開幕戦のチケットも手に入れて、いよいよ開幕の秒読みが始まった感が湧いてきました。
 コロナのせいでバスケが突然奪われて、チョー長いオフシーズン、アーリーカップも無しにどうすればいいんだ?と思ったら、野球もないので野球のソフトバンクチャンネルがBリーグの試合をたくさん放送してくれたので録画してみたり、バスケライブも再視聴可能にしてくれてたくさん振り返り、素人マルコのバスケ眼が0.6から1に上昇し、裸眼で運転免許証取得可能レベルまでインプルーブした気がします。
 そして最近はNBA が再開されて熱い試合の連続 で日々バスケを堪能な上、プレシーズンマッチを実況付きで放送してくれて、各チームの新しい姿を覗けて、今まで以上に充実したオフシーズンのバスケファンライフとなっています。

 また公式、選手、関係者の方々がネットを使ってファンに情報提供や、コミュニケイションを積極的に行うようになったのは今オフの大きなトピックだったのではないでしょうか。今後も続くムーヴメントになるといいですね。
 まだオープンな情報をまとめ整理しただけのモノも多いんですけど、フットボールみたいにみんながヘッドコーチになって、お気に入りチームの一つのプレイに対してあーでもないこーでもないと議論できて、グラスレベルのバスケIQが上がるのが楽しみです。観戦初心者向けのコンテンツもたまにみますが、 今は自然に増えてる段階なので、それらの新規にバスケの楽しさを教えられるバスケ鑑賞IQの高い人をたくさん増やした方が市場拡大の近道になると思います。テレビは数を取らないといけないので、ネットメディアでクリスさんがやってたディープBリーグや楽天の寺子屋NBA みたいなボールじゃないとこを見れる力のつくコンテンツがたくさん増えると希望が大きくなります。

 心配されたコロナのリーグやクラブに与える影響は、 思ったより軽重なようです。オーナー企業のミルク補給が無く、地場の商店街や全国ネットの支店の交際費、チケット収入、グッズが主な収入源で会場は満杯になっていた、宇都宮、千葉、秋田、琉球は確実に大きなダメージを受けたと思いますが、積極的マーチャンダイズやチケット料金戦略などなどフロントに力があるので乗り越えられると信じています。
 もともとタダ券配ってたチームはキャパの半分ぐらいでやってたわけだし、半分になってもタダだから来た人がいなくなって、むしろ場内の雰囲気が締まるんじゃぁないかな?
 ミルク補給が主な収入源の企業チームも、おねだりさえしっかりできれば乗り越えられるので、みてる範囲内ではスポンサーが減ったりしてないので大丈夫ではないでしょうか?

 とは言っても二桁成長を続け、オリンピックを迎え第一フェーズのジャンプの年に一旦緊急避難でサバイブが第一目標になったのは残念でなりません。おうちやアウェイで楽しむバスケの方法を 編み出してピンチをチャンスに変えてくれる能力者が日本のバスケ界にいることを祈ってます。

 突然ファンがいなくなってお客さん、ファンの偉大さを認識した選手、関係者も多くいたように見受けられました。バスケ界はまだ未熟でバスケの強さに拘泥する向きも多いですが、各クラブやリーグ、オールジャパンのコミュニティーが大きくなることが男子日本代表が 世界大会の常連になる早道です。
 サンロッカーズ渋谷ならサンロッカーズ ネイションを大きく価値あるコミュニティに育てて行くことですね。少し期待してます。

 バスケを突然奪われた子供たちを見ていて、JBA でオリンピック常連を目指す日本のバスケが各年代に求める最低限の基礎技術、持って欲しい応用技術、戦術眼、チーム戦略をBIリーグの選手コーチやアメリカでNBA 選手に指導経験のあるコーチに映像化してもらい、基礎は無料、応用編は有料で配信してほしいと思いました。高校まで無名だったジャ モラントのように指導者に恵まれない、日本のモラント選手がたくさんいるはず。そんな孤独な戦いをしている彼らに最新の大きくなっても通用するバスケを伝えてあげたい。マルコはナイキのクレイトンプソンの映像でシュートの極意を教わったけど、メーカーのは契約選手の特技に制約されるし、YouTuberのは数出さないといけないから、どれをどの順番でマスターすれば良いかわかりにくいんだよね。


 バスケが突然なくなっても、八村選手が怪我して練習できない期間に映像を見て成長できたと言っていたので、マルコもたくさん試合やムーヴの映像見たり、いろいろバスケのことを普段以上に考える時間を作れたのは よかったと思えていて無駄な時間にはなりませんでした。後はコロナに打ち勝って、新しいバスケの日常を取り戻し、さらに勢いのある成長軌道に乗り込みましょう。

 そして天皇杯で全員揃った川崎と決勝で戦い、リーグと共にダブルチャンピオンになるフィナーレで今シーズンを終えるのが、マルコの計画です。日本のバスケを引っ張る渋谷のバスケで旋風を起こしましょう。

 そうだ、ディフェンスだのグッDだのブー!とかゴーサンロッカー!の音声が出るスピーカー作って欲しいけど、そこまで求めるのは無理かなぁ。

 今シーズンも Go! Sunrockers!