2007年08月

2007年08月23日

 
 新華社安徽:写真は、子供を幼稚園に入園させるため、前の晩から泊り込みで受付に並ぶ市民。8月21日、安徽省のある幼稚園の前には早朝から100人以上の列ができた。彼らの目的は、子供の幼稚園入園申し込みをすることだ。幼稚園入園の季節を迎え、この幼稚園では申し込み受付を早くから開始している。住民の多い地域では子供の数が多く幼稚園の受入れ可能人数には限りがあるため、近くの幼稚園に子供を入園させるのが難しくなっている。(提供:新華通信社
記事全文

なぜ、こんなもんがニュースに?
東京の人口の多い区では、私立幼稚園なんて、徹夜で並んで申し込むのが普通だろ。
家は幸い、上の子のときは幼稚園が定員を増やす時期に当たり、下は兄弟枠を使って並ばずに済んだが。
 
もっとも、幼稚園の入園申し込みに徹夜が普通という、東京都某区の現実の方が狂っていると思うが。


marichantk at 03:17トラックバック(0)社会教育 

2007年08月22日

<object width="425" height="350"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/PXwmeVz2vnQ"></param><param name="wmode" value="transparent"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/PXwmeVz2vnQ" type="application/x-shockwave-flash" wmode="transparent" width="425" height="350"></embed></object>

それにしても醜い。署名を求める連中が。

「売国心」に満ちている極右



marichantk at 14:32トラックバック(0)政治教育 

8月15日靖国神社前での、河野談話撤回を求める街頭署名活動の醜態
<OBJECT height=350 width=425><PARAM NAME="movie" VALUE="http://www.youtube.com/v/ba4lEzJIcyM"><PARAM NAME="wmode" VALUE="transparent">
<embed src="http://www.youtube.com/v/ba4lEzJIcyM" type="application/x-shockwave-flash" wmode="transparent" width="425" height="350"></embed></OBJECT>

それにしても、署名を求める連中の言動は醜悪だ。

極右勢力こそ、「売国心」に満ちている。



marichantk at 14:30トラックバック(0)政治教育 

2007年08月21日

Un avion prend feu, sans faire de victime, au Japon

LEMONDE.FR avec AFP et Reuters | 20.08.07 | 08h30  •  Mis à jour le 20.08.07 | 09h21
Le réacteur gauche du Boeing 737 de la compagnie taïwanaise China Airlines aexplosé et pris feu quelques minutes après l'atterrissage. | REUTERS Le réacteur gauche du Boeing 737 de la compagnie taïwanaise China Airlines a explosé et pris feu quelques minutes après l'atterrissage.

REUTERS



marichantk at 03:32トラックバック(0)政治社会 

2007年08月17日

「安倍首相には負の十字架を背負ってもらえばいい」――自民党議員からは、そんな声が上がっているという。

 言うまでもないが、安倍自民党は参院選で大惨敗した。当然、引責辞任すると思ったら、「政権の基本路線は国民の皆さまに理解されている」なんて“妄想”を抱き、続投を決めてしまった。何を言っても辞めそうにない。

 仕方がないから、安倍首相には自民党の負のイメージを一身に背負わせ、衆院選の前に退陣してもらい、新首相の下で選挙に打って出るというシナリオだという。

 自民党議員も“居直り首相”にはホトホト手を焼いている。というか、呆れ果てているのだ。

 実際、小沢一郎が「過半数を選挙で失っても内閣存続というのは非常識だ」と言ったように、ここまで有権者から「ノー」を突きつけられたら、マトモな人間だったら居たたまれない。首相を続けていられないはずだ。最近では、女子高生にまで「KY=空気が読めないヤツ」と小バカにされている。

「『私か小沢代表か』と有権者に二者択一を迫って大敗した。辞めるのが筋なのに、なぜ、首相のイスにしがみつくのか、理解に苦しみます。選挙後の支持率も20%台前半と過去最低を更新、有権者が退陣を望んでいるのは明らかです。それに無理やり続投したところで、国民に支持されず、参院で過半数を割っているようでは政局運営も、肝心の政策も実行できない。しがみついている意味が分かりません」(政治評論家・本澤二郎氏)

 最近は「美しい国」とか「戦後レジームからの脱却」も口にしなくなった。

 安倍首相が取りつかれてきた「5年以内の改憲」も無理だ。居座る理由はどこにもない。

 安倍首相は子供の頃から、「やってはいけない」と言われると、ムキになってやるような歪んだ性格だったらしい。もともと異常な神経の持ち主なのか。この男、やっぱりどこか変だ。

●「ポスト安倍」がいないなら下野せよ!

