July 24, 2005

検診と予防接種

今日はニュージーランドでの検診&予防接種の話。
NZでの検診の最大の特徴は
GP(ホームドクター)とPlunket(保健所?)のダブルチェック
で行われるということ。

日本のように集団検診や指定日時などは全くなく
自分で好きなように予約を入れて検診日時を決める事ができます。
そして、なんといっても予防接種の方法が日本とは違います。
ほとんど毎回2本1度に両足にそれぞれ摂取されます
その為か、副作用が日本よりも出やすいような気がします。
うちの子供も予防接種の後は熱が出やすいです。

tannjyou
また、日本が3ヶ月の集団検診でツベルクリン反応後BCGをするのに対し
NZでは生後1ヶ月くらいでBCGの注射を1本します。(これは後が残りました)。




NZで行われる予防接種は下記の通りです。
最初見た時は何かの暗号かと思いました・・・。
また混合ワクチンも日本の3種混合(DPT)などとはちょっと種類が違うようです。


・DTaP-IPV  ジフテリア・破傷風・百日咳・ポリオ
・Hib-HepB B型肝炎、ヘモフィルスインフルエンザB菌
・DTaP/Hep ジフテリア・破傷風・百日咳・ヘモフィルスインフルエンザB菌
・MMR    麻疹・おたふく風邪・風疹 
・MeNZB  Meningococcal B=B型髄膜炎菌性感染症


上記をみてわかるようにNZでは一度にいろいろな種類を
摂取するだけでなく、日本では摂取しない、
B型肝炎ヘモフィルスインフルエンザB菌、おたふく風邪,B型髄膜炎菌性感染症などが含まれています。
ヘモフィルスインフルエンザB菌
名前にインフルエンザという言葉か入っている為に
よく冬に流行るウイルス性インフルエンザと誤解されがちですが、
これは細菌性インフルエンザ菌で特に6歳以下の集団生活内の
小児に脳膜炎や髄膜炎を起こしやすい病原菌です。



one tree hill

また、海外で検診を受ける際、役立つ本をご紹介しておきます。
一番有名な本はノーラ・コーリさんの本
海外で安心して子育てをする本
海外で心配な病気や予防接種の英語の表現や種類、
また色々な方の体験談などさまざまな国にわたってかかれています。



NZでの検診と予防接種の予定

誕生        初産で2泊3日 経産婦は1泊2日(産んだその日の退院も可)
          6週間目の検診までは担当助産婦のスケジュールによる検診

1ヶ月        約1ヶ月後にBCGナースによるBCG

1ヶ月半       GPにて検診・予防摂取(2本)・DTaP-IPV Hib-HepB  
(6週目)      Plunketナースによる自宅訪問検診

3ヶ月        GPにて検診・予防摂取(2本)・DTaP-IPV Hib-HepB          
           Plunketナースによる自宅訪問検診

5ヶ月        GPにて検診・予防摂取(2本)・DTaP-IPV HepB  
           Plunket診療所での検診
           (ローカルの歯科への申し込みをしてくれます。
            こちらの歯科検診及び診療は日本と随分違うので後日書き
            ます。)


6ヶ月〜9ヶ月     GPの5ヶ月検診時予防接種より
            4週間以上後からMeNZB
            6週おきに3回摂取

9ヶ月         GP・Plunketともに検診のみ

15ヶ月        GPにて検診・予防摂取(2本)・DTaP/HepB MMR  
            Plunket診療所での検診

2才          GP・Plunketともに検診のみ
3才          GP・Plunketともに検診のみ

4才          GPにて検診・予防摂取(2本)・DTaP/HepB MMR  

5才          GP・Plunketともに検診のみ

役に立った方も、そうでない方(でも良く書いたねと思ってくださる方)
クリック お願いします。






marie827 at 20:03│Comments(11)TrackBack(1) NZ子育て | 予防接種・定期健診

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 予防接種(1回目)  [ ニュージーランド子育てあいうえお ]   November 10, 2005 18:21
予防接種に行ってきた。どうしようかと悩み、検討していたのだけれど、結局、実行したのは、 ・遅めにする。 ・選んでする。 ということである。 (以下、錯綜し、喧喧諤諤(けんけんがくがく)の論議がなされている中で私個人が情報を選び、決定した詳細です。予防接種...

