HAL~KURSK

鬼才鎌田洋一氏率いる伝説のプログレッシブ・ロックバンド「HAL」。 2013年7月5日、HALの待望の2nd.アルバム 「KURSK」発売! 組曲「KURSK」を中心としたテクニカルインストプログレッシブロック。 あの怒涛のオルガンサウンドは健在! 世界に広めよう!我らがロックバンドHAL!

KURSKを聴いて

久しぶりのHALその2

ちょっとHALを聴くのが久しぶりになってしまいました。

気づいたことパート2
思ったことそのままなのでわかりにくいと思います。

●KURSKパート1 始まりのところ、絶望的な悲壮感漂う
その感じが、規則正しく刻まれる行進の足音のような一体感に徐々に飲み込まれていく
いつの間にか「やる気」があふれているような錯覚に陥る 
ヴァイオリンの音は本当の人間の気持ち?

●KURSKパート2  最初のホルンは多方面に長く伸ばしていく手だと思っていたが、ほこりっぽく湿っぽい空気のようだ。キーボードとベースが絡むところは決してキーボードが主役ではないのかも
キーボードの繰り返される旋律は上がったり下がったり、前進したり後退したり、でも曲がどんどん進むので前進が多いのかなと思う。
 
●KURSKパート3 オルガンの左手のきざみがロックそのものです。
この、「密室的」な雰囲気はどうやって作るのでしょうか?
楽器の音、音色、いろんな作戦があるんでしょうね。

●KURSKパート4 
始めの方のギターの音がかなり攻撃的。オルガンの音はそれほど低くないけどずっと地面付近をうねっている。
ホルンの音は「2」よりも「いくぞ!」という感じがしない。
オルガンソロのバックの、ギター、ベース、ドラムがとてもかっこいい。
このオルガンソロは、「新月全史」でHALを聴いたときの「HALだ!」というのと同じ感じがする。
鎌田氏のある部分そのものなんだろうな。
女性ヴォーカルは本当に効果的。

●EPILOGUE(hope)これがかかると、鼻の奥がいつもツンとなる。
やっぱり、このアルバムはこの曲が最後になくてはならないのね。

プロローグの事を書くのを忘れた。
プロローグはなんだろう?子供時代かな。人間の?地球の?




 

HALを聴くのが

ちょっと久しぶりになってしまいました。

気づいたこと。
●CDの背の部分(なんというのだろう・・・)のHALという字が黒くて太字で、KURSKは白抜き文字なので、たくさんのCDの中から見つけやすい。

●こんなにベースが大活躍だったんだ!←これはもちろんわかっていたことだけど、最近ポップスとかをよく聴いていたのでそれとの大きな違いなのかも

●TOP OF THE TOWERの最初のところはだんだん楽器が寄り集まってきて一体になるので嬉しい

● TOP OF THE TOWERのギターは時々不協和音っぽいが不快ではない

● 「或る悲しい一日」を聴いていたらロックが大嫌いな父が「なんだこれは、尺八じゃないか」と言った(これは前に合った出来事)たいていロックなどは耳に入らないはずなのに、頑固じいさんの耳にも流れ込んだという事

● 「或る悲しい一日」の3分ごろからの展開がとても好き。
また、最後のところは今まで思ってたよりも音がいっぱいある事に気づいた

● 「勝利の悪魔微笑みし時」楽器それぞれの音が絡み合いはなれ、また絡んで・・・という所がさすがです。
ドラムがタイトで心地よい

また明日、続きを書きます 

鍵盤と人間

最近めっきりここを訪れる人の数が減りました。

多分あまり更新していないからだと思います。

人は死ぬ時に、走馬灯のように自分の過去から死ぬまでの光景を一瞬のうちに見る、とか言いますけど、
多分自分の走馬灯にHALは出てくると思います。
ま、そんな50年ぐらい先の話はおいておいて・・・w

今日は組曲「クルスク」を聴いています。
なんだかオルガンの音がとても新鮮に聴こえる。
キラキラしているみたい。
鎌田氏のオルガンって、よくある感じというのとも違って、
古きよき音だけど鎌田エッセンスがたくさん入ってる。
鎌田洋一氏が鍵盤に向かう姿、それはとても自然で、楽器と一体化していて、
よくみせようとかうまく弾こうとか邪念が感じられないです。
それはなかなかできない事かもしれない。


人気ブログランキングへ

Mr.ゼラットの『間』



相変わらずHALのKURSKを聴いています。

今日はMr.ゼラットの、最初のギターが伸ばす音の所に、
音は伸ばしたままなのにたくさん語っているんだなと気付いたYO!
音は鳴っているから『間』というわけでもないんだけど。

今一度、目を閉じてこの伸ばす音を聴いてみてください。
あなたにはなにが見えるかな?

