2022年07月30日

レポートの作法(ときどき更新)

・文章の始めは半角ではなく全角空ける。Wordはうっかりしていると半角になりますので、気をつけてください。
・( )も全角にする。こちらもボーッとしていると半角になりますよ。
・句点は( )のあと。
・過去形にしない。読者を自説に導くため。
・体言止めにしない。ポエムじゃないんだから。
・〜だ。は400字×50枚の卒業論文の最後に一回使うと効果的。あとは使わない。〜である。にする。
・〜と考える。考察する。→考えられる。考察することができる。
・語尾は他に、考えられよう。解釈することができる。考えられるばかりになるときは、推定、推察、推測などを使う。
・思う。思われる。はレポートではNGワードです。感想文じゃないんだから。
・ワンセンテンスのなかに能動態と受動態が混ざらないようにする。

・次は〜である。次は〜だが、次に〜についてである。は正しい文章ではありません。次は〜について見てみよう。次に〜について説明しよう。ですね。
・引用文は「 」でくくる。「 」で終わらせない。「 」である。「 」と述べられている。「 」と論じられている。「 」と指摘されている。自分のことばで補う。
・「 」のなかの最後の句点はトル。
・本文に出てくる人名は、初回はフルネーム、2回目からは苗字だけでも可。ただし、同じ苗字の人がいたらフルネーム。歴史上の人物名の場合、2回目以降は苗字を省略する。初回は藤原道長、2回目以降は道長。

・分る× これは分けるという漢字です。わかったというのは漢字で書くと判る。最近ではひらがなで書いていますけどね。
・座る× すわるという動作をあらわすときは坐る。座は座布団、座椅子など、坐る物をあらわす漢字。坐像、立像、台座って言うでしょ。
・通り× 大通り、裏通りなどの道のこと。誰々の言うとおりのとおりは平仮名で書きます。
・〜するも× →〜するものの。
・〜の様に× →〜のように。
・〜する所× →〜するところ。
・〜となる× →〜になる。
・〜へ× →〜に。
・目線× →視線。
・真ん中× →中央。
・真逆× →正反対。

・欲って言うけど、何の欲?食欲ですか?性欲ですか?
・しっかりって何?具体的に書いてください。
・最近使われなくなった漢字。達、事、為、何故、更に、有る、無し、居る、出来る。
・人々→人びとと書きますね。子供→子どもも同じ。
・著色→着色。最近では着色と書きます。
・お寺→寺院。
・邸は建物だけ、屋敷は庭を含む一角を指します。
・絵は鑑賞、演劇は観賞。
・寸法にはトンボの十は使わない。
・人数は、定員がある場合は名、定員がない場合は人を使う。

mariko1961 at 00:00|PermalinkComments(0)│ │lecture 

2022年07月29日

Zoomの入り方、メールの書き方

Zoomの入り方
1、個人用Gmailをログアウトして、恵泉メールを立ちあげておく。
2、入室前に、Zoomのマイプロフィールを学籍番号+氏名にしておく。
3、Zoomにサインインしてから、参加をクリックする。ここで名前を書き換えることも可能。
4、IDとPWを入力して、ビデオとマイクをオンにして入室する。
5、マイクが繋がったら、挨拶する(マイクの調子が悪かったら、チャットで挨拶してね)。
6、ミーティングルームのIDとパスコードは、受講生以外の学生には教えない。

メールの書き方
1、個人用Gmailではなく、恵泉メールから送信する。
2、件名は、授業科目名がわかるようにする。
3、本文は、最初に宛名を書いて、1行空けて用件を書いて、1行空けて自分の名前を書く。
4、教員から返事をもらったら、必ず返信する。自分を最後にする。
5、返信するときは、件名を書き換えたり、別スレッドを立てたりせず、前のメールに返信するかたちをとる。教員のスレッドを増やさない(収拾がつかなくなるのよ)。ひとり1スレッドにする。

mariko1961 at 00:00|PermalinkComments(0)│ │lecture 

2022年07月28日

卒業論文題目一覧

 卒業論文の題目一覧です。*印は『恵泉アカデミア』掲載。続きを読む

mariko1961 at 00:00|PermalinkComments(0)│ │lecture 

2022年07月27日

ゼミ発表題目一覧

 3年秋ゼミ発表題目一覧です。続きを読む

mariko1961 at 00:00|PermalinkComments(0)│ │lecture 

2022年06月24日

人工知能学会論文賞受賞

2021年度論文賞賞牌01 6月22日、『人工知能学会論文誌』第36巻第6号に掲載された論文(稲本万里子・加藤拓也・小長谷明彦「深層学習による「幻の源氏物語絵巻」の流派推定に関する考察―AI技術による「絵師の流派」概念の再構築―」)が人工知能学会より2021年度論文賞を授与されました。


