2017年02月18日

新4年ゼミ春学期発表日とテーマ

春学期の発表日と発表テーマは、以下のとおりです。

4/13 ガイダンス
4/20 『あさきゆめみし』
4/27 「平治物語絵巻」
5/  展覧会見学、3年ゼミ生歓迎会
5/ 4 休校
5/11 『喜能会之故真通』
5/18 ハーヴァード本「源氏物語画帖」
5/25 『エバー・アフター』
6/ 1 『スノーホワイト』、仮題目添削
6/ 8 相談日
6/15 相談日
6/22 相談日
6/29 相談日
7/ 6 相談日
7/13 春学期レポート添削
7/20 春学期レポート提出
7/27 予備日
7/  春学期打ち上げ

mariko1961 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)lecture 

2017年02月17日

3年ゼミレポート講評

 秋学期のテーマは比較。原作との比較、他の作品との比較。何のために比較をするのかといえば、取りあげた作品の特徴を明らかにするためです。ここで明らかになった特徴を、来年度の春学期にジェンダーかクラスかレイスかセクシュアリティの視点から分析するのです。今のうちに特徴を掴んでおかないと、問題点が曖昧なまま、卒論まで至らないのですよね。どうしましょうねぇ。

14JL009 「映画『スノーホワイト』と『白雪姫』」
 書式を直してから提出しろと言いたいですねぇ。英数字は半角で。目線は禁止。エリックとウィリアムとどちらが猟師?ごちゃごちゃになっていますよ。肝心の比較の部分は箇条書きですね。『スノーホワイト』が『白雪姫』と最も違うところはどこでしょうか。
 特講のほうは、レポートのはじめに書くことは?ジェンダー分析は、あなたの推測ではなく、映画がどのように作りあげられているのか、分析・考察するのですよ。最終的に卒論にしなければならないのですから、春学期はもっと時間をかけてください。
  
14JL010 「土佐光信筆「源氏物語画帖」について」
 場面比定をもう一度検討し直さないといけませんね。そのうえで、珍しい場面を選び出し、どのような順番で論じていくのか考えましょう。特講のほうは、須磨の場面比定が違っていますよ。玉鬘からは何が読み取れるの?

14JL016 「「平治物語絵巻」について―三条殿夜討巻を中心として―」
 ケアレスミスが多いですねぇ。ディスクリプションは、途中で力尽きちゃったのかな?肝心の夜討の画面をもっと記述してください。第二章第三節は、情景選択になっていないですね。なぜ夜討のシーンが選ばれたのか、注文主は燃えあがる炎が見たかったのか、殺戮シーンが見たかったのか、考えてみてください。
 特講のほうは、クラスはわかるんだけど、セクシュアリティの視点からの分析はどこ?忙しいのはわかりますが、まぁちょっと落ち着いて考えてみましょう。信西巻と六波羅行幸巻も取りあげなければ。

14JL021 「「蛸と海女」の書入れ詞と絵の比較と考察」
 書入れ詞と絵が相互補完的な関係になっていたので、違う絵師の描いた同じテーマの作品と比較するという、極めて美術史的なレポートになりましたね。ゼミのほうはよかったのですが、特講のほうは、ところどころ文章が意味不明。たぶん説明が足らないのでしょう。他の絵との違いは、発表の際に出た「蛸を楽しんでいる」からなのでは?次は「蛸と海女」以外の絵を取りあげますか?北斎と弟子の違いも気になるところです。

14JL042 「『シンデレラ』─アシェンプテン、サンドリヨン、シンデレラ、エバー・アフターの4作品を比較して─」
 考察のところは文章化しましょう。特講のほうは、推測や感想ではなく、映画がどのように作りあげられているのか、分析・考察するのですよ。クラスの視点は面白いので、疋田さんと黒木さんのアカデミアの論文を読んで、映画の分析方法を学んでください。

14JL058 「『あさきゆめみし』における浮舟の人物造形―『源氏物語』東屋巻から見る浮舟像―」
 内容も結論もOKですが、場面の説明のところに箇条書きが残っていますよ。見直ししました?特講のほうはgoodでした。読者の価値観に添うところと受け入れがたいところ。このあたりを軸に浮舟巻を分析・考察してください。

mariko1961 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)lecture 

2017年02月16日

日本語日本文化基礎演習供.譽檗璽蛤療牲覯

2年ゼミの優秀レポートは、以下の2人でした。

15JL008 「「鳥獣人物戯画」について─復原A巻と復原B巻─」
卒論並みのディスクリプションでしたね。他の動物も比べてみたら、辻説になったのね。発表のときに長いディスクリプションに見合う図版を用意したらよかったんだけどなぁ。

