HAL~KURSK

鬼才鎌田洋一氏率いる伝説のプログレッシブ・ロックバンド「HAL」。 2013年7月5日、HALの待望の2nd.アルバム 「KURSK」発売! 組曲「KURSK」を中心としたテクニカルインストプログレッシブロック。 あの怒涛のオルガンサウンドは健在! 世界に広めよう!我らがロックバンドHAL!

HAL-KURSK制作四方山話を読んだら

結構久しぶりに公式サイトを覗きました。
ブログが更新されていました!
その中に
「 そう言えば最近木寺氏に会いましたが、相変わらず「ヤル気満々」でした。ウ~ン・・・どうしましょう。」とありました!
ライブの事ですよね?
ライブはもうあきらめていたんですが、可能性があるという事ですかね??
それはとっても嬉しい事です。
もし実現したら・・・何の曲をやるのだろう・・・
今まで休んでいた頭の中のある部分が一生懸命働き始めています(笑)
KURSK完全再現???

 

検索キーワード

こんにちは!

2015年も終わりに近づいています。
このブログは毎日少しの人が訪れてくれていますが、
検索してきてくれる人もたまにいます。
検索キーワード、12月に多かったものを書きます。(順不同)
 木寺誠
 バイオリン
 山田百合子
 桜井良行
 森敦子 
 ソプラノ
 新月全史
 ギタリスト 

ちなみに11月のトップは「プログレ」でした。
「沼袋」なんていうのもありました。
10月のトップは鎌田洋一と渡辺豊秀です。

寒くなると、KURSKパート3が恋しくなりますね。 

KURSK

ちょっと久しぶりにKURSKを聴いた。
間があいて、その間に他の音楽を聴いたりすると、
改めてHALの面白さに気づく。
 ある部分は、ベースとギターと全然違う事をやっているのに、合っている・・・
それぞれの楽器が、リズムを刻んでいたかと思うと急にメロディーを奏で、またバックに徹する・・・
尺八とギターとキーボードが交互に弾いて曲を繋げている。これも不思議。
尺八の音色はかなり素晴らしい。
山田百合子氏の歌声は、ご本人が北欧の音楽を得意としておられるからか、
寒さを感じさせてくれる。
HALはあらゆる部分において、とてもユニークなのだ。
 

あの危ない感じ。

私とHALとの出会いは「新月全史」の中のHALのライブ音源だった。
あの「サー・ボーデンハウゼン」を聴いたときの驚きは忘れられない
ひそかに始まり、そしてバーン!と一気に躍り出る。
それぞれのパートが若い、狂ったエネルギーに満ちていて
それでも暴走することなく一つの音楽の形を作りつつガンガン行っている。 
初めて聴いたときかなり「ヤバい」感じがしたw
危ない音楽だなと思った。

時折、この古い音源の「サー・ボーデンハウゼン」が心の中に流れてくる。
そして私の心も音楽とともに走り始める

HALがいかにオリジナルか

元新月ヴォーカリストの北山真with真日のアルバムを聴いた。
すごくよかった。HALのベースの桜井良行氏がベースとギター、サウンドミキシングをされているので
これは聴かなくてはならない!
このアルバム本当によかったんです。
そしていろいろ考えた。
HALのアルバムの事も考えた。

どうしてHALのアルバムKURSKはあんなに独自の世界を持っているのか?
それは鎌田洋一氏の、他の音楽に影響されない世界観があるからなのかもしれない。
実際の所どうなのかわからないし、部分的には昔流行ってた何かの音楽に影響を受けているのかなと思わせる所もあるけど、
「この部分はイギリスのプログレのあのバンド」「この展開は北欧のバンドのあの展開に似てる」といったような共感、他の音楽には多く見られるそういう共感、それがあんまり無いように思える。 

文章が下手でわかりづらいと思いますが、
HALは本当にオリジナルの音楽。これはとてもすごい音楽
 
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ

-絵画の販売-