2021年度論文賞賞牌02 研究者ごとに諸説があり、絵師の流派が特定できない幻の「源氏物語絵巻」に対して、2017年から深層学習による流派推定の研究をおこなってきました。田口先生のスライドを元にした学習データを覚えさせ、バリデーションデータを当てることができるまで、狩野派の学習データを増やしたり、さまざまな学習モデルを試したりと、試行錯誤を続け、2020年にようやく得られた結論は、どの流派に似ているか推定する流派別モデルよりも、どの作品に似ているか推定する作品別モデルのほうが精度が高く、幻の「源氏物語絵巻」に近似する作品は狩野山楽筆「車争い図屏風」である、というものでした(まさかの山楽!)。また、作品別モデルのほうが精度が高いことから、流派の概念についての再考を促すものにもなりました(この続きは紀要論文に書きました)。

 人工知能学会論文賞選定委員会からは、AIと美術史研究者の共創という重要な課題に取り組み、成果を出したこと、美術史研究における未解決問題に対し、AIがひとつの学説を提示したことが文理融合の実践例として評価され、受賞の運びとなりました。長い道程でしたが、今までご協力いただきましたすべての方に感謝の意を捧げます。ありがとうございました。

mariko1961 at 00:00|PermalinkComments(0)│ │genji culture 

2022年06月23日

ゼミ発表8週目 2年生

 2年ゼミの4回目の発表は、口臭の女。

はじめに

一、口臭の女の詞書
詞書
現代語訳

二、口臭の女の絵
・衣の色や文様まで記述してくださって、よかったです。

三、口臭の女の詞書と絵の比較・考察
・言い回しを少し直しましたが、基本的にはOKです。
・画面の外にいる男の視点で描かれている、という指摘が面白かったです。

おわりに



参考文献
参考図版

 何だかほとんど直すところがなかったですね。発表はgood、あとはレポートを完成させて、宿題を提出してください。

mariko1961 at 00:00|PermalinkComments(0)│ │lecture 

2022年06月22日

ゼミ発表8週目 3年生

 3年ゼミの6回目の発表は、東屋第一段について。

はじめに

一、東屋巻の物語
物語本文
・引用文は二字下げ。

現代語訳
・同じく、引用文は二字下げ。

二、東屋第一段の絵
画面の記述
・衣の色や文様についても記述してください。
・身分差があるというのは解釈なので、特徴ある表現に回してください。

物語と絵の相違点
・質疑応答の時間に指摘してもらったように、女房はひとりずつ書いてください。

特徴ある表現
・箇条書きのところは、レポートでは文章にしてください。
・私の論文の引用が間違っていますよ。女房とよく似た浮舟の身分をあらわしている、です。

三、東屋第一段の情景選択
・やっと「源氏絵帖別場面一覧」が入りましたね。後世の源氏絵には右近がいないというのは新発見でした。中君もいないですよね。つまり浮舟が主人公になっているのです。
・それに対して、徳川・五島本では、二人が主体だという指摘は面白かったです。

おわりに


・同じ文献をもう一度註に引くときは、どのように書きますか?レポートの作法を読んでください。

参考文献


・キャプションは、横書き、左詰、筆者名「作品名」場面 所蔵者の順に書きます。

 情景選択のところは面白かったですよ。右近がいないことによく気がつきましたね。でも、せっかく面白い指摘をしたのに、書式がぐずぐずだったので、あらばかり目立って、面白さが伝わりませんでしたね。まずは、レポートの作法をよく読んで、アカデミック・ライティングの手法を身につけてください。

mariko1961 at 00:00|PermalinkComments(0)│ │lecture 

2022年06月16日

ゼミ発表7週目 2年生

 2年ゼミの3回目の発表は、眼病の治療から。

はじめに

一、眼病の治療の詞書
詞書
・濁点が残ってしまいましたね。
・くの字点はよく出てきましたね。

現代語訳

二、眼病の治療の絵
・( )は全角にします。以下同じ。

三、眼病の治療の詞書と絵の比較・考察
・医者を呼びいれた家主は画面の外からようすを見ている、という指摘は面白かったです。
・分かる→わかる、事→こと、欲→欲望、考察する→考察することができる。レポートの作法に書いてあります。

おわりに


・URLの前が広がってしまう場合は、URLの前を改行するといいですよ。

参考文献
・註と参考文献のあいだは一行空けます。

 加須屋さんの論文のなかでは、眼病の治療の場面はどのように論じられているのでしょうか。もう文章になっていますので、加須屋論文を参照して、自分の意見を述べてください。


 ふたりめは、歯槽膿漏の男。

はじめに

一、歯槽膿漏の男の詞書
詞書
現代語訳

二、歯槽膿漏の男の絵
・レポートでは、文章にしてください。

三、歯槽膿漏の男の詞書と絵の比較・考察
・レポートでは、文章にしてください。
・たんに庶民階級ではなく、裕福な庶民ですね。
・「病草紙」のなかには、貴族階級の男性も描かれています。

