色々ショッピングにでかけています。


わたしは、迷いまくります💦💦💦


ファッションのお勉強をする前は、
迷い方もめちゃくちゃで、いろんなことが
いっしょくたになってぐちゃぐちゃで

色々お勉強する内に失敗は減りましたが、

最後まで残っているのが


優柔不断な性格^^;


人生の大事なこととか、進路とか
結婚相手とかは迷わないのですが

こと


外食のメニュー

ショッピング

なかなかすんなり決まらないです(^_^;)(笑)



だらだらと見てしまい、一回で決まることは
なくて、下見を二回か三回くらい
してしまってから、ようやく決めます…。


少しでも決め手になる材料を探せるように

こんなふうにして積極的に
携帯で写真を撮らせてもらっています。

PhotoGrid_1528360481601

※こちらは、どっちの色にしようか…?迷って撮ってました。


画像に残すメリットは2つ。

  1. 目の前の鏡の自分を見るより客観的に考えられる…ポーズを取る・考える・この2つの作業を当時にやるのが苦手な人向け
  2. 鏡から離れても、家に帰っても画像で見れる…品物はネットにもあるかもですが、自分で撮影すると、その時の気持ちや臨場感も映るのでイメージしやすいです。
たとえば、他のお店で服を選んだときにも、
「これだったらあの靴に合うかな?」ってときに、
さっとお店で確認できるので、

「どーだったかなーーあーだったかなーー」

というエネルギーの節約になります。

自撮りに抵抗がある場合は、
品物の写真だけでも撮らせてもらっておくと、
やはりあとでカタログのように確認できるので
迷い方も建設的になるかと。
IMG_20180607_171927

写真は、店員さんに許可をいただいてから・・・

おかげさまで決めることができ購入しました♥

失敗したくない

こんな、手間暇のすべては

失敗したくない

この思いが強いために生まれている作業のようで、
わたしはやっぱり、人一倍、損したくない、
自分の思っているとおりにファッションを運びたい、と思いがちな性格なんだなと思います。

そういった性格そのものが、お買いものや
服選びにも必ず露呈しますし、それに気づいたときに、それで幸せなのか、はたまた苦しいのか、

苦しい場合、どうしたらもう少しラクになるか、
見つめて見る機会にするのも大事ですね。

ファッションを勉強しておしゃれレベルが
仮に上がったとしても、元々の性格や考え方のクセまでは変わりません。

で、最後はそこが肝心なのかなと
でないと、おしゃれになっても不幸ってことに
なりかねないからね(^^)

あなたも、お買い物のときに自分がどんな
ことを感じているのか、迷うとき、どんな
ことで迷ってしまうのか、少し見つめてみる
機会を作ると、より快適にお買い物ができる
ようになるのではないかしら?

私で良ければ、なんでもご相談に乗ります🎵

予約可能日はこちら

Screenshot_20180215-152328_1518676196104_1518676726759

ニュースレター講読
メニュー予約可能日お問い合わせご予約アクセスQ&Aプロフィール「まりあの食ったもん」
“パーソナルスタイリスト部門”第一位♪
一日一回のクリックで応援してくださいね。
ニュースレター登録03
achtung03achtung02

※頂いたご感想は、プライバシーに配慮し、
掲載させていただくことがあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック edit