レディースクリニックマリアヴィラ ダイアリー

東京都東大和市 多摩都市モノレール上北台駅すぐのレディースクリニックマリアヴィラから クリニックの日常やお役立ち医学情報などを発信していきます

2017年09月

五十肩

1ヶ月くらい前から右肩が痛く、手が上がらないような状態でした。手術が多かったために、手術台を動かすのを右腕でやっていたせいだろうと休ませるようにしていましたが一向に良くならないので、思いきって五十肩サポーターを買ってはめてみたところ、かなり楽になりました。
まあ、四十肩で来る人もいるのでしょうが、52歳ですから五十肩なのでしょうね。
動かす方が良いとの事なので、サイレントマジョリティーの腕をクルクル回すダンスくらい動けばいいなと思い、真似してやってます。
そう言えば昔大好きで集めていた漫画「浮浪雲」も終わりましたし、諸行無常ですね。五十肩をも楽しみたいところです。

麻酔下卵管造影の成績

麻酔下卵管造影の成績をまとめてみました。ホームページにも公開済みなので、詳しくはそちらを参照して頂ければと思います。
そして、その対照とするために麻酔無しで普通に卵管造影やった方の数も数えてみたところ900を超えていて、麻酔下の方と合わせて1000件を超えていた事が判明しました。
10周年を迎えるにあたって何か配ろうかとか色々考えていたのですが、先に進むためにも10年間の実績を振り返り統計を出したりして、より良い治療が出来るようにする方がよほど患者さんのためになりますね。
新しい事を始めるのは、遠隔診療以外にも考えていますが、これまでの10年間を振り返る事で足下を固めようと強く思う今日この頃です。

ミサイル

私は、こう見えても防衛医科大学校で自衛隊医官としての教育を受けました。国家試験が終わって合格発表があるまでの約2ヶ月は久留米の陸上自衛隊幹部候補生学校でひたすら走りまくってました。
今も自衛隊に残っている同級生はたくさんいて、北朝鮮のミサイルに対する警戒で安眠できない日々を過ごしているようです。
このまま挑発合戦が続くといずれヒョンなことから、例えばミサイルが失敗して日本に落ちるなどの事が起きて、戦争に発展しかねません。今朝も朝起きたらミサイル発射のニュースで、いつそうなっても本当におかしくはありません。
三代目の指導者は本当にヒトラーのような狂気の指導者でしょうか?クビをすげ替えれば本当に南北朝鮮が統一出来るのでしょうか?ISみたいな鬼っ子が生まれるだけではないのでしょうか?トランプ大統領の方が白人至上主義の武器商人、死の商人ではないでしょうか?どれがフェイクニュースなのでしょうか?
何が本当かわかりませんが、日本だけが唯一の被曝国であり、つい祖父母の時代までは神と崇められる人のために皆んなが死ななければと洗脳されていた国でもあるのです。
日米韓の三国同盟というだけでない、日本だけが歴史のしくじり先生として学んだという立場から、日本独自の叡智を出して欲しいと思います。

聖域

固い話が続いたので少し柔らかい話を。遠隔診療の宣伝ばかりでしたので。まあ、そちらは徐々に浸透すればという事で、今は先行投資と思ってます。
そんな事より、今日はAmazonから予約していた福山雅治さんの聖域のCDが届いたのです。CDよりダウンロードで買えよ、という意見もあるでしょうが、やはりCDが落ち着きます。
私にとっての聖域は何でしょう?色々考えてみるとありますね。でもやはり聖域だからブログでは言えません。触るな、心に、という奴です。
ドラマの方は武井咲さんの妊娠で何だか黒革の手帳が黒革の母子手帳か?みたいに見えてしまい、今週で終わってしまいますが、曲は結構ヒットしそうです。まあ今年のライブの目玉、紅白で歌われるのもこの曲でしょうね。
歌詞にお高いものお安いもの、いろいろ売ってます、とあります。
遠隔診療の自費初診は予約料の1080円と自費初診料の2820円の合計3900円。これで自宅で問診が受けられ承諾書のやり取りなども出来る。しかも今は30分に1人しか予約受けてないので他の人を気にせずゆっくり話せる。しかも私は何してても遊んでもゴルフしても構わない休診日にやっている。これってお高いもの?お安いもの?決めるのあなただから〜〜〜、てとこですね。
結局、遠隔診療の話か〜い‼️❓
という突っ込みが聞こえてきそうです。

遠隔診療で出来ること出来ないこと

遠隔診療はオンライン診療ともいいます。
出来ることは、問診、視診です。触診や画像診断、血液検査などは当然むりです。漢方には四診というのがありますが、それだと切診(いわゆる触診のこと)以外の望診、聞診、問診が可能ということになります。
ということは、オンライン診療に向いている科は、一番が皮膚科。2、3、4が無くて、あとは眼科や内科、整形外科、耳鼻科、婦人科や泌尿器科など全ての科の一部の視診で診断のつく病気、ということになります。
しかし、初診での保険によるオンライン診療は認められていませんから、それらはいわゆる医療相談的扱いで自費になります。医療相談ということなら、セカンドオピニオンなどもオンラインでも良いかもしれません。
再診の場合、検査結果をお伝えしたり、問診したり血圧データをみて処方箋を発行したり、術後の体表面の傷を診たりもできます。
婦人科では、各種の処方箋発行、ピル処方、不妊の相談やカウンセリング、セカンドオピニオン、診断が他院で付いている方の手術の相談などが向いていそうです。
ただし、オンライン診療は全てにおいて症状が安定している事が前提ですから、土日などでやっていてもそれは平日に忙しくて受診出来ない人のためであって、あくまでオンラインはオンライン、急患の連絡で今から直接診てくれという要請に使うなどはもってのほかです。それは救急外来を当たりましょう。
前回の例えでネットショッピングと例えました。その文脈で行くと当院レディースクリニックマリアヴィラは普通に店舗販売をしていたのが今度ネットショップも開いた、という事です。
私も忙しいので服とかはほぼネットですし、今度の福山雅治さんの新曲CDもアマゾンにすでに予約済みです。皆さん賢くネットショッピングを利用して下さい。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