自分のことが大好きになれるおしゃれ術


あなたは自分が本当に好きなおしゃれを、こんな理由をつけて諦めていませんか?

本当はあんなファッションがスキなんだけど、・・・

・・・自分には似合わない
・・・実用性がないから意味がない
・・・お金がかかるから無理~




「○○○だからできない」


なぜそう感じてしまうのでしょうか?

78ec903e




○○だからムリ・・・の思考があなたを迷路に迷わせる



オシャレって、その人の歴史(習慣や性格)が
積み重なってできて行くもの。


「なんでもいいや」
と適当に目についた服を
買って着ているのだとしても、

「何を手に取るか」は、あなたが選んでいるわけです。


おしゃれに積極的になれないのは、

「自分らしいファッション」をこれまで

深く考えてこなかったり、考えてみても、

今の自分からイメージが遠くて、なんだか

面倒になってしまったのかもしれませんね。


primate-1019101_640


" 自信がないから "

例)" 太っているから " " にあわないから " " 目立ちたくないから " …

だから、

" とりあえず隠そう"

"なんとなくみんなが着ていて
 ヘンに見えないものならいいかな? "




そんな風に消極的な気持ち

考えてしまってないでしょうか。




それは心のどこかで、


「不特定多数の誰かから

  非難されないこと」


だけを目指しているとはいえないだろうか?


ニュースレター登録03



で、何が着たいの?


「これとこれは合いますか?」

「これは着ても大丈夫ですか?」


そんな質問にお答えすべく、

レッスンではコーデや
色の組み合わせ方などを
お伝えしています。


でもね、本当にあなたが知りたいことって、

なんでしょう?


d21887122391ee87555738453900fd32_s


「何を着るべきか」ということよりも、

 もっと重要なことを見落としていませんか?



『私は一体、なにを着たいの?』            
 


「自分はどうしたいんだろう。
   
「自分は人に、どう見られたいんだろう。

「自分の欠点を、どうして認められないんだろう。」



・・・大事なのはそこではありませんか?


自分がしたいこと、大切にしたいこと、

好きなことの表現のために。



そのために楽しんで服を選んだり、
おしゃれがしたいってことなんじゃないのかな?



ニュースレター登録03

他人軸から自分軸へシフトしよう

「こんな服装ならソツなくていいかも」

「こういうの、一つ持っておくといいかも」

「これくらいの色なら、派手にならずになじんでいいかも」




ショッピングをするときって、
こんなことを考えていますよね。



これって、ともすると守りの姿勢とはいえませんか?

大げさにいうと、恐れ心配です。



誰かの目線(やツッコミ)を気にした考えや、


「○○○○と 思われないように」と、


予防的なファッションをすると、どんどん


個がなくなっていき、


自分が分からなくなってしまうのです。


人に判断をゆだねている状態では、
何一つ決めることはできません。



自分が何を着るか?

その判断を、

他人軸でするのではなく

自分に取り戻しましょう。



meadow-110717_640


迷いのないおしゃれに近づく極意

つまり、こういうことです。


どんな風に見られるかではなくて、どんな風に見られたいか?

何を着たらいいかではなくて、何を着たいか?


自分を主人公にして
自分がワクワク楽しめるやり方

ラクに感じられて、
ムリなく続けられるやり方を

一緒に考えていきませんか★
   

ニュースレター登録03


achtung03achtung02



“パーソナルスタイリスト部門”第一位♪
一日一回のクリックで応援してくださいね。

※頂いたご感想は、プライバシーに配慮し、
掲載させていただくことがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック edit