おひとりさまBar☆IRIS

マンションもち独身が おひとりさまをいろんな角度から カクテル片手に語ります??


こんにちは。
すず音です。

いろんな婚活をして結局無料のアプリで出会って結婚。
アプリの効率のよさをしると、相談所が化石のようなシステムにみえてくる。

ふと、あのときの相談所ってまだあるのかなあと検索してみたら、
ありました。

でも、私が行ってた大阪の堂島の近くの店舗はもうないですね。
表参道の店だけになっているサンセリテ〇〇。


ハイスペック、エリート専門的なイメージで売っている。
私も紹介してもらったもんでした。
忙しいエリートこそアプリで効率的に婚活するんではないかなと思うんですが、
案外、そうでもないのかな。
でも現に大阪の店はなくなってるな。

あのとき私は、安いコースにしようと思っていたけど、みんなこっちなんです、とかなんとか
言われて、結婚したい弱みもあり、前払いで40万くらい振り込むコースに。
セレブ路線どおり、婚活歴で一番
うるわしいハイスペックを紹介してもらえた相談所ではありました。
弁護士に東大卒に海外とびまわってる方に。(でも、ママの影がすけてみえたり。)
この人にします~って言ってたら40万の支払い甲斐もあったけど。なんで前払いなの?ってのは
ありますね。
博打ですね~。

1年が過ぎると急に紹介が減ってきて、P有名企業の人を紹介されたので行ってみると、
もう一瞬でダッシュで逃げ帰りたいような??会話がまともにできないような
強烈な想いをいたしました。事務所に断りの電話をいれると「え~~なんでですか~」
いやいやいやいや。ほんとに完璧に他人事なんだなあと、お見合い代1万円をかなしく
惜しんだものでした。

懐かしい、サンセリテ。
一定のスパンで事務所に面談をしに赴かないといけないのも地味に面倒でしたね。

私には必要なかったけれど、カウンセラーがマンツーマンで魅力をひきだしてくれたり、
相談にのってくれたり、そういうのは相談所のメリットなのかもしれない。孤独だからなあ婚活。


サンセリテと違って安かったのが兵庫出会いサポートセンターでした。
でも古典的というか。
決まった曜日、決まった時間内にわざわざ元町まで検索しにいかなくてはいけない。

ある程度自分ひとりで責任もってもろもろのジャッジができるのであれば、
アプリの便利さは突出している。

もっと早く使っていてもよかったなと思います。

女社会男社会ではほんと出会いないじゃないですか。

私の場合
約40歳、マンションもちと子供ほしくないを標ぼう。容姿は量産型。
こんな私でも出会い多かったのだから、20代、30代のふつうのお嬢さんならさぞかしって
思いますね。

相談所のほうが精鋭が絞り込まれてるのはありますが、
アプリでもいろんな条件で絞込検索をかけられるから、、

そうなると相談所のメリット、ほぼほぼアプリがカバーしてないか?

あくまでも私個人が実際に経験しての感想です。

お見合いバスツアー、ウォーキングお見合い、トレラン合コン、
リレーマラソン合コン。
こういうのも限られた人数で、いい人いたらいいけど、いなければ
拘束時間が長い分ストレスフルな時間もそれなり・・・。
今から思えば、20代のもてるうちに行くならいいけど、年喰ってから行く意味、
あんまりなかったかも。

以上、婚活の効率について考察しただけです。

いつも不思議だった、お見合いセンターに貼ってある
「私が結婚できたのだからあなたも必ずできます」
「必ず結婚できるので信じてがんばってください」
という、成婚退会した人の、根拠のない断言体験談。
結婚したらそう思うのかなと思ってたけど、全くそんな考え浮かびません。

自分の場合は人智をこえたものがはたらいたと思ってる。
誕生日同じどうしで、
旦那さんのばあい写真に御朱印帳と、月下美人の花が載ってたのです。
月下美人は私にとってちょっと思いのある花で、ご縁があるのかもと
感じました。

スピ系の本で、結婚ってご先祖様同士が相談する、とか読んだりしましたが。
私は伊勢白山道さんのやり方で神棚と先祖供養台をしつらえて2~3年
お世話をしてました。
旦那さんは、身内にほったらかしにされてた墓をひとりで掃除していたそうです。
そんな人なので私の神棚や先祖供養台も新生活で一緒にしてくれてます。
きっとご先祖様はよろこんでくださっているのではと思ってます。


IMG_20170702_210124_832

そして、去年の夏に書いた記事なんですけど。
ハーバーランドの手作りマーケットで通りすがりに
こちらのステンドグラスのおうちやペンダントを購入しました。
作家さんはそのとき
「10年していると偶然とは思えないのですが、、、プチ奇跡を起こす人がいるんです、
起きたらぜひ教えてください」とこんなことを言いました。

