の店を持ってのると娘を使うワケです。




それについては




「そんなにたやすく店など持てるワケもなく、開店資金が無いと店もへったくれもない。これから娘はもっとお金がかかる。資金を貯めるにしても、長いスパンが必要」




と言い、さらに




「現場責任者を降りたいなど言っているが、店を持ったら現場責任者どころか、一国の主となる。娘に店を手伝わせることについては、親が決められることではない。仮に店が繁盛したらパートなりを雇う。人件費がかかる。食中毒なんか起こしたら一発でアウト」




とまたもや追い打ち




主人は調理師免許を取ったせいか、やたらと「食中毒については大丈夫」と根拠の無い「大丈夫」発言です。




「では仮に、通勤が30分で行けるとし、さらに現場責任者ではなく、責任者の元で言われた仕事だけをするとして…それでも今の職場から異動したいか?」




と聞くと




「…異動したいね」




かなり重症かもしれません




「では通勤の長さが解消され、責任者という肩の荷が降りるのに何故異動したいのか?」




と聞いてみました。




続きを読む

march1202 at 01:13コメント(4) この記事をクリップ!
日常 
楽天市場