CDの、0:13,14と 0:19,20で繰り返されるテーマのようなギターの旋律は
「牙」とか「刃物」を連想させてくれます。

多分まだ気づかないことがいっぱいあるんだろうな

人気ブログランキングへ

スクエアリー・ミスター・ゼラット

ミスター・ゼラットを聴いていたら、
音楽の中の直線のイメージがきちんとカクカク畳まれて
四角くなったw
ミスター・ゼラットは猪突猛進の人かと思ってたけど
結構上下左右も見ているのかもしれない・・・
とわけわからない文章ですけど、
スクエアリーというのは私が作った言葉(というほどたいしたことないけど)
スクエアはそれ自体名詞にも形容詞にもなるからスクエアリーなんて言葉はないんです。
だから余計、ミスター・ゼラットに当てはめたいと思うのであります。

人気ブログランキングへ

曲の良さ

鎌田洋一氏の曲は全部優れていると思う・・・
もっと評価されるべき!

私のような素人がそう思うんだから音楽家の人もきっとそう思うだろう。

今日、KURSKpart4を聴いていて、
どの音も前の音と関係があるし前の前の音とも関係がありそうなような気がする・・・と思った!
だから音楽の流れがとても自然に作られている!
たまにシラフでも(あ、いつもシラフです)脳内でトリップ的になる時があり、
そういう時に曲の音と音の素敵なつながりが急に理解できたりすることがあるんですね~。
いつもそうだったら面白いんですけど
今日は一瞬だけ、KURSKpart4の音が一つ一つ納豆みたいに糸でつながっているような
いえ納豆よりもずっときれいでしたけど、そういうイメージが頭の中(心ではない)で踊っていた・・・

多分人にそういうイメージを抱かせるというのは
それだけ曲が素晴らしいからだと思います。


人気ブログランキングへ

勝利の悪魔微笑みし時

アルバムKURSKの曲はそれぞれとても良くてどれもなくてはならないし
どれが一番、って言えないほど迷う名曲揃いですが(私はそう思う)
この「勝利の悪魔微笑みし時」は特別目立つ曲です。
最初から「なにかが起こりそう」な感じがするし
その割にはGENTLEな展開になるけど
やっぱり邪悪な影が見えたりあまりにも鮮やかな色彩に不安になったりしてると
ボンゴ登場!
これ本当に効果的。

アルバムの中で一番「派手でインパクトの有る曲」です。

ボンゴ担当は渋谷ポッポ祥之氏。
渋谷氏のブログはこちら


人気ブログランキングへ

2月も今日で終わり。

2014年、とっても寒い日もありましたが
考えてみると冬って短いですね。夏も短いし、春はもっと短いし、
秋なんて一番短いように思えます。
ただ単に自分が年をとってきた、ということかもしれないですけど。

そんな短い人生の中(笑&涙)、好きな音楽を大事に思っていたい。

というわけでHALの「トップ・オブ・ザ・タワー」ですが(無理やりつなげた感が)
この曲のあまりの立体感に驚かされます。
それから楽器の音にも驚きます。何故ここでこんな音を?って思うけど
他の音と一緒に鳴るといい感じ~!
桜井氏のベースはどの曲でも素晴らしいけれど、
この曲のベースは本当に「異常にすごい」というほど素晴らしいし面白いと思います。

もし何か文句をいう人がいたら(どこに?)
この曲ヲ聴け!とつきつけてやりましょう!(何故けんかごし?)


人気ブログランキングへ


ガラスの響き~トップ・オブ・ザ・タワー

今日は「トップ・オブ・ザ・タワー」が
ガラスの響きに聴こえた~。
どういう意味かというと、すごく透明で力の加減によっては壊れてしまう・・・
そんな危なげな、ちょっと狂気じみた感じに聴こえたんですよ。
あと、薄い空気。高いところは空気薄いもんね。

ときたまこのような変な日記もありますが、
ただ本人がそう感じただけで、HALの音楽に責任はありません。

でもこの曲が終わる時、
『ああ、終わってしまうの?もう?・・そんな・・・』といっつも思います。

不思議な、余韻がある曲です。



人気ブログランキングへ

速い男(または集団)~Mr.ゼラット

ほんとに今となってはいらぬ心配だったこと、
それはMr.ゼラットの1:35過ぎの所や4:45過ぎの所、
皆の息が合わなくてグダグダになったらどうしようか、なんてちらっと思ったんですが
もちろんそんな心配は要りませんでした。
HALの皆さんはプロなんだもんね。

。。。HAL KURSK製作四方山話の『Mr.ゼラット』を参照

なるほど・・・遅いとだめなのねゼラットさんの場合は・・・



人気ブログランキングへ

QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ

-絵画の販売-