2007年07月

2007年07月31日

首相続投に「えっ」=加藤氏絶句、山崎氏も批判−参院選
 

 自民党の加藤紘一元幹事長は30日未明、取材に対し、参院選での自民党惨敗にもかかわらず安倍晋三首相が続投を表明したことについて「えっと思った」と強い疑問を呈した。

 さらに「続投した場合、首相だけではなく、自民党自体がぼろぼろになる危険性をはらむ」と強調。「よほど政策面で市場原理主義からの大転換など大胆なことをしないといけない」と述べた。

 また、山崎拓前副総裁も29日夜、地元民放テレビに出演し、「国民の審判だから謙虚に受け止めなければならない」と述べ、退陣を決断しなかった首相を批判した。(了)


さっさと辞めてしまえ、安倍晋三

 



marichantk at 01:24トラックバック(0)政治教育 

2007年07月29日

午後4時現在の投票率は33・44%、前回を下回る

7月29日17時27分配信 読売新聞


 第21回参院選の投票が29日午前7時から行われている。総務省が発表した午後4時現在の投票率は33・44%で、前回2004年を0・32ポイント下回っている。

 投票は午後8時には締め切られ、即日開票される。30日未明には大勢が判明する見通し。

 今回は、自民、公明両党が非改選議席も含めた参院(定数242)の過半数を維持できるかどうかが焦点だ。

 選挙戦で、与党側は、教育基本法改正や公務員制度改革など政権の実績を強調し、支持を訴えた。これに対し、民主、共産、社民、国民新の各党など野党側は、年金記録漏れ問題などの政府・与党の対応を厳しく批判した。

 改選定数は計121(選挙区選73、比例選48)で、選挙区選218人、比例選159人の計377人が立候補する少数激戦となっている。

最終更新:7月29日17時27


自民は、投票率が60%を超えたら惨敗、と自ら予想していた。政権を担う政党が低投票率に期待するということが、民主主義の破壊を狙うこの政党の体質を物語っている。

そして、投票率が前回を下回っているという報道。

一部の地域では、有権者への告知なしに、原則として午後8時までの投票時間終了を繰り上げている。この時点でも、投票所で門前払いされて悔しい思いをしている有権者がいるのではないだろうか。

最終投票率が前回を下回るものだったら、まさに自民党の思惑通りだったということになる。

 



marichantk at 18:47トラックバック(0) 

2007年07月27日

実体経済は堅調に拡大=塩崎官房長官2007年07月27日12時22分

    

 塩崎恭久官房長官は27日午前の記者会見で、世界の主要市場で株価が下落していることについて「(日本の)実体経済は特に変わらず堅調に拡大している。主要国でも大きな変動があったという話は聞いていない」との認識を示した。

 6月の全国消費者物価指数(CPI)が5カ月連続でマイナスとなったことについては、「総合的に見ると、デフレからの脱却が視野に入っているという基本的な認識は全く変わりがない」と強調した。(了)

[時事通信社]


うそつけ。

 



marichantk at 20:37トラックバック(0)政治教育 

2007年07月25日

 
 いま東京に流浪民が増えている。住む場所もなく、さまよい歩く彼らは何を求めているのか……。●日雇いバイトでガソリン代稼ぐ車上難民 最近、隅田川河川敷の段ボールハウスが点在する一角で、“車上難民”が目に付くようになった。彼らの住居は自家用車。記者が訪れた日にも川沿いの道路にセダンやワンボックスなど4台の車が止まっていた。どの車も運転席のシートが倒され、男性が眠っている。 その中の40代男性が「きっかけはリストラです」と話してくれた。(提供:ゲンダイネット
記事全文

こういう事態を引き起こした自民党政権を、それでもまだ支持する連中がいるとしたら、確定的故意に基づく殺人者だ。
 
 



marichantk at 01:59トラックバック(0)政治社会 

2007年07月24日

 郵政選挙、統一地方選、都知事選――とあらゆる選挙に行っていなかったことがバレた丸川珠代(36)。

 投票にも行かないようなヤツが選挙に出るなよ、という批判が噴出しているが、なんと05年当時、郵政選挙についてエラソーに語り、杉村太蔵(27)をボロクソに批判していた。