1年後に結婚してたからね。大奇跡です。
生活も落ち着いたある日、月の光さんとさがしあてて、報告をしました。
そしたら、ちょうどひさしぶりにハーバーランドに出店にいく、その前日だったそうで、
鳥肌がたったとお返事くださいました。

ガラスなのにあたたかい作品。おうちのおまもり、宝物にしようと思います。


お読みいただきありがとうございました。










にほんブログ村 住まいブログ 分譲マンションへ
にほんブログ村




こんにちは。
いろんな不動産屋さんとしゃべっている最中のすず音です。
私のマンション、みんなにほめてもらえてとてもうれしいです。
いつか訪れたFPさんにも、絶賛してもらえたことがあります。
FPさんは過去の仕事が住宅関係で、私の購入した金額やいきさつ、
ネットでのマンションの外観をみて、つくりもしっかりしているし、
いい買い物をした、売ったら?(高値つくんじゃない)と太鼓判をおしてくれました。
FPさんはとくに利害がない一回だけの家計診断でしたので、
ほんとの意見なんだと思ってます。
最近話している不動産屋さんも、いい買い物ですって言ってくれました。
みなさま一様に言われるのが「もったいない」です。
ていうか、母親の残念そうなそぶりを説得するのが一番、心苦しかったです。
そしていざ売ると決まると母は強欲全開。売れるか!っていう高値を提示してきました。。。
だって団信、私が死んだらローンちゃらになって母のものだったから。はははは。

購入した当時は批判的なお言葉もいただきましたよ。
その中には銀行勤務の婚活相手もいましたね。
したり顔で、そりゃうまいこといいくるめられたんだとか。

結果論で、もし結婚せずにローンを払い続けられて完済していたら、
棚ぼた物件だったと思っています。
ちなみに私は一般的な新婚とかの買主さんと違って、
内装の希望もなんにもせず、
そこにある安い物件を買う、という買い方でした

薄給独女としてはローンの支払いもまあ、しんどかったですよ。
固定資産税と管理費修繕費が高かった。
それでも老後にバリアフリーの家が自分に残るんだという動機のほうが
勝りました。

ずっと独身かもしれないから無理のない物件があれば購入。
あとにのこせる。

結婚したから売る。

デメリットとしてその土地に拘束はされる。
(親が近くにいたらいいかも)
いくらで売れるかわかんない。
婚活のとき説明がめんどくさいのもあるかもしれないですね。


固定資産税の控ってね、なくてもいいけどあったほうがいいと初めてききました。
私は支払ったので捨てておりました。
それがあれば査定もよりきっちりできるとの旨、ある方に言われました。

結果的に出ていくことになりますが、
幸いいい理由なのでよかったと思います。

お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログ 分譲マンションへ
にほんブログ村

こんにちは。すず音です。
私の中で女がひとりで家を買うって、
男前ってかんじなんですけどね。
ひとりで家を売ろうかと準備中。
さいごのさいごまでおひとりさまです。
不安はありますが希少な体験をさせていただいていると思います。

結婚後はアパートに住んでいます。
いままでお姫様のような気持ちで、新築で買ったきれいなマンションに
住んでいた私。
敷地に入っただけでとても豊かな気持ちになってました。
エントランスもロビーもほんとうにきれいでした。
だからはじめは賃貸の古いアパートに住むのが、ちょっとなあという気もちでした。

だけど、今は、アパートライフに満足してるんです。
家単体ではなくライフスタイルで満足度ってきまるのだなって考えにかわりました。
小さい家ながらも、ものの少ない、
掃除の行き届いたミニマムな暮らしをしてみると、
それもいいもんで。


自慢のマンションでしたがきれい好きの潔癖気味の旦那さんが初めて来たときは、
ダメだしされまくりだったんですよ。
キッチンがきれいに使えてないと。
自分の名誉のためにいうとめっちゃ掃除したのにです。

そりゃひとりでフルタイムで働いて、毎日仕事と、最低限のものを自分に食べさせることで精いっぱい。
貴重な空いた時間は家事よりも趣味に使いたい。
でもやっぱり心の中はどこか、掃除や片付けをしなくちゃなっていうもやもやは消えていませんでした。

とりとめもなくなりましたが、なんだろう。

ていねいな暮らしをして心にもやもやがなくすっきりしている、ということに価値を見出した次第です。

それも、フルタイムの仕事を辞めさせてもらったいまだからよけい思うのかもしれませんね。

うん、やっぱり家単体ではなくライフスタイルだわ。

お読みいただきありがとうございました。



にほんブログ村 その他日記ブログ 30代女性日記へ
にほんブログ村












↑このページのトップヘ