できないと認めること

変なプライドを捨てることが成功の秘訣かなと思うのです。

一人で抱えることが、自立ではありません。

「大人ならこれくらいできて当然!

なんてへんなプライド、
捨てようかな!」

そんなことをさいきん痛感したので
お話しますね。

最後までお楽しみに〜!


私が苦手なこと

わたしはお片付けとインテリアは
知識がありません。

floor-2228277_640

なんだかんだあって、と

今月末、インテリアコーディネーターの方に
訪問をお願いしました。

事の発端はテーブルの買い替え

いろいろ考えてとあるダイニングテーブルを
購入したある日。

kitchen-2165756_640 (1)

これまでのテーブルを人に引き渡すため、
とりあえずはテーブルを壁に寄せたんです。


すると…

壁に寄せたらなんだかいい感じに!!!


それまでは

  • テーブル(中央に置いてました)が大きすぎて通りにくい
  • テーブルを小さくしよう
という論理で、これまでより
小さいテーブルを買ったのです。

…が、置き方を変えるだけで、今までの
テーブルでも却って心地よい空間が♥


「新しいテーブルいらないじゃん!」


届く前にそんな事態になってしまいました…(笑)


さらに、照明の位置も変えようと
ダクトレールも購入してあったのですが、

こちらも商品が届く前に、
テーブル位置が変わり不要に……


"自分の家の間取りの特徴を知るために、
何年も不便なまま生活し、

さんざん悩んで
やっとの思いでテーブルを買い替え、
何万円も出してから、ようやく
「壁に寄せれば良い」という
簡単なことに
やっと気づいた自分"


に愕然としました。


これって、きっと他の部屋にも言えるよね…」


「テーブル台✕万円と、お店を見て回る
時間と労力…


なんて、無駄なんだろう!


そう思ったのです。

girl-388652_640


自分の「できない」を認める

一人であれこれ、買って見て
というのは、楽しいし、気ままです。

できないことを認めなくて済むし
人様に会うエネルギーはいらないし
商品代金しかお金は掛かりませんから
一見経済的。

でも、根本的な知識がないことを
認めないと、ずーっと失敗が続くし、
ずっと素人考えの自己流のまま。

しかも失敗から学ぶ力すらなかったりする。


何が起きてるのかがよくわからなかったり、
原因究明の仕方がまちがっていたり
改善方法がトンチンカンだったり。


それってもう、遠回りですらないんですよね…


明後日の方に爆走してるだけ…(笑)


スタート地点にすら立ててない

部屋の性質(間取り)に対して、
適切な家具のサイズ


家具の置き方がわかってない状態では


「どんな家具を選ぶ?」


答えがでてこない。

スタート地点にすら立てていない…。

そういうことは、ファッションにはもっと
言えるのではないかな?


皆さんと日々、お悩みに向き合い
たくさんのことを学ばせていただいているからこそ
自分が生徒になる勇気が湧いてきました!!


本当にありがとう!!

明日また続きます。

Screenshot_20180215-152328_1518676196104_1518676726759

ニュースレター講読
メニュー予約可能日お問い合わせご予約アクセスQ&Aプロフィール「まりあの食ったもん」
“パーソナルスタイリスト部門”第一位♪
一日一回のクリックで応援してくださいね。
ニュースレター登録03
achtung03achtung02

※頂いたご感想は、プライバシーに配慮し、
掲載させていただくことがあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック edit