 丸川珠代が語っていたのは、高校生向けサイト「マンモTV」。「認めたくない現実」と題して05年1月3日号でこう書いている。

〈まず今回は、総選挙とその後について、一選挙民としての思いをお伝えしたいと思います。もっとも認めたくない現実は、小泉チルドレンと呼ばれる新人議員の一人、杉村太蔵議員のことです〉〈責任の重さには言及せず、それが彼の未熟さと映りました〉〈しかし、彼のような26歳がいることも日本の現実なのです〉〈彼のように権利と義務についての認識が希薄な人〉〈任期中は私達の税金が彼のために使われることになります〉

 おいおい、投票していないくせに、〈一選挙民としての思い〉はないだろう。〈権利と義務についての認識が希薄〉なのは、自分のことじゃないのか。

 丸川珠代みたいな36歳が〈いることも日本の現実〉なのだろうが、当選したら〈私達の税金が使われることに〉なるのだから冗談じゃない。

 今頃、タイゾーも「選挙にも行かないくせに、おまえだけには言われたくない!」と激怒しているのじゃないか。

【2007年7月21日掲載】ゲンダイネット


目くそ・鼻くその批判合戦。アホか。そのタイゾーも、生後2ヶ月の乳児に放置プレーを強要していた。を虐待していた。

バカとアホ、クズとカスの争いなんだってば。

 

選挙違反の歴史
1,700円 / 季武 嘉也著
政党が操る選挙報道
700円 / 鈴木 哲夫著


marichantk at 20:25トラックバック(0)政治教育 

2007年07月22日


Sarkozy comparé à 24 heures chrono
ã?¢ã??ã??ã?­ã?¼ã??æ?½è¡?è?? matth97


marichantk at 05:06トラックバック(0)政治社会 
農水相の辞任要求=事務所費めぐる問題で−野党
 

 民主党の菅直人代表代行は21日午後、赤城徳彦農水相の政治団体が都内のビルから事務所を退去した後も、事務所費など経常経費を計上していたとされる問題に関し、「明らかに法律に反した行為だ。前の問題も合わせて、きちんと領収書を添えて説明すべきで、それができないならば、責任を取って(農水相を)辞めるべきだ」と述べた。都内で記者団の質問に答えた。

 共産党の市田忠義書記局長は同日、「架空の事務所に事務所費を計上していたわけで、辞任した佐田玄一郎前行政改革担当相と同じだ。大臣の職にとどまる資格はない」との談話を発表。社民党の福島瑞穂党首も談話で、農水相の辞任を求めた。


「農水相」の辞任なんて、甘いんじゃない。

赤城は議員辞職すべきだ!!

ついでに、塩崎とかいうスケベ面の官房長官も議員辞職してしまえ。

安倍内閣ボロボロだ。



marichantk at 02:28トラックバック(0)政治教育 

2007年07月19日

「究極の選挙違反」=政府広報で告発準備−民主

7月19日13時3分配信 時事通信


 民主党の鳩山由紀夫幹事長は19日、同日の朝刊各紙に折り込まれた政府広報に年金記録漏れ問題と定率減税全廃に関する与党の主張がそのまま記載されているとして、安倍内閣を公職選挙法違反で告発する準備に入ったとの談話を発表した。
 談話はまた「参院選の最大争点となっている事項について、選挙期間中にこのようなことが許されるならば公選法は有名無実になる。これは究極の選挙違反であり、『政府』の名を借りた選挙運動への税金の流用だ」と批判した。 

いつぞやは、税金使って新聞に全面広告を載せて、多くの国民を朝から不愉快にした。菅直人に年金問題の責任をなすりつけるビラを作って多額の税金を無駄にした。今度は「政府広報」で宣伝。
震災すら政治宣伝の道具にしている。能登半島地震から一転、今回の中越沖地震であれだけ迅速に行動しているのなら、次にどこかで地震が起こっても、同じように迅速に行動するのだろうか。それはないだろう。
 
