おしゃれ迷子相談所―骨格診断で作る私だけのおしゃれ術

いつも同じような地味なコーデでイマイチ・・・つい無難なものばかり選んでしまう・・・という方が、自分の好きなファッションで自己演出できるよう、ショッピングコーチや、カタログ座談会でアドバイスしています。 型に自分をはめ込んだルール通りのオシャレではなく、自分がハッピーになれるものを、どうやってバランスよくコーディネートするか?一緒に考えていきます。 私自身は身長148cmでどうやっておしゃれを楽しめるのか?日々模索中です。

カテゴリ:【過去のコラム】私がコンサルタントになるまで

それは、29才になった頃でしたでしょうか。 夫が「あれは印象的だった」というのです。 鏡をまじまじと見ながら、私が大きな声で 「わたし、おばさんになった!」 と言ったのだそうです。 ・・・・や〜〜。今でこそ気づいた自分グッジョブと思いますが、 当時は結構ショ ...

こんにちは。横浜・関内であなたに似合うものを見つける大崎まりあです。 私のおしゃれ迷子旅 ドイツで の続きです★ だいぶ間が空いちゃいましたが、帰国後のお話をしますね。 帰国後~~日本に慣れるまでの2,3年間は、 人生で一番大変だった時期かもしれません。 ...

横浜・関内でパーソナルカラー&メイク&スタイリングレッスンをしている大崎まりあです。 いっぱい私が載っているので、ご紹介。 自分だけカメラ目線~~(ずるーーい) パーソナルカラーアナリスト・プロ養成講座も後半です。|美人ビフォーアフター!魔法のような変身 ...

わたし自身は、外国人として、皆様とはまったく違ったカタチで おしゃれ迷子として苦労いたしました。 20歳~26歳くらいの間です。 あの頃のわたし、がんばった! おしゃれ迷子時代は、大学時代の6年間と、帰国後~仕事をして~結婚して~とアイデンティティがめまぐる ...

前記事:【コンサルタントになるまで】ヨーロッパ留学とファッションの時代 ドイツで1年ほどプラプラしたあと、帰国しました。 その後、実家でもまれながら、ヴァイオリンの演奏の仕事をしたり、レッスンをしてました。 ●私には、教える才能がありました。 ●家にいるの ...

前記事:【コンサルタントになるまで】ファッション革命だった女子高生時代 それから、ドイツの音楽大学に6年留学して、必死に厳しい鍛錬を重ねる傍ら、 ドイツ人やそのほかの国々の人の中で揉まれながら、西洋のファッションについて沢山学びました。 ヨーロッパは階級社 ...

前記事:【コンサルタントになるまで】私の音楽家人生とファッション そのまま進みたかった中高一貫の私学から、イヤイヤ受験して進学させられたのは、都内にある日本随一の音大付属高校。 そこは、私服オンリーの学校でした。 ●いきたくない学校で・・・ ●子供の象徴= ...

私はいつもファッションに助けられて生きてきました。 おしゃれ代好き、お買い物がなによりの発散!!という母親に おしゃれのいろはを教わりました。 ・母のじまんはデートのときに『一度たりとも同じ服を着てこなかった』こと。 (私は、音学高校生のときに「まりあち ...

私が色に目覚めたのは、5歳のときのドイツの思い出。 1985年の話です。 (真ん中がわたし) 父の仕事の関係で、ドイツのマインツ郊外に暮らしていました。 初めてドイツの幼稚園に行くときは、とてもドキドキしましたが、 色鉛筆やペンが、日本の色と違って、とても綺麗な ...

↑このページのトップヘ

© 大崎まりあ