そのダイエットが無謀なの、わかってる?

無謀なダイエットはリバウンドで太るだけです。生理学に従ったダイエット「モデ痩せ」をおすすめ。

日本人女性に向いているダイエット方法

アトキンス式ダイエットって知ってますか?

糖尿病治療の権威?内科のお医者さんでアトキンス博士と言う人が考えたダイエット方法です。

1970年代に考えついた方法だと言うことですが、基本は低炭水化物ダイエットです。

ハリウッド式ダイエットとか、サザンビーチ式ダイエットとか言うあれですよね。


一日の摂取カロリーの中の炭水化物を、20%以下に抑えてしまうと言うのが基本概念です。

(もっと少なかったかもしれないけど聞きかじりでごめんなさい)

そうすることで何が良いかと言うと、食事をしてもインシュリンがなかなか上がらないと言うところが良いことなのだそうです。


インシュリンが上がらないと糖尿病になるんじゃないの?


そう、確かにそうなんです。

インシュリンの分泌量が少ないのが糖尿病なんですね。

インシュリンは血糖値を下げる作用があるのですが、糖尿病の人は食後に血糖が上がっても血糖値が下げられないのが問題です。


だから、食べ物を工夫して血糖値が上がりにくい食事にしようと言うわけです。

おわかりいただけたでしょうか?

カロリーはたんぱく質や脂質で十分にとるけれども、糖質摂取を抑えることで、病気の症状を抑えようと言う方法です。


この方法には思わぬ副作用があることが患者の間で広まり、それが一気に一般化したのが低炭水化物ダイエットです。

糖尿病の人ではなくて、一般の人、特に肥満の人がこの食事方法をとることで効果的に痩せることができることが分かったのですね。

と言うのも、インシュリンには血糖を燃やしてエネルギーに変えたり、血中の脂肪酸を燃やさずに脂肪として脂肪細胞に貯留する作用があったからです。

インシュリン分泌を抑えることでその機能も抑えられるので、逆に脂肪の分解が加速してしまうのですね。

だからアトキンス式ダイエットで痩せる人が続出したのです。


どうしてそんなに流行したかと言うと、アメリカ人にとっては簡単なダイエット方法だったからです。

もともとアメリカ人は肉と野菜さえ食ってればパンはいらない、って人たちで、炭水化物はデザートやスナック菓子で食べていましたから、それをやめるだけでよかったわけです。


でも、問題は私たち日本人です。

私たちの主食はお米ですし、うどんやラーメン、菓子パンも大好きですよね。

そんな私たちが低炭水化物ダイエットのように、脂肪を燃やすダイエットをするにはどうすればいいのか?


⇒ ホルモンバランスを整える東洋医学的手法


実は、基礎代謝のコントロールには食事だけではなくて、ホルモンバランスを整えることが重要なのです。


たとえば冷え症、冷え症の人は生理も乱れがちで、生理前には身体がむくみます。

あれはまさしく基礎代謝が落ちている状態なのです。

それを整えてやるだけで基礎代謝は改善し、体脂肪の燃える体へと変わって行くのです。

ストレスが女をダメにする

ストレスが♪ 地球をダメにする♪

っていう森高千里さんの隠れたヒット曲ご存知ですか?

歌詞を変えてNTTドコモか何かの宣伝で使われていたので音を聴けばご存知の方も多いでしょう。

ストレス解消パンチバッグ

ストレス解消パンチバッグ


ストレスですが、これほどダイエットに影響を及ぼす存在は他にないですよね。

特に自分の思い込みで自分に影響を与えるストレス、これがいちばん怖いです。


たとえば、自分は他の人に比べて太っていると思い込んでいるストレス。

本当はまったく太ってないのにも関わらず、そのせいで過激なダイエットに走ります。

しかも、自分で暴走しているうえに、それを周囲には隠していたりするので、誰も止めることができません。


学校や職場では食べているふりを重ねて、ほどほどに食べてはトイレで吐く。

通信販売で中国製の中身のわからない激やせ薬を買ってそれを飲んで下痢をしてでも痩せる。

前の記事でも書きましたが、神経性食指不振症の一歩手前まで自分を追い込んで続けるダイエット。


そのストレス、ちょっと待ってくださいね。

一呼吸おいて、他人の目になって周りを観察してみましょう。

あなたの周りの人、同じ年代の同性を30人、観察して見てください。

ランダムに選んで、身近な人で観察してみましょう。


あなたが理想と思うボディバランスや体重に達している人がその中にいったい何人いますか?

大部分は理想としているスタイルよりもはるかに太っていると思います。


では、はたしてその方たちは不幸そうですか?

まったくもてていませんか? 

彼氏もご主人もいませんか?


そんなことないと思います。

確かにスリムになることは綺麗に見える一つの要素かもしれませんが、一つの要素でしかありません。

ストレスに騙されないで、冷静に自分の姿を見てみてください。


大事なことは、健康で幸せであること。

そしてその上で綺麗にスリムになれること。

その一つの答えはここにあります。


⇒ ホルモンバランスを整えて基礎代謝を上げることで綺麗にダイエットする方法


ストレスの力を借りてダイエット

下半身のむくみをモデルダイエットで解消する実践ブログ

asiatravelの日記

キーウィアレルギー

体重が減れば綺麗になるという幻想


カーペンターズという兄妹デュオのこと、ご存知ですよね。

イエスタデイ・ワンス・モアとかスーパースターとか、聞いたことのない人はいないんじゃないでしょうか。

70年代にグループなのに、今でも愛されているさわやかで嫌みのない歌声。


そんなさわやかな歌を提供してくれていたボーカルのカレン・カーペンターさん。

彼女は神経性食指不振症でなくなりました。

別名でいうところの拒食症ですね、食べることができない、食べてもはいてしまう、痩せても食欲がわかない。


ダイエットにはたくさんの人が興味を持っています。

特に女性の場合、年代・性別関係なく痩せたいと思っている人の方が多いはずです。

どうして痩せたいのでしょうか?

それは綺麗に見られたいから。

女性だったら、痩せて綺麗に見られたいということは誰しも思うことですよね。


・・・でも、亡くなる前のカレンさんは、はたして綺麗な姿だったでしょうか?



体重が減れば、服のサイズが下がればいいと思うダイエット。

絶食したり、置き換え職でカロリー制限をするダイエット。

それらは体重を減らすことはできますが、美しくなることはできません。


美しい身体とは、女性らしい丸みを持ち、控えめでしっかりした筋肉を持ち、何よりも健康な肌の輝きをもったスリムな女性にこそ認められるものです。

ただ体重を減らすのは痩せて綺麗に見えるのではなくてやつれて病的に見えるだけです。


ちゃんとしっかり栄養を取りながら、でもスリムになる方法を使ってこそ、綺麗なモデルのような体を手にできるのです。


やることは食事を変えるだけ、ほんとにこれで痩せるんです。


真っ赤なトマトでダイエット

アンチエイジングとダイエットの密接な関係

モデルの体型維持方法の実践記録

ウエストサイズストーリー

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