震災すら政治宣伝の道具にする。公私混同も極まっている。
 
 


marichantk at 17:33トラックバック(0)政治教育 

身内の批判に意趣返し?=四国遊説、高知入り見送り−安倍首相

2007年7月18日(水)21:25
  • 時事通信

 安倍晋三首相(自民党総裁)が20日から予定している参院選の四国遊説で、高知県での応援を見送ったことが18日、分かった。高知選挙区で自民党公認の田村公平氏は、首相が掲げる「美しい国」を批判する発言をしただけに、首相サイドの「意趣返し」との見方が出ている。 

 関係者によると、首相は20、21の両日、四国4県を遊説する方向で日程調整していたが、高知県だけは足を踏み入れないことになった。田村氏は16日の集会で、「絵に描いた『美しい国、日本』で応援に来られて適当なことばかり言われたら、(県民は)ばかにされたような気がする」と首相を痛烈に批判していた。

 首相は公示前の1日に同県香南市で遊説している。同党高知県連の幹部は「候補者の発言が多分に影響した結果と見ている。混乱を避けるために高知入りを見送ったのだろう」と話している。(了)


「意趣返し」?応援に行ったら、地元の田村とかいう候補に迷惑になり、行かなかったら勘繰られる。どっちみち、もう終わってる。安倍は。

個人的には、安倍に応援に行って欲しかった。自民党の得票が減ることになって、うまくいけば高知県でも議席を失うことになっただろうから。

 



marichantk at 03:21トラックバック(0)政治教育 

2007年07月18日

 
 参院選高知選挙区(改選数1)に3選を目指し立候補している、自民現職の田村公平氏(60)=津島派=が16日、高知市内で開かれた個人演説会で、安倍晋三首相が掲げる「美しい国」について「意味がよく分からない」などと批判した。

 安倍首相は今月1日、高知県香南市で田村氏の決起集会に出席している。16日の演説会で、田村氏は「選挙を心配して応援に来てくれるのはいいが、南海地震対策など政府の責任で予算をつけてほしい」と強調。さらに「美しい国の意味がよく分からない。美しい国・日本なんて適当なことばかり言われて、ばかにされたような気がする」と語気を強めた。【服部陽】

毎日新聞 


「美しい国の意味がよく分からない。美しい国・日本なんて適当なことばかり言われて、ばかにされたような気がする」今さら気付いたか。最初から国民を馬鹿にしていたのです。気付いただけ、自民党としてはマシだが、もう手遅れだ。

marichantk at 00:21トラックバック(0)政治社会 

2007年07月16日

 
 自民党に大逆風が吹く中、参院選が公示された。有権者が警戒しなければいけないのが、度を越した「自民党大惨敗」説。安倍首相や中川幹事長は意外と“余裕”のようなのだ。

「36議席しか取れなかった18年前の宇野内閣並みの大惨敗を予想する報道も出ている。こうした自民党大敗報道が増えると、2つのことが起きる。“ああ、自民党は惨敗するんだ、それなら、オレはお灸をすえに行かなくてもいいや”と、無党派層が投票を棄権する動きです。もうひとつは、仮に自民党が45議席くらい獲得したら、安倍首相への責任追及の声が出にくくなる。本当は、改選が64で、過半数維持ラインが51議席だから45でも大敗北なのに、勝ったような錯覚に陥るわけです。だから、惨敗説は自民党の幹事長周辺が意図的に流しているという話もあるくらいです」(事情通)

 政治評論家の浅川博忠氏が言う。

「もうひとつの効果は、自民党の組織を引き締めることです。3年前の参院選で幹事長をやった安倍首相は、当時、組織がゆるんで負けた経験を持っていて、今回はかなりテコ入れをしてきた。自民党の危機感をあおる報道は悪いことではないのです。実際、30台というのは考えられず、うまくいけば自民党は40議席台の後半も可能ですよ」

 政治アナリストの伊藤惇夫氏もこう言う。

「大敗報道が増えてから自民党の組織は固まってきた。ムードはともかく、ひとつひとつの選挙区をみると、自民党は強い。四国は4県全部取れると幹部はみているほどです」

 大惨敗ムードが上滑りして、開票したら安倍自民党の負けはちょぼちょぼ、なんてことにもなりかねない。ある政界関係者が言う。

「自民党は44議席はいけると計算している。さらに選挙後、無所属や民主党の参院議員が6人程度寝返る工作をしている。行って来いで、軽く過半数を維持できる。周りが騒ぐほど総理や幹事長に危機感はないはずです」

