0bf31686.JPG




NINJA250Rフリークの皆様、お待たせしました。
カスタムPart.9 マフラー交換編です。

ついに買っちゃいました。
TwoBrothersRacing製 スリップオンマフラー。
アルミ、チタン、カーボンの3種類からラインナップしている。
俺が買ったのはカーボンファイバーのサイレンサーでマフラーエンドはマグネシウム。
見た目はかなり◎。
純正マフラーが4.5キロに対し、TBRのマフラーは約1.8キロ。
かなりの軽量化にもなる。
右側が軽くなったせいか、かなり軽くなった感じがする。
しかし、重さが変わったため取り回しも変わるので要注意。


俺が買った状態は中古で、中のバッフルが全く無い状態。
なので物凄く爆音だ(汗
おそらく前に買った人は海外から直接買って、あまりに音が大きかったから売り払った模様。
俺はTBR.JAPANに問い合わせしてエンドバッフルを発注した。
なので今は直管状態^^;


その直管状態でのインプレ。

まずエンジンスタート後の高アイドリング時は前に書いたとおりかなりうるさい。ってゆーかやばい。
エンジンが温まってアイドリングが落ちてくるとまあまあ静かになる。

・出だし

最悪。
抜けが良すぎて低速がスッカスカになっている。
この状態はバッフルを付けない限り解消されないだろう。

・中、高速域

かなり元気良く回ってくれる。
さすがはレーシングモデル。
60からの加速はノーマルの比ではない気がする。
そして加速音も爆音(汗

・バック&アフターファイヤー

これは驚いたが、これだけ抜けの良いマフラーを付けているのに、アフター、バック共にほぼ皆無と言える。
試しに低ギアからの急加速をし、エンジンブレーキを効かせてみるがアフターはない。
シフトアップ時に多少するくらいで、純正のインジェクションはかなり精度が良いと言ってもいいだろう。

とりあえずこんな感じで。
バッフルが届いたらもう一度走って、再度インプレを書きたいと思います。
あ、後一つ。
某動画サイトに載せられているTBRスリップオンは直管状態の音です。
バッフルを付けると多少音は小さくなりますので。