レディースクリニックマリアヴィラ ダイアリー

東京都東大和市 多摩都市モノレール上北台駅すぐのレディースクリニックマリアヴィラから クリニックの日常やお役立ち医学情報などを発信していきます

子宮頸がんワクチン訴訟

子宮頸がんワクチン接種後に、筋肉痛や痺れで動けない状態になった方達が、製薬会社などを相手に訴訟を起こされた事が先日報道されていました。テレビで見ていると、製薬会社の弁護士は安全性が証明されていて副作用ではないと言い張っていました。
しかし時系列的にはワクチン接種後に出た症状です。因果関係がある事を立証するのは確かに文献的には難しいのでしょう。しかし、因果関係が完全に無い事を証明するのもそれ以上に難しいのではないかと思います。いじめ問題などと同じで結果を優先し、被害者救済を優先した判決や和解が成立すると良いなあと思います。
国や学会は、世界的な標準ではワクチンが普及しており、普及の途中でこうした副作用問題で挫折した日本をWHOなどからは非難されている状況打破のために、またキャンペーンをしようとしていた矢先の訴訟を苦々しく思っているかもしれません。
しかし、日本は日本のやり方、ジャパニーズスタイルを確立すれば良いのですから、ワクチン接種も選択肢として提示し、検診を普及する努力もすれば良いと思います。
私自身は輸入して自分にガーダシルうってみてピンピンしてますので大丈夫ですが、娘にはうちませんでした。画一的な答はなくケースバイケース、強く自分で希望される方以外に積極的にオススメする事もない、というのが今のスタンスです。

A LIFE 続

昨日書いた医療ドラマ、キムタク主演のやつですが、自分の大切な人の手術だと考えた時に、本当に、その方法で良いのか?自分の娘でも母親でもその方法を取るのか、といつも考えてやること。その想像力が必要なのだと、云うことに尽きると思います。それが言いたい主題なら、そのドラマは正解です。
今日色々あってつくづくそう思いました。

A LIFE

日曜日に木村拓哉さん主演の医療ドラマ初めて見ました。
外科医大門未知子ほどコミカルではなく、シリアスドラマと言ったところでしょうか。しかし、キムタク云々ではなく、医療従事者目線で見るとテーマが絞りきれてないような気がして、あまりまた次回も見よう、とは思えませんでした。
優秀なオペナースとの連携、二世医師のこと、病院の合併?うーん、絞りきれてない、のか、医者目線で当たり前の事過ぎて批判されてもなぁと思ってしまうのか。
慣れは良くないことですね。初心忘るべからずです。医学生で解剖実習で気持ち悪くなっていた頃の自分を思い出さないと。それが無理なら、患者体験をまたしないと。また胃カメラでも飲みましょう。あと、歯科にも行こうかな、と。
そう言えば、文部科学省の天下りの人が生命保険会社の顧問になって週2回で年収1200万て、あれは何ですか?生命保険会社はそんな人にそんなにお金を出せる程儲かってるんですね。やっぱり生命保険は入らず検診を受けろ、というホリエモンの本の通りにした方が良いかもしれません。
まあ、とりあえずは患者体験のために。
話は飛びましたが、初心に戻れるよう頑張ります。

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