 この選挙は罠が多い。何倍もの警戒が必要だ。

【2007年7月13日掲載】


国民が投票に行かなければ、自民惨敗はない。自民が惨敗しなければ、日本の民主主義は終わりを告げ、戦前回帰体制が待っている。

選挙に行かないと、本当に好き放題されますよ。

 



marichantk at 16:04トラックバック(0)政治社会 

2007年07月14日

<安倍首相>乗った車に警察車両追突 けがなく遊説続ける

7月14日19時39分配信 毎日新聞


 14日午前11時40分ごろ、堺市堺区宿院町西3丁の国道26号交差点で、参院選の遊説のために大阪入りしていた安倍晋三首相の乗った乗用車が玉突き事故に巻き込まれ、後方の警察車両に追突された。首相の乗った車にほとんど損傷はない程度で、首相ら関係者にけがはなかった。
 大阪府警によると、秘書官らが乗った大型タクシーが、赤信号のため停止した警備中の警察車両に追突。はずみで警察車両が、前方の安倍首相の乗った車に接触した。この後、首相は同じ車で遊説先に向かい、日程などに影響はなかったという。【牧野宏美】

最終更新:7月14日19時39分


行く先々で迷惑をかけまくる安倍首相。存在自体が迷惑なのだから、どこにも行くな。事故が起こったのは日頃の心がけが悪いからだろう。

頼むから、家の近所には来ないでください。



marichantk at 20:41トラックバック(0)政治自動車 

2007年07月13日

デジタル放送コピー10回まで 総務省が緩和の方針

2007年7月12日(木)21:41
  • 共同通信

 総務省の情報通信審議会の専門委員会は12日、デジタル放送のDVDなどへのコピー回数制限について、現行の1回から10回に大幅に緩和する方針を決めた。同審議会が8月にまとめる答申に盛り込む。携帯電話など多様なデジタル端末でコピーした映像を楽しめるようになる。早ければ08年中にDVDレコーダーなどの対応製品が商品化される。今後、不正コピーが流通しないような工夫をする。


今まで、「1回限りコピー可能」なDVDレコーダーを買った人はどうなるのか。

08年まで買い控えが起こるのは明白。

だから、「地デジ」なんて、やめてしまえと言っているのに。(ここで言ったのは初めてだけど)

 



marichantk at 01:59トラックバック(0)政治教育 

2007年07月06日

水野真紀、太蔵議員にチクリ

7月5日10時31分配信 デイリースポーツ

女優で後藤田正純衆院議員夫人の水野真紀(37)が4日、都内で行われた「ロワールワイン ソムリエコンクール」の授賞式に出席した。
 グルメでワイン好きでも知られる水野だが、05年に長女を出産してからは「授乳にアルコール分が出てしまうので禁酒していた」という。だが「もう卒乳したのでこれからは飲んでいきたい。夫婦ともにリタイアしたらフランスでワイン巡りをしたい」と笑顔を見せた。
 先日、杉村太蔵衆院議員が自身の週刊誌での連載で、生後2カ月の長女を自宅に残したまま夫婦で食事に出掛け、戻ってきたら具合が悪くなっていたと告白した。このことに触れ、「子供に何かがあったら自分が後悔することになるので私にはできません」、代議士の妻として母としてやんわりと忠告した。



水野真紀のことは今はどうでもいい。(二世議員と結婚するまでは結構好きだったのだが)

杉村太蔵、バカじゃないのか。政治家以前に、人間として失格だ。

よりによって、生後2ヶ月の子供を、一人で残しておくなんて、虐待そのものではないか。港区の児童相談所、虐待容疑で子供を保護しろ。

保護責任者遺棄で逮捕しろ、警察は。今は国会会期中でないから、不逮捕特権は適用されない。

 



marichantk at 20:30トラックバック(0)政治教育 

2007年07月05日

 田中真紀子衆院議員(63)が3日、新潟市で民主党の森裕子参院議員(51)の総決起大会に出席。安倍首相をこき下ろすなど、1時間ノンストップで“真紀子節”をさく裂させた。