おわりに


・○○氏によれば、貴族階級の男性は描かれていないと述べられているが、嗜眠癖の男の場面には貴族階級の男性が描かれていると説明してから、文献を書いてください。

参考文献
参考図版

 淡々と発表してくださいましたが、過不足なくまとまっていてよかったです。あとは、箇条書きのところを文章にしてください。

mariko1961 at 00:00|PermalinkComments(0)│ │lecture 

2022年06月15日

ゼミ発表7週目 3年生

 3年ゼミの5回目の発表は、宿木第一段について。

はじめに
・絵注文主ではなく、絵巻の注文主です。以下同じ。

一、宿木巻の物語
物語本文
・引用文は二字下げ。Wordは放っておくと半角になってしまうので、気をつけてください。以下同じ。

現代語訳

二、宿木第一段の絵
画面の記述
・最初に朝餉の間と言わないで、物語では女二の宮が暮らす藤壺であるが、絵では、大床子、火取、打乱筥などが描かれていることから、朝餉の間と言われてきたと説明してください。
・帝、薫、ふたりの女房の衣の色と文様についても、記述してください。

物語と絵の相違点
・蔵人が登場しないので、物語の前半部分が絵画化されていないことがわかり、菊の枝が出てこないので、物語の後半部分が絵画化されていないことがわかるのですね。ここはOKです。
・引用文は「 」に入れて、自分の意見と分けます。引用文が多すぎると、レポートを水増ししたように思われてしまうので、○○氏によれば、と自分のことばでまとめて註をつけるといいでしょう。
・読者ではなく、観者です。

特徴ある表現
・「不十分な観察者」「全てを見てはいけない解釈者」は佐野さんの論文からの引用です。註を直してください。
・次に〜である。は正しい日本語ではありません。

三、宿木第一段の情景選択
・なぜ、薫が菊の枝を折る場面が描かれなかったのでしょうか。
・ここも、どこからどこまでが引用文なのか、わかりにくいですね。自分のことばでまとめてください。
・宿木第一段が男性による男性の支配、宿木第二段が男性による女性の支配、それに抵抗しているのが宿木第三段でしたよね。宿木第一段から男性による女性の支配には飛べませんよ。
・質疑応答の時間に指摘してもらったように、男性が支配できるかどうかは、後見の違いもありますね。宿木第二段の六君は夕霧という後見がいるのに対し、宿木第三段の中の君には薫以外に後見がいないのですよね。

おわりに
・過去形にしない。
・おわりには、物語と絵の相違点から導き出したこと、特徴ある表現から導き出したこと、情景選択から導き出したことのまとめになります。
・質疑応答の時間に指摘してもらったように、最後、注文主の話か絵師の話か、わからなくなっていましたね。注文主で統一したほうがわかりやすいのでは?


・註の番号がずれています。
・十月にするか一〇月にするか、統一してください。以下同じ。

参考文献
・註に入れた文献は、すべて参考文献に入れます。

 男性による女性の支配と抵抗を論じるのであれば、宿木第二段、宿木第三段の情景選択についても検討する必要があります。案外理屈っぽいことがわかりましたので、論理にからめとられないようにしてください。

mariko1961 at 00:00|PermalinkComments(0)│ │lecture 

2022年06月08日

ゼミ発表6週目 3年生

 3年ゼミの4回目の発表は、竹河第二段について。

はじめに

一、竹河巻の物語
物語本文
現代語訳

二、竹河第二段の絵
画面の記述
・レポートでは文章にしてください。
・( )は全角にしてください。
・あとあと問題になるモチーフ(蔵人少将かな?)は、特に詳しく記述してください。

物語と絵の相違点
・女房の欄がなかったですね。加えてください。
・レポートでは、表は本文、註、参考文献、資料のあとになります。表がなくてもわかるように、ことばで説明してください。

特徴ある表現
・レポートでは、図は本文、註、参考文献、資料、表のあとになります。図がなくてもわかるように、ことばで説明してください。
・桜の特徴についても説明してください。老木を若木として描いたのはなぜでしょうか。
・女房を増やしたのはなぜでしょうか。

三、竹河第二段の情景選択
・「源氏絵帖別場面一覧」を見て、後世の源氏絵ではどの場面が選択されているのか述べてください。
・そのうえで、なぜ蔵人少将の垣間見の場面が選ばれたのか、なぜ蔵人少将の位置が違っているのか、自説を述べます。
・考える。→考えられる。レポートの作法を見てください。

おわりに
・過去形にしない。
・ナチュラルにとは?


・おわりにと註のあいだは2行空ける。

参考文献
・註に入れた文献は、参考文献に入れる。
・刊行順に。


・キャプションは左詰め。ゼミ・レポートの書き方を見てください。

 結論は面白かったけど、途中経過がなってないですねぇ。面白い結論を活かすためには、論証過程が必要です。物語と絵の相違点から蔵人少将の位置が違うことを指摘して、特徴ある表現のところで具体的に位置を確認して、情景選択のところでなぜ蔵人少将の垣間見の場面が選ばれたのか、なぜ蔵人少将の位置が違っているのか考察して、そこでやっと結論を導き出すことができるのです。ゼミ・レポートの書き方と、レポートの作法と、発表資料のフォーマットを熟読して、論証過程を整えてください。

mariko1961 at 00:00|PermalinkComments(0)│ │lecture