2018年10月11日

KMS Season21〜第7節レポート〜

こんにちは 最高位戦関西の酒井です。

南君が勝ちまくってる今シーズン・・・
全12節中7節終了時、25本で471.6p(´・ω・`)フォー
2位と320p差
リーグ戦で勝てんか、リーグ戦で!笑

ネタになりそうな事が特になかったので今回は
中村さんの変化について書いてみよう。
kms内で急激な成長をしているプロは誰かという問いがあれば、まず中村さんの名前が挙がるだろう。
中村さんのイメージはどうだろう。教科書通りの麻雀、ありていに言えば普通。
と評価する人が多いと思われる。僕もその1人だった。
しかし、ここ1年明らかに仕掛け幅が広がったし、小手先戦術も取り入れるようになった。
やや打点より。自分の麻雀に自信がついてきたのが大きいかもしれない。
対局中に取り入れた知識をアウトプットする余裕がある。
(酒井の観察日記より引用)

最近の中村さんの餌食になっているのは、この変化に気付いていない人たち。

今節あったワンシーンをご紹介。
10巡目 中村がツモ切りリーチをする待ちは四、白シャンポン
ダマの場合、打点は白ドラ1
白は初牌、四は感触が全く良くない。

これを柴さんから即で出アガり8000
柴さんは「ふざけんじゃねーよ このタコ野郎」と心の声を顔芸で表現してくれてました笑
しかし、今回は中村の1巡リスクを負うに見合ったリターンであった。と捉えるのが妥当。

弱肉強食のこの世界、人の変化に気付けないといつの間にか食べられる側に回ってしまうので気が抜けない。その緊張感が楽しいんですけどね。

ではではまた

6666

marchao_kms at 17:38│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