2006年02月25日

Maria da Paz5

e28f7848.jpg









Maria da Paz
COPACABANA / 1983 COLP - 12837

LADO A
1. METADE (Maria da Paz)
2. NÃO TEM PERDÃO (I. Lins/R. Monteiro de Souza)
3. CANTO DE RAÇAS (Maria da Paz/Caladan)
4. NAS QUEBRADAS DA VIDA (P. Tapajós/A. Adolfo)
5. ERRAR É HUMANO (R. Moneiro de Souza/Prentice)
6. VIDA DE MARISCO (R. Monteiro de Souza/Prentice)

LADO B
1. MOVIMENTO DOS BARCOS (Capinam/Macalé) ed. Saturno
2. AMOR (Mª da Paz) ed.Meridional
3. FIQUE MAIS EU (Vevé Calasans)
4. CHEIA DE LUZ (G.Peranzzetta/C. Curzio)
5. QUEM ME DERA (I.Lins/Vitor Martins)
6. DEIXA EU DIZER (I.Lins/R. Monteiro de Souza)

マリアの第2作はジルソン・ペランゼッタが全面参加。盟友イヴァン・リンスのナンバーも3曲収録。リンコルン・オルヴェッチ、ジャイミ・アレン、パウロ・ブラガ等も参加したMPBの佳作。

2006年02月23日

Pássaro Carente5

df597ed4.jpg









Maria da Paz / Pássaro Carente
COPACABANA / 1981 COLP -2596

LADO A
1. COISAS E COISAS (Totonho)
2. FANTASIA (Maria da Paz)
3. MULHER E DAÍ (Gonzaga Jr.)
4. MÍNIMAS (M. Tapajós/P.Tapajós)
5. FALSO CHAMEGO (Maria da Paz)
6. SÚPLICA CEARENSE (Gordurinha/Nelinho)

LADO B
1. MEU SUFOCO (B.di Paula)
2. ESPINHOS (Tom e Dito)
3. PÁSSARO CARENTE (Maria da Paz)
4. E DAÍ? (F. Neto/A.César/Andó)
5. AMOR FINGIDO (Dorico)


マリア・ダ・パズのファーストLP。自作曲の他、ゴンザギーニャ、マウリシオ=パウリーニョ・タパヂョス兄弟、ベニート・ヂ・パウラ、トム・イ・ヂトなどのソウル系の曲も歌っている。
同時期に名をあげたジョイスにも通じる、女性らしい透明感、凛々しさ、そして力強さが感じられる。

リリース記念のショウにはワンダ・サー、ダニーロ・カイミ、ネルソン・アンジェロ、ノヴェーリといった豪華メンバーが参加した。(W)

2006年02月12日

Maria da Paz バイオグラフィー5

8bd00fee.jpg






1959年 ペルナンブーコ州に生まれる。母がいつも歌ってくれたルイス・ゴンザーガの曲を子守唄代わりに育ち、幼少の頃より音楽に興味を持つ。
1968年 9歳の時に初ステージ。その後ヴォーカリストとして地元のグループでレシーフェ、セアラー、ピアウイ、バイーアといったブラジル北東部で活動する。地元テレビにも出演。
1979年 サンパウロに活動の拠点を移す。
1980年 1stアルバム"Pássaro Carente"をリリース。ワンダ・サーやダニーロ・カイミ、ネルソン・アンジェロと共演する。
1983年、2nd"Maria da Paz"はジルソン・ペランゼッタが全面参加。
1985年 スイスで初の海外公演。3ヶ月の公演中、現在もマネージャーを務めているパーカッショニストのJocelyne Aymonと運命的な出会いを果たし、その後6年間ヨーロッパを中心に演奏活動する。
1987年 3rdアルバムで初のCDとなった"Clareia"はヨーロッパ、カナダ、アメリカ、でリリース。
1989年 フランス音楽界の巨匠ジョルジュ・ムスタキと共演。4th”Minha Terra”発表
1990年 ブラジルに帰国すると作曲家として主に活動、Nalva Aguiar、Roberta Miranda、Chitanzinho & Chororo、Joao Paulo & Daniel等に作品を提供する。
1993年 5th"Maria da Paz"を発表。
1995年 6th"Êxtase"を発表。
1997年 7th"Da Pá Virada"を発表。
1998年 ルイス・ゴンザーガに捧げるプロジェクトをスタートする。
1999年 8thルイス・ゴンザーガ作品集"Meu Lugar"をリリース。新聞、雑誌で評判となる
2000年 ブラジル全土でショー開催。TV Globoの人気番組"Programa da Jo"に出演、2万通のe-mailを受け取る。
2002年 再びゴンザガォンの曲を取り上げた9thアルバム"Vida de viajante"をリリース。
2004年 10枚目のアルバム"2 banquinhos e 1 violão"は初のライブ盤。前作"Vida de viajant"がラテン・グラミーのヘジオナル部門にノミネートされる快挙を遂げる。
2005年 ルイス・ゴンザーガ没後20周年トリビュート・ショーを開催。サンフォーナ奏者オズワルヂーニョとのプロジェクト"Luis Gonzaga Sinfonico"ではサンパウロ交響楽団を伴奏に、ルイス・ゴンザーガのレパートリーをクラシックのアレンジで歌った。これは近日DVDでリリース予定。
2006年 ワールドカップ用に製作されたコンピレーションCDに参加。



月別アーカイブ