15JL033 「「阿弥陀二十五菩薩来迎図」について―スピード感の違い─」
ディスクリプションをして、「阿弥陀聖衆来迎図」と比較して、早来迎の特徴を導き出して、と模範的なレポートでした。おわりにがgood

惜しかったのは、以下の1人。
15JL007 「「富嶽三十六景」について─凱風快晴を中心に山下白雨と比較─」
ディスクリプションも比較もOKなんだけど、ケアレスミス多し。惜しい。

mariko1961 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)lecture 

2017年02月15日

日本美術史特講供.譽檗璽蛤療牲覯

3年講義科目の優秀レポートは、以下の2人でした。

14HC033 「中原淳一の描く少女絵─ジェンダーの視点から─」
goodでした。「中原の「イメージ」を欲望し、それを見て快楽を感じる」あたりをもっと突っ込んでもらいたかったです。

14JL058 「『あさきゆめみし』における浮舟の人物造形─セクシュアリティの視点から─」
浮舟が拒否しないことによって、匂宮を悪者にしないようにしているのね。今回は変換ミスがありませんでしたよ。

惜しかったのは、以下の2人。
13HC015 「世界に受け入れられる『君の名は。』─田舎の巫女というキャラクター─」
ところどころミスがあるものの、「文化」と「自然」と男性性と女性性の関係が面白かったです。だから世界に受け入れられたと。

14JL011 「「悲母観音図」に描かれた観音と嬰児からみるテーマ」
母性愛ではなく人間愛だと結論づけたのはいいんだけど、その根拠が弱かったですね。菩薩はもともとインドの王族男性がモデルだしねぇ。

mariko1961 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)lecture 

2017年02月14日

日本のヴィジュアル・イメージ供〆療牲覯

スライドテスト80点以上の上位6人/29人中は、以下のとおり。
14JL012  95点
15JL008  90点
15JL011  80点
15JL020  90点
15JL029  90点
15JL048  85点
平均点は、2014年度が61.0点、2016年度が57.3点。

課題がよかった人は、以下のとおり。
15JL011  こんな完璧な作品解説は初めてでした。

mariko1961 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)lecture 

2017年02月13日

日本美術史供〆療牲覯

スライドテスト80点以上の上位5人/37人中は、以下のとおり。
14JL050  86点
15HC016  84点
15JL011  92点
15JL033  92点
15JL048  91点

平均点は、2006年度が44.2点、2008年度が43.1点、2010年度が37.0点、2011年度が48.1点、2012年度が66.0点、2014年度が53.1点、2016年度が48.1点、90点台が3人もいたのに、平均点が低かったなぁ。

課題は、今年も展覧会レポートか展覧会チラシか、どちらかを選択。
展覧会チラシがよかった人は、以下のとおり。
14HC023 「吉田博」 印刷が綺麗で本物のチラシみたい。すばらしい!  
14HC027 「浮世絵」 印刷が綺麗で本物のチラシみたいなんだけど、裏面の文字が読みにくいのが惜しかった。
14JL002 「植物と猫展」 見どころを書いてもらいたかった。宇曾八美術館には笑ったw
14JL021 「見つめる瞳」 デザインも配色もフォントもgood
15HC016 「吉祥画」 ぱっと目を引くデザインはよかったんだけど、裏面の文字が読みにくいのが惜しかった。

展覧会レポートがよかった人は、以下のとおり。
15HC014 「本のなかの江戸美術展を見て─江戸時代の浮世絵版画─」
陳列方法の問題点を図入りで説明したところがよかったです。
15JL011 「革新の工芸展を見て─作品リストと展示の順番─」
作品リストと展示の順番ってどこでも違っているんですよね。事情があることはわかるんだけど、おかしいと思わないのかしらね。
15JL048 「鎌倉meet東大寺を見て─特別展として成功していない展覧会?─」
4つの問題点を指摘し、それらの改善策を提案。納得のレポートでした。

mariko1961 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)lecture 

2017年01月31日

法政大学 採点結果

法政大学の美術史(日本)Bの採点結果です。
2008年度は、97人中80点以上が14人、平均点58.2点、満点が2人。
2010年度は、118人中80点以上が20人、平均点56.2点、満点はなし。、
2012年度は、103人中80点以上が15人、平均点52.5点、満点が1人。
2014年度は、86人中80点以上が33人、平均点67.8点、満点が2人。
2016年度は、54人中80点以上が17人、平均点62.6点、満点が1人。
春学期ほどじゃないけれど、下がっちゃいましたねぇ。

