元新月ヴォーカリストの北山真with真日のアルバムを聴いた。
すごくよかった。HALのベースの桜井良行氏がベースとギター、サウンドミキシングをされているので
これは聴かなくてはならない!
このアルバム本当によかったんです。
そしていろいろ考えた。
HALのアルバムの事も考えた。

どうしてHALのアルバムKURSKはあんなに独自の世界を持っているのか?
それは鎌田洋一氏の、他の音楽に影響されない世界観があるからなのかもしれない。
実際の所どうなのかわからないし、部分的には昔流行ってた何かの音楽に影響を受けているのかなと思わせる所もあるけど、
「この部分はイギリスのプログレのあのバンド」「この展開は北欧のバンドのあの展開に似てる」といったような共感、他の音楽には多く見られるそういう共感、それがあんまり無いように思える。 

文章が下手でわかりづらいと思いますが、
HALは本当にオリジナルの音楽。これはとてもすごい音楽