この記事へのコメント

1. Posted by mie   July 26, 2005 01:54
う〜〜ん、暗号だらけだ(笑)
うちの子は既に日本で殆どの主要な予防接種は済ませてきたので、シンガの予防接種事情には疎いですが、
やはり日本とは結構違うようですね。
また、日本も年々変化してるようで、地域にもよるのかもしれませんが、ツベルクリン注射はなくなったそうですよ。(これからなくなるのかな?)
日本脳炎も打たなくてよくなったみたいだし。
刻々と変化していくんですねー。
2. Posted by marie   July 26, 2005 12:56
日本でもツベルクリン反応なくなるんですか!
日本脳炎も打たなくてよいというのは
この間、どこかで読みました。
予防接種も本当に変わりますね。
NZは昨年から髄膜炎が加わりましたし・・・。
3. Posted by sato   July 26, 2005 19:01
うちは予防接種ほとんど日本で済ませました。
でも日本ではしてないもの、こちらでちゃんとしたほうがいいのかなぁ?
え、こっちは両足に注射するの?!知らなかったゎ。
それと、出産後の入院期間すごく短いけど、体は平気なのー?無痛だから平気なのかな。
わたしは7日入院してもまだまだしんどかった…。
4. Posted by marie   July 27, 2005 11:39
>satoさん
出産後の入院は基本的に無料だからね、長くはいれないのかな?
でも、無痛だと本当に体力使わないし後が楽だったよ。
2人目の時は夜の11時に産んで翌日の午前中に退院したので12時間しか病院にはいなかったけど
出産時間が短かったせいか、問題なかったの。
しかも、家の方が美味しいご飯食べれるし♪
こちらは出産は病気じゃないからって考えみたい。
予防接種はさすがに私もびっくりだったけどね、
両足2本同時は・・・、ちょっと可愛そうだよね。
予防接種も無料だし、小学校に上がるときに
予防接種の証明書が必要になるから
GPに相談してみたら良いかもね☆ミ
5. Posted by rinhaha   July 27, 2005 20:54
ノーラ・コーリさんの本、私も日本から持ってきました♪
でも困ったときにちゃんと見ればいいかと思って、ざっとしか読んでないんですが・・・(笑)。
アメリカについて等ならあふれていそうだけれど、日本で手に入るNZの生活情報っていろいろ探しても意外に少ないですよね。
こちらに来てからほんと百聞は一見に如かずだな〜、と思いました。
6. Posted by marie   July 28, 2005 13:30
>rinhahaさん
日本では本当にNZはマイナーな国ですからね(笑)。
未だに日本の友達にコアラとかカンガルーとか近くに
いるの?とか聞かれます!
海外に暮らすと日本の海外=アメリカ
みたいな感覚を本当に痛感しますよね・・・。
頑張ってブログでNZの良さを発信しましょう!!!
7. Posted by うずめ   November 10, 2005 18:51
marieさん、

 こんにちは! またトラックバックさせていただきました。アロハもとうとう予防接種しましたよ〜。それではまた!
8. Posted by marie   November 10, 2005 21:01
TBありがとうございますー!!!
アロハちゃんも、大きくなりましたね♪
9. Posted by かのん   February 10, 2006 12:29
海外で安心して子育てをする本 私も持ってるーー、と思ったら、私のは、海外で安心して赤ちゃんを産む本だった。ちょっと違った、、!
まだ未使用なのが悲しい、、。
出産、育児に参考になりそうなブログなので、またおじゃましまーーす。
10. Posted by かのん&クッキー   February 10, 2006 15:53
さっきコメントしたばかりですが、、
以前から、かのんさんという人がコメントしているようですが、今日はじめてこのサイトを見つけたので、以前の人とは別人です。
紛らわしいので、今回は、かのん&クッキーという、名前にしてみました。
11. Posted by marie   February 11, 2006 17:03
>かのん&クッキーさん

2度もコメントしていただいてありがとうございます。
海外で安心して赤ちゃんを産む本も
私も持っていてお世話になりました。
ぜひぜひ、また、いらしてくださいませー。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