レディースクリニックマリアヴィラ ダイアリー

東京都東大和市 多摩都市モノレール上北台駅すぐのレディースクリニックマリアヴィラから クリニックの日常やお役立ち医学情報などを発信していきます

2016年05月

ブログの役割

   ホームページ、ブログ、ツイッターと、なんとか新しいことについて行っているつもりでいましたが、やはり中高生くらいから携帯持っている世代とは明らかに人種が違う気もする今日この頃です。
   インターネットが普及してホームページでクリニックの宣伝をしたりするのは当たり前になってきたのが開業した8年前くらいのことです。そしてその同じ年くらいから、クリニックのブログも始めました。最初は業者さんに文章を送ってそれを載せてもらう医療コラムというのも書いていたのですが、今は医療医学のこともブログに書いてしまっています。
   改めて医療コラムを読み直してみると相撲ネタで出てくるのがすでに引退した力士の名前ばかりですし、一昔前との話になってしまっています。あと、患者さんのネットとの付き合い方みたいなことも書きましたが、いまは、こちらが説明したことは後で皆さんインターネットで調べ直すだろうというのが前提です。しかし今でも、ネット情報がすべて正しいとは限らないですし、最新のこと正確な新しい知識などは、やはり私は学会に行って聴いてきたりしますし、専門文献を検索します。英語文献がネットで読めるのは素晴らしく便利なことです。
   そして今は熊の形のたい焼き?クマ焼きというらしいですが、そういうのがツイッターで拡散されて売れるようになったりしているようで、ツイッターマーケティングの時代なのでしょうか。
   しかし、どんなに時代が変わっても、医療の世界もどんな商売も人間関係も、やっぱりリア充が大切で血の通うものでないとバーチャルだけではダメだろうと思いつつ、時代の流れに遅れながら付いて行きたいと思います。

出生率の上昇

    昨年の人口統計が発表され、合計特殊出生率が1.46で去年の1.42より上昇したそうです。景気の上向き、不妊治療の成果などいろんな分析はあろうかと思いますが、まずはおめでたいことです。一人の女性が一生の間に産む平均の子供の数を表すそうですから、約1.5人てことですね。しかし地域差はあって沖縄などは1.9くらいなのに東京は1.1台でした。
    40代の出産のうち39.1パーセントが初産だったなど、現場では感じていたことを改めて数字で認識させられた感じですが、不妊治療中の方には励みになる数値ですよね。
    不妊治療に関する男女の温度差を本当は今日書きたかったので、今までのはイントロです。多くの患者さんを見ていると、やはり、女性はある時点で産みたい身ごもりたいという本能に火が点くことがあり、そうすると真っしぐら無我夢中です。男は子供は可愛いと思っても子供を直接産む訳ではないので本能に火が点くことは基本的にはありません。そこで最初のうちは良くても、すぐに上手くいかない場合は徐々に温度差が生まれてきます。(子供が産まれたあとの受験なども同じかもしれませんね(笑)。)
   そして、女の人は月の単位で気分が上がり下がりするのに比べて男は射精前と後という短いサイクルで上下があります。朝に射精しただけで眠くなって1日仕事の能率が上がらないというご主人もいらっしゃると思います。ですので、今日書きたかった一番のことは、朝の人工授精で精子を採ってくれているダンナさんをねぎらってあげてほしいということなのでした。職場では、その日1日ぼーっとしてるかもしれないのです。男もデリケートなのです。そうしたいたわりがないと、益々男女間での治療に対する温度差は拡がります。そのねぎらいがあれば治療がたとえ上手くいかなくても二人の間の絆は深まることでしょう。
   最近脳科学でも男女差がしきりに言われており、私も、少しですがそういう男女の差というものを認識しながら治療をしているつもりです。
    でも、今日書いたことも所詮は男性産婦人科医師による、男性目線の片寄った認識でしかないのかもしれないのですから、ホント難しいですね。男と女。

外食で困ること

   糖質制限していると、外食の時に白米を残すことが多くなります。確かに子供の頃に言われた、もったいない、という価値観からは外れてしまいます。ただ出産後の女性の体重が戻らない方を見ていると、子供の食べ残しをもったいないからと食べている印象は否めないので、やはり自分の主張として残すものは残すで良いのだと思います。
    最初からライス少なめをオーダー出来る勇気があると良いのでしょうね。モリモリ食べる人を男らしいとする価値観からも落ちこぼれますが(笑)
    ネットに昨日こんな記事がありました。週刊誌のようです。

時代の変化

ホームページとツイッターが連携して、少し時代に追いついた感がありますが、去年まではスマホ用のホームページも完備していなかった事を考えると、恐ろしい気がします。特に当院の場合比較的若い女性の方が患者さんの中心なので、遅すぎた感じがしています。
さてさて、そこで今低迷している月9ドラマの分析をしてみますが、やはり、福山使っとけば視聴率取れるだろ的なところが時代の変化についていけてなかったんでしょうね。
曲は良いですが、やはりファンとして観ていても痛いです。
もうすでに福山は俳優としては終わコンな感じと、菅田君に不自然なキスやホテルシーンなど作って視聴率回復狙いみたいなところが見え透いた感じで、本当に痛いですよね。
やっぱり福山はシンガーソングライターの原点に戻った方が良いです。曲は本当に良いんだから。
でも、最後まで見ます。福山の最期を看取ります。

ホームページからツイッターへのリンク完了

ツイッターの設定を自分でやってみて、結局出来なかったのでホームページの業者様にお願いして、ツイッターへのリンクを貼っていただきました。
ブログとツイッターの使い分けは、やはり長い文章がブログで、主に混雑状況などのリアルタイムの情報を短くつぶやくのがツイッター、という事になるでしょう。
それと、東大和市医師会の理事という崇高な職務を拝命致しましたので、今後18時30分までの受け付けで終了といった日が時々出てきますから、そうしたお知らせをホームページに載せるのを忘れていたりした場合に活用したいと考えています。
やはりパソコンや携帯、スマホ、アプリなどの事をわかって使いこなせると便利ですよね。業者の方はさすがです。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