横浜・関内でパーソナルカラー&メイク&スタイリングレッスンをしている大崎まりあです。


八月にショッピング同行をご利用くださったいちろーたさんが、秋冬もののお買い物に行かれた記事をアップされています。

ユニクロで買ってきた秋冬のためのズボン2色……(サイズが分かってるのでついついユニクロを頼ってしまうなぁ) | バイオリン応援団*いちろーたのブログ




こちらの方↓
ファッションのファの字 4 脱オタク!ヴァイオリンの先生誕生★☆ - 【タンスの肥やし大活用】音楽家のためのおしゃれ迷子診断所



【それぞれの】パーソナルカラー色のポロシャツ【似合う色】 - 【タンスの肥やし大活用】音楽家のためのおしゃれ迷子診断所




人には似合う色と似合わない色があります。

一年を通して似合う色が売っていたらよいのですが、日本には四季があるため、四季と連動した色がお店に登場するので、「この季節に売っている洋服は苦手」ということが出てくるんです。

「な~~んか、欲しいものが見つからないなーーー。。。。」というのは、

・今年の流行が気に入らない

ということかもしれないけど、もしかしたら

・「似合う色」がとことん店頭から姿を消している!

ということが原因かもしれません。


書く言う私も、今年こそ秋のダークカラーを着よう!と思いながら、ついついGAPで綺麗色の服をいっぱい買ってしまって、今年も季節感が出せないまま秋が過ぎていってしまいそうです・・・

ギリギリそれでもGAPにあった赤ワイン色のパンツと、私にしては濃いブルーのシャツが今の私を救っております^^;

こーんな感じ
IMG_5205.jpg


で、いちろーたさんですが、いちろーたさんはブルーベースの濁らない、綺麗な色が似合う方なのです。

(例えば、ブルー、ピンク、白、紺、レモンイエロー、エメラルドグリーンなど)
04_20131007232034460.gif

この色の服が売っている季節は、春。
一番種類が多いのが夏、そして冬になるとヴィヴィッドカラーがものによって得意になります。


しかし、秋というのが、パーソナルカラー診断で「濁らない色似合います」と言われた方には鬼門なんですね。
季節がぐっと変化して、濁ったダークな色が増えてくるので、診断結果と照らし合わせると、「似合う色がないじゃないか!」とこう困ってしまうのですよね。

濁ったダークな色、たとえば:カーキ、モスグリーン、ボルドー色、エンジ、レンガ色、枯葉色 など
05_20131007232454c75.gif



なので、私の診断では、
・ベストではないけど、店頭からベストカラーが消える季節には使える色

も、併せてお伝えしています。


が、正直言って、生まれて初めていろーんな色を何十色と目にされる機会になるこの診断の場では、皆様、どうしたって覚えきれない(><)

です。

ですから、ある程度理解でき、色の見分けがつくまでの間は、何回か季節を跨いで診断を受けに来ることってとても大切なんですね。

お買い物同行でもいいと思いますよ。

とにかく、気温がガラッと変わる季節は、対応が一番難しいのです。

私も実はパーソナルカラーを知る昔から、秋が一番苦手な季節でございました。


澄んだ色が似合いやすい人って、日本人にとても多いです。


なので、逆に中間の、濃い濁りのある色の活用法は、コツがいります~~~

どれだったら手にしてOKか?
どっちの方向には絶対に行っちゃだめか?


次回、今流行している濁った濃い色のおすすめ、書きますね!


おしゃれに一歩ずつ近づく方法を書いています。第十一号はおしゃれになるために必要な色々なことをご紹介中☆
P1140425.jpg
お申込み・お問合せフォーム

女性向けコースのご案内
男性向けコースのご案内
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック edit