 こんな男が「民意」を無視して首相に居座っていられるのは、要するに自民党内に「ポスト安倍」がいないからだ。ピカピカの首相候補がいれば、安倍首相はとっくにクビになっている。

 さすがに党内から「安倍退陣」を求める動きが出てきたが、ポスト安倍に名乗りを上げる政治家はゼロだ。これでは安倍首相は余裕しゃくしゃくである。

 しかし、いま日本は難問山積の大変な時代に直面している。この重大な時に、なにもやれない政権がつづくという「政治の空白」は許されない。自民党議員は「安倍首相に負の十字架を背負ってもらう」などと悠長なことを考えている場合じゃないだろう。安倍首相に代わる人材が党内にいないなら、いますぐ民主党に政権を渡すべきだ。

 世論調査でも「民主党中心の政権が望ましい」が、「自民党中心の政権が望ましい」を上回っている。

「自民党は『民主党に政権担当能力があるのか』と攻撃していますが、安倍政権程度の政権担当能力なら十分にあります。実際、過去に政権を担った人材が何人もいるし、安倍首相と小沢代表を比べれば、まだ小沢代表の方がマシでしょう。“死に体”政権が存続して政治空白が生じることを考えたら、民主党にやらせてみる価値はあります」(政治評論家・山口朝雄氏)

●民主党の方が人材豊富で優秀

 なにより、自民党より民主党の方が人材豊富というのは政界の定説だ。なにしろ「ナントカ還元水」の松岡農相、「オンナは産む機械」の柳沢厚労相、「原爆しょうがない」の久間防衛相、さらに「絆創膏」の赤城農相が、自民党を代表する人材だというのだから話にならない。

 赤城大臣より優秀な人材なら、民主党にもゴロゴロいるだろう。

「『当選4〜5回生は民主党の方がはるかに優秀だ』が渡部恒三元副議長の口癖です。確かに民主党の中堅若手は政治経験は浅いが優秀です。パッと浮かぶだけでも、年金問題のスペシャリストである長妻昭(47)に山井和則(45)、耐震偽装で名を上げた馬淵澄夫(46)、将来の首相候補である野田佳彦(50)と古川元久(41)と何人もいる。ベテランがサポートすれば大臣をこなせます」(政治評論家・有馬晴海氏)

 重ねて言っておくが、自民党内に首相が務まる人材がいないなら、潔く民主党にバトンタッチするしかない。心ある自民党議員なら、「民意」を踏みにじる安倍首相に国の舵取りをする資格があるのかないのか、分かるはずだ。

●安倍延命に手を貸す大マスコミ

 安倍首相に引導を渡さずにウダウダやっている自民党議員もまったくどうかしているが、大マスコミだって夏ボケして傍観している場合ではない。

 12日も「麻生幹事長を内定」(読売新聞)とか、「首相 謹慎と勉強の夏」「休み返上、構想練る」(毎日新聞)なんて、相変わらず内閣改造をめぐる政局情報を垂れ流していた。

「そもそも有権者に“ダメ出し”された安倍首相に、人事を語る資格はありません。なのに、大新聞・テレビもそうした矛盾を突っ込まないで、選挙が終わった途端に、改造人事ばかり報じている。これでは安倍続投を既成事実化させるだけ。結果的に安倍政権の延命に手を貸した大マスコミも、同罪ですよ」(本澤二郎氏=前出)

 政治家も大マスコミも“政治のプロ”は永田町しか見ていない。こんなデタラメをいつまでも許していたら、この国は大変なことになる。神奈川大名誉教授の清水嘉治氏(経済学)が言う。

「年金問題にしても格差問題にしても、いま目の前にある危機です。これらの難問を安倍政権には任せられない。有権者はそう判断したのです。民意を汲み取れない安倍首相は、政治家として失格でしょう。即刻、お引き取り願うしかない。政治的な空白が、株安にあえぐ日本経済に与える影響も心配です」

 このまま放っておいたら、親の遺産を受け継いだボンボン政治家に、国民の“遺産”を食い潰される羽目になる。

【2007年8月13日掲載】



ゲンダイネット


marichantk at 01:57トラックバック(0)政治教育 

2007年08月14日



marichantk at 23:47トラックバック(0)政治教育 
marichantk at 17:28トラックバック(0)政治 

2007年08月12日



marichantk at 09:00トラックバック(0)政治教育 

2007年08月11日

marichantk at 01:45トラックバック(0)政治社会 

2007年08月02日

His Excellency Rozen Aso - Taro's Boot Camp

 



marichantk at 23:04トラックバック(0)政治社会 
Recent TrackBacks
「勇気を出して、死ね」と申すか? (ぷにっと囲碁!なブログ 〜囲碁とほっぺたが大好きな人の日々のつぶやき。〜)
マスゴミが偉そうに、そこまで言うか
宮崎あおい、純愛“NANA”年!とうとう高岡蒼甫と一途婚 (宮崎あおい、純愛“NANA”年!とうとう高岡蒼甫と一途婚)
国民への愛情?最初からないでしょ
Amazonライブリンク

Amazonライブリンク
TrendMatch
RSS
懸賞・小遣い ちょびリッチ
ブログで報酬稼ぐなら!buzzmo(バズモ)
サンプル・イベント・モニターならBloMotion
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