 「晋三だか腎臓だか肝臓」と連呼した真紀子氏は、かって首相の家庭教師をしていた平沢勝栄衆院議員が「頭が悪くて勉強が嫌いで口が軽くて。コネでもなんかすれば慶大くらい入れるだろうと思ったら、それもダメだった」と話していたことを暴露。「それを黙らせるために(平沢氏が)副大臣になっている」と皮肉った。

 また自民党をカレーライスに例え「最初はおいしかったが、だんだんしゃっこく(冷たく)なって、肉はミートホープの肉か知らないけど、見るだけでもいやになった。そういう時に新しく天丼が出てきたら、食べてみることだ」と、天丼=民主党支持を訴えた。

 勢い余った“真紀子節”は、民主党へも無差別口撃。「さくらパパ」こと横峯良郎氏について「さくらだかボタンだか、タレントかと思ったら『私はさくらのパパ』だって言うから、『どこのさくらだ』って。民主党も何やってんだって思った」と笑い飛ばした。


「頭が悪くて勉強が嫌いで口が軽くて。コネでもなんかすれば慶大くらい入れるだろうと思ったら、それもダメだった」

今も変わっていない。コネで京王幼稚園 慶應幼稚舎から入ればよかったのにね。それもダメだったのかな。

頭が悪くて勉強が嫌いな奴が、教育再生なんて言わないでください。

 



marichantk at 04:10トラックバック(0)政治教育 

2007年07月03日

<久間防衛相発言>自民党の保坂議員、辞任要求 街頭演説で
 久間章生防衛相が「原爆投下はしょうがない」と発言した問題で、参院選を控えた自民党の保坂三蔵議員(東京)が2日、防衛相の辞任を求めた。被爆体験のある広島選挙区の溝手顕正・国家公安委員長も異議を表明。官邸は火消しに躍起だが、選挙を前に身内から怒りが噴き出した形だ。(毎日新聞)
[記事全文]

そりゃ、選挙に不利になるもんな。

marichantk at 01:32トラックバック(0)政治教育 

2007年07月02日

【こぼれ話】6割が国民としての資格なし?=カナダ調査

(時事通信)
(時事通信)

(時事通信) 2007年7月1日(日)01:12

【オタワ】カナダ国民の半数以上が自国に関する知識に乏しく、市民権を得る試験を受けたとしても不合格―。このほど公表された調査結果でこんな事実が明らかになった。(写真はカナダ国旗を振るモントリオール市民たち) それによると、カナダの歴史、政治、文化、地理に関する21問を出題、このうち12問に正解すれば合格というテストをやってもらったところ、国民の60%が不合格。これに対し、移住者は70%が合格したという。>>続きを読む


ある意味、カナダらしい平和な話題。

逆に言えば、移住者はしっかり勉強してカナダ国民になろうと努力しているということだろう。

移民を積極的に受け入れている、平和的な国、カナダについては、日本でもほとんど知られていないのが残念だが。

 

カナダへ行きたい!
1,500円 / 片岡 れいこ著
世界遺産カナダ編/SVWB-1710
3,990円 / いいなショッピングモール


marichantk at 03:07トラックバック(0)政治教育 
Recent TrackBacks
「勇気を出して、死ね」と申すか? (ぷにっと囲碁!なブログ 〜囲碁とほっぺたが大好きな人の日々のつぶやき。〜)
マスゴミが偉そうに、そこまで言うか
宮崎あおい、純愛“NANA”年!とうとう高岡蒼甫と一途婚 (宮崎あおい、純愛“NANA”年!とうとう高岡蒼甫と一途婚)
国民への愛情?最初からないでしょ
Amazonライブリンク

Amazonライブリンク
TrendMatch
RSS
懸賞・小遣い ちょびリッチ
ブログで報酬稼ぐなら!buzzmo(バズモ)
サンプル・イベント・モニターならBloMotion
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