レディースクリニックマリアヴィラ ダイアリー

東京都東大和市 多摩都市モノレール上北台駅すぐのレディースクリニックマリアヴィラから クリニックの日常やお役立ち医学情報などを発信していきます

2016年03月

桜満開間近

桜の満開近づいていますね。
お花見でアルコール摂取が多くなる方はビタミンBが不足しやすいのでお気をつけ下さい。
さて、クリニックのスリッパですが、だいぶ汚れが目立っていたので交換しました。思ってたより茶色地味ですね。しかし汚れは目立ちにくいかな。お子さん用も一緒に新しくしてみました。
いよいよあと1日で新年度、私も昨日は送別会で楽しいお酒を飲みました。
新年度もまたよろしくお願い致します。

人は見た目が9割

  ショーンKロスの話を書いた後で、いろいろさらに情報を集めて週間文春も買って読んだりして、やっぱりあの人は本物のサギ師に近いのかなあなどと思ってしまい、通常ならスポンサーが企業倫理に照らし合わせて考えると、まず復帰はないのかなあなどとあれこれ考えていました。
  そこで昔買って置いておいた「人は見た目が9割」という本を思い出して、続編のやっぱり見た目が9割という本と一緒に読んでいました。
  人が話す内容は、7%くらいしか伝わっておらず、その他は、その人の見た目やしぐさ、声など非言語情報なのだそうです。だから、93%で9割なのですね。
  姿勢がいいことや声がいいこと見かけがいいことは大変重要なのです。彼はその辺は自分をコンサルタントとして営業用に研究し尽くして磨き上げていたのでしょう。 しかし、出自を偽ることは本当に良くないです。両親は田舎の熊本で今も暮らしてらっしゃる訳ですし、それをマクアードルさんとお母さんが不倫して出来た子みたいな言い方して。本当にそれは何も親の迷惑も考えてない、自分をクォーターと信じ込ませるための、ホラッちょです。それでも、許していいんじゃないの、と思わせるところがサギ師の詐欺師たるゆえんです。まさに人は見た目が9割です。9割3分です。
   私も整形まではしませんが、ホクロ取りシミ取りなどはしたことがありますし、人と接する仕事をする者として、声や姿勢の大切さは改めて勉強になりました。声も訓練で変えられるそうです。こもりがちな自分の声を変える努力したいと思っています。
  営業や商売など人と接する仕事の方には「人は見た目が9割」の本を是非一読オススメします

大学病院と総合病院と個人病院とクリニック

手術が必要な患者さんから質問されました。
日帰りと入院、どこが違うんですか?

日帰りは仕事がどうしても休めない方とかには日程的にはメリットがありますが、術後痛みが強くなったり予期せぬ出血などがあった場合に自宅で様子を見なければいけない不安が付きまといます。勿論何かあればすぐ対応する体制は採っていますが。

入院はスケジュールの都合が許す方で、術後に万が一のことが起こった場合にやっぱりその日は入院していた方が安心だという方にはオススメです。

では、大学病院と総合病院、個人病院と我々のような個人開業医は、どうでしょうか?

大学病院には専門医資格を持った権威ある医師がいるのが一般的です。そして何よりマンパワーが揃っています。緊急事態に対する対応は万全なはずです。しかし、大学病院の役割として教育および研究というのがありますから、専門医の監督の下で実は執刀医は研修医ということはよくありますし、学会の専門医は持っていても手術より研究が得意という医師もいます。G大学病院で腹腔鏡手術でたくさんの方々が亡くなっていた話もありましたよね。
その点、市立病院だとか組合病院だとか大学病院ではない総合病院は、研究という目的が少なくなりますから手術得意で三度の飯より手術大好きという医師が集まりやすいです。マンパワーも病院によっては大学病院にもまけません。
では、産婦人科だけの単科個人病院はどうでしょうか?これこそ玉石混交です。得意な分野とかをホームページで調べてみて良さそうなら、大いにオススメです。基本的に病院が小さくなる程医師の平均年齢は上がって行き、経験値は増えています。ただし新しいことを勉強したり取り入れたりは個人に任されている面が強いので、最新最先端の治療法は選択できないこともあります。病院の規模で選ぶというより医師個人を選ぶのに近くなります。そして小回り融通性という点では良く、以前私が勤務していた個人病院では緊急帝王切開は決めてから赤ちゃんが出るまでに最速だと五分から十分でした。しかし大きな病院だと逆に手術室のナースを集めて麻酔科医にお願いしてなどとやっていると、直ぐ三十分くらい過ぎてしまってました。だから大きいから安心とも言い切れない部分もあるのですね。
では、最後に我々個人開業医は?自分でいうのも何ですが、マンパワーという点不測の事態に備えるという点では大病院には引けを取ると思いますが、自分の顔で商売している個人商店ですから、悪い評判が立ったらすぐに潰れます。だからこそ細心の注意を払って努力しますし、得意技、一芸に秀でた医師も多いです。体外授精などでは大病院より技術は上のこともしばしばですし、一点に集中して投資して研究分野でもリードしているドクターもいます。そして何より小回りが利きますから、手術の日程などは結構融通がきくこともあり得ます。まあ、入院出来ないクリニックでは当院の様に日帰りとなりますので術後の不安がある方は入院をオススメしますが。

とりあえず全てに一長一短があるので、自分のこだわりポイントが何かを明らかにして病院を選ばれることをオススメ致します。

皆さんの選択のお役に立てば幸いです。

上北台駅エスカレーターの工事

上北台駅から降りてくるエスカレーターがしばらく工事中で、少し遠回りしていただいていましたが、工事予定の紙を見ると、三月末頃までとなっております。
おそらくもうすぐまたエスカレーターが使えるようになる見込みです。
今だと駅徒歩40秒くらいですが、また、駅徒歩5秒くらいになります。
モノレール通院の方へのご報告ですが、運動になって良いという話もありますよね。

偽物語

  ショーンKさんの話を書いていて思い出しました。
  偽物の方が本物らしい、という話を。

  亡くなった父の話ですので時効と思って書きます。もしかしたら以前も書いたかもしれませんが。
  終戦後の混乱で誰もが食べていくだけで精一杯だった頃の話です。父が頼まれて眼科の偽医者を数週間ほどやったらしいのです。(もちろんホントはいけませんよ。今なら完全にアウトですが、人の畑のものを盗んで食べて命を繋いだ時代の話です。)父は偽物だとバレないためも勿論あるでしょうが、丁寧に診察して患者さんの不安を取り除くよう言葉をかけたそうです。安村君じゃありませんが「ご安心下さい」と。そうしたところ、本物が見つかって必要なくなり、やめますという時に、先生やめないでくださいと何人もの患者さんに引き留められたそうです。この話は、子供の頃耳にタコくらいに聞かされて、おまえが医者になったら患者さんを安心させなさいと言われ続けていましたが。
 
  さて、ショーンKさんに戻ると、彼はやはり経歴詐称の後ろめたさもあり、また本物に見せるために分かりやすい解説を心掛け涙ぐましい努力をして来たのだと思います。数週間ではなくラジオパーソナリティーは15年ですからね。だから当然人当たりも良く、良い人なのでしょうね。

  とりあえず、そう言えばホームページで復活した私の産婦人科専門医資格のことをアップするのを忘れてました。放置してました。ただし、失効していた時に指摘して糾弾して来た方があったように、世の中には、いろんな人がいて厳しい方もあります。しかし寛容な人もいますから、川上紳一郎さんとして安心を与える声でまたラジオに戻って欲しいと切に願っています。
  私も専門医資格が失効しないよう、安心を与えられるよう努力します。

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