2017年12月11日

◎ 二元代表制の闘いか ◎

今日は佐渡市議会の某委員会ですごいことが起きたかも。
最古参議員が「議員を30年やってきたが今日の執行部の間違いは絶対に許さんっ!!!」と。

私も自分の委員会が終わってから傍聴に行ったのですが、総務課の審査で、その時は議事録の情報公開について厳しい意見がバシバシ飛んでいました。
この地方自治の時代に、総務課も時代遅れの説明をしていると思いました。
でも、最古参議員がカンカンになっていたのは別の案件でした。

委員会が終わってから正副委員長に「委員会で始末をつけるんだぞ!」と念押し。
すごい宿題…!

はてさてどんな展開になるやら?
なんと言ってもT議員はいつも全体の利益を考えて鳥瞰して発言されるので、小手先のことでは決着はつくまい。
二元代表制はこれでいいのだ。
緊張感がなくなった時、佐渡は本当に終わってしまう。

mari_arai at 23:45|PermalinkComments(0)clip!

❤ 誰かのためにクッキー作ろう ❤

こんなクリスマス・クッキー作ってみたい?
それなら佐渡教会においでください!

16日(土)っ!午後1時半から4時まで(目安時間)

12クリスマスクッキー3

エプロンくらいは持って来てね!
お待ちしています!

mari_arai at 23:31|PermalinkComments(0)clip!

▼ 佐渡市の説明の無さ… ▼

8日、配布された追加議案の佐渡金銀山のガイダンス施設建設の設計図を見てびっくり!
去年まで説明されて来たものが変更され、入口が海側になっている。
強風は計算に入らないのかな??etc.

佐渡市はどうして変更の説明を省くかな???
この中身については質問するが、これまでの経緯からしても設計図の変更が多すぎることや、なぜそうなるのか議会に説明がないのも大問題!
これでは市民はもっと知り様がない。

mari_arai at 01:29|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月27日

★★ 佐渡市12月議会での私の一般質問 ★★ 

★ 一般質問に立つのは7日(木)午前10時です。
 当日の傍聴を歓迎します❤
実は、議場は今定例議会で場所が変わります。
あの広い議場(講堂)での佐渡市議会は12月で最後になります!

 * * * * *

1. 今、佐渡で最大限の努力をすべき課題に十分な予算付けを
 1) 人口対策と子育て世代の貧困解消の努力を求める
 2) 子どもたちの人生の質を良くするための努力を求める
   いじめ、不登校、ひきこもりゼロの佐渡を目指すべき
   発達障害や障害のある子どもたちを担当する現場職員の研修の充実を求める
   これら困難な状況にある子どもを取り巻く関係者のチーム作りと相談会議の枠組み作りが必要ではないか
 3) 将来に付けを残し、かつ不要な計画、事業があるのではないか。それらを洗い出し、勇気を持って中止すること。また市民に説明のつかない事業や支出は厳しくチェックし、子どもたちに必要な事業に予算を回すよう求める

2. 学校教育の問題について
 1) 来年度から始まる小学校の英語の教科化に当たり、どのように授業時間を確保するのか。また、600の英単語など誰がどのように教えるのか。
 2) 来年度から始まる小学校の道徳の教科化に当たり、佐渡の子どもたちのためにどのような道徳教育を目指しているのか。そのために教育出版社の道徳教科書を特に選んだ理由は何か。
 3) 拍車がかかる教員の多忙化改善策はどのようなものか。教員にしかできない仕事を見直すべきである。例えば床のワックスがけ業務や中学校の部活動の位置づけと外部コーチの人材バンク作りはどうなっているか。

3. 男女平等社会の実現について
 1) 佐渡市男女共同参画計画の推進状況を把握しているのは誰か。計画が空洞化しているのではないか。
 2) 女性への支援を強化すべきではないか。貧困の解消、女性への暴力の特徴であるDVについての対策はどのような現状で今後の課題は何か。
 3) 佐渡市は幼児期からの男女共同参画計画を持っているがその成果はどのように進んでいるか、また課題は何か。生活発表会の現状はどうか。

4. 行政のPDCA(計画、実行、評価、改善)と公平、明瞭、透明の実質化について
 1) 何をビッグフィッシャー事件の個別外部監査報告から学んだのか。
 2) 図書館整備計画策定までの手順をどのように考えているのか。専門的知識と経験を重視した計画が必要ではないのか。
 3) 両津公民館の急な解体前倒しにあたり両津図書館の仮移転にかかるPDCAは市民に対して公平性、明瞭性、透明性を確保できたのか。
 4) ワイドブルーあいかわの民間譲渡にかかるPDCAは市民に対して公平性、明瞭性、透明性を確保できたのか。
 5) 佐渡市と教育委員会は、市民の市行政に対する信頼回復をはかるため、また職員が計画や事業を見通してやりがいを持って仕事ができるよう、一層の職員研修の充実をすべきである。


mari_arai at 22:42|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月26日

★ 学校で遊ぼう!成功! ★

廃校になった小学校校舎を使った小学生の親子イベントにて、土曜の午後の3時間で、クイズ、体操ゲーム、スポーツ、親子遊び、自由工作、読み聞かせ、ビブリオバトル、将棋教室のプログラムを展開。
わお!盛りだくさんですごいね。

CA3G1522

子どもと大人200人以上がそれぞれ好きなことをして、ワイワイ!ワクワク!楽しんでいました。

CA3G1520
CA3G1516CA3G1508

このイベントのひとつのいいところは、公と民で協力したことと思いました。
市の子ども若者課主催、市民の子育てサークルはぐりんず共催、そして社会福祉協議会も協力。このどれが欠けてもこんなに楽しく盛り上がらなかったと思います。

心を込めて準備された皆さんの愛情に感謝❤

次の課題としては、この楽しい空間に大人の事情で来られない小学生をどうやって参加できるようにしてあげられるか、ですね。
親の代わりにボランティア・バディーを付けてあげるとか…。
何か知恵を絞ってあげたい❤

mari_arai at 02:22|PermalinkComments(0)clip!