2007年11月21日

節目

11月21日です。

実は11月20日にここに初出勤したので早いものでもう10年目。

長いようで短かったです。

その間には本当にたくさんの人と出会えました。

今使っている車両は当時も所有していてその頃から通勤車でしたね。これも長い付き合いだなぁ。今来てくださる常連さん達ももう見慣れた顔ばかり。最近常連になってくれつつある人たちの勢いも凄いし、たった一つの車種でこれだけの繋がりが出来るなんて思ってもみませんでした。

ここらで小休止・・・なんてしている場合じゃなく(笑)

この業界全体が冷え込んでいます。

スポーツカーに興味の無い人が増えたと連日の報道があったり東京オートサロンも9万人も入場者が減ったりとか、大手パーツメーカーが倒産したり、有名どころのメーカーも辞めてしまったり。悲しいニュースは耐えません。

スープラの在庫も減ってしまったなぁ。なかなか探せない車両になってしまいましたし。。

と言う訳でマーシーオートも細々とやってます(笑)

色んなものを作ったりしてきました。しかし減るスープラの時代には勝てず、欠品部品になったり犀星さんが不可能になったりした部品もあります。更に時代は激安化の時代で利益は伸びなかったりとか。

これから数年でどんな時代に移っていくのでしょうか?

今の若い子達は分からないでしょうが、昔はマフラーを交換するだけで白バイに止められ、車高を下げただけで改造車と言われ、それでも自分の車を速くしたいと言う欲求に従い、この産業やオーナーさんたちは成長していったと思います。

車検対応と言う名前のパーツが出来始め、車検規制も緩くなり、チューニング全盛期もありました。そして時代は移り変わり、現在はまた規制が強く車いじりも楽しめない時代に突入していきます。

そんなんで楽しめるのでしょうか?

私は頭が古いので、自分が持っている本来の楽しみ方がしたいですね!

当時、2・5Rで車両本体330万円。今にしたら500万円くらいの価値があったと思います。7Mリミテッドなんて売ってる頃はまだ消費税がなく、新車を買うと物品税と言う物が加算されたり、自動車税も年間8万円オーバーと言う時代でした。

あの頃はメーカーもオーナーも安い方向に走るのではなく、高くても良い物を!そういう志で車を作り、そして買い、自分なりの味付けで乗った時代でした。

不況不況と言う文字に騙されてはいけません。私の心に不況はありません。

いつでも前を向いて乗って行きたい。

車はいつでも綺麗に、修理箇所は修理して、快適なスープラライフは自分が作るものだ。

どんより曇ったような世の中ですが、オーナーさんはせめて自分の心の中だけは輝き続けてください。そんな人の車両のメンテをするのが私はダイスキです。

常連にたくさんいるトOタ自動車に勤めているみんな!もう一度スープラを欲しいと思った頃の心を取り戻して、心わくわくする車両を作ってね!今みたいにMT設定が無い車ばかりとかレクOスみたいに方向性が間違っている車両ばかり作っているとオーナーの気持ちは分からなくなりますよ。

かつてポルシェを倒そうとしたGTRのように、レースの精神を思い出せばトOタF1ももう少し明るくなるでしょう。

今となっては古くて性能的にも最先端からはほど遠い70ですが、あの頃このようなグラマラスな車両は他にはなかった。80になって当時の技術をふんだんに入れてシャーシ剛性も考えられたものを作る事が出来るのならば、もう一度我々が無理してローン組んでまで欲しいと思える車両は出来るんじゃないかな?

ハードが良くなればそれに着いてくるオーナーもまた増えるはず。

と言う訳で、そんな夢を見ながら10年目も頑張ります♪



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