文学部日本文学科3年F組14B1105   92点
文学部日本文学科3年F組14B1131   82点
文学部日本文学科3年I組14B1415   86点
文学部日本文学科3年I組14B1419  100点
文学部日本文学科3年I組14B1420   88点
文学部日本文学科4年E組13B1011   89点
文学部日本文学科4年E組13B1037   82点
文学部日本文学科4年G組12B1215   88点
文学部日本文学科4年G組13B1308   92点
文学部日本文学科4年H組13B1336   84点
文学部史学科3年P組14B3032   82点
文学部史学科3年Q組14B3101   80点
文学部史学科3年Q組14B3111   80点
文学部史学科3年Q組14B3133   91点
文学部史学科3年Q組14B3136   88点
文学部史学科3年R組13B3218   80点
文学部史学科4年P組13B3011   84点

90点以上はA+、80点台後半でもコメントペーパー点20点満点中17点以上でA+です。

mariko1961 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)lecture 

2017年01月01日

謹賀新年

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 昨年は、夏休み以降、仕事をし過ぎて、11月末に1週間も寝込むという為体でしたので、今年は余裕をもっていきたいと思っています。とはいえ、昨年の業績は、論文1本にコラム1本と微々たるもの。あんなに頑張ったのに、すぐには成果が出ないのがツラいところ。まぁ、論文が出なかった昨年、一昨年に比べればマシなほうですが。

 今年は、紀要の論文と災害史の論文が出る予定。幻の「源氏物語絵巻」の論文集はもう出ないのでしょうか。源氏絵の本は今年中に出るといいなぁ。それから何と言っても科研がどうなるか。採択されてもされなくても、研究会は開催しますが。源氏絵データベースのお披露目もしなくては。卒論と修論の審査と、試験の採点とレポートの添削地獄から抜け出したら何をやるか。

・今まで書いてきた源氏絵の論文をまとめる。
・源氏絵データベースに残りの画像をアップする。源氏絵データベースのお披露目。源氏絵データベース研究会開催。
・脂肪を落として筋肉をつける。身体を元に戻さなくては。

mariko1961 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)others 

2016年12月27日

日本美術史特講供.譽檗璽箸僚颪方

レポートの題目は、新しい美術史の方法(ジェンダー・クラス・レイス・セクシュアリティ)を使って、日本の視覚表象(ヴィジュアル・イメージ)を分析しなさい。

はじめに
・取りあげる作品の簡単な紹介。なぜその作品を選んだのか、その理由。その作品をどのような方法で論じるのか、分析方法。分析することによって、何を明らかにするのか、問題提起。この答えがおわりににきます。

一、○○○の概要
・取りあげたヴィジュアル・イメージがどのようなものなのか説明してください。

二、×××の場面の記述
・取りあげたヴィジュアル・イメージのなかから1場面を選んで、ディスクリプションをしてください。ディスクリプションについては、日本美術史特講気亮業で練習したとおりです。ゼミ生は、3場面ぐらい選んでください。

三、×××の場面の分析・考察
・二で記述した場面をジェンダーかクラス、レイス、セクシュアリティの視点から分析し、取りあげたヴィジュアル・イメージについて考察します。今までとは違う新しい見方を提示してください。

おわりに



参考文献





mariko1961 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)lecture 

2016年12月26日

3年ゼミレポートの構成

学期末レポートは、2回の発表内容をまとめて(もちろん、blogで指摘された部分を直して、足りない分は増補して)ください。

はじめに
・はじめにに書くことはわかっていますよね。

第一章 ○○○の概要と研究史
・秋学期1回目の発表内容をまとめます。

第一節 ○○○の概要

第二節 ○○○の研究史と問題点
・先行研究を集めるのは、今までに誰もやっていないことを見つけるためです(誰もやっていないから自分がやるという展開になります)。そのためには、先行研究をすべて集めなければならないですよね。え?夏休みに集めなかった?それは困りましたねぇ。春休みに集めてください。

第二章 ○○○と○○○の比較・考察
・秋学期2回目の発表内容をまとめます。この章の目的は、原作とヴィジュアル・イメージを比較することで、ヴィジュアル・イメージの特徴を明らかにすることです。章立ては、blogの講評に従ってください。

おわりに
・はじめにで提起した問題の答えがおわりにになります。



参考文献





・横書きの人は、1、1-1、1-2、2とします。
・映画を扱う人は、疋田さんの論文を必ず読んで、参考にしてください。
・註、参考文献、図のキャプションの書き方を間違えないように。いくらなんでも、ゼミ生なんだから。
・そこの論客たちは、変換ミスに気をつけてください。
・第三章は、日本美術史特講兇離譽檗璽箸鬚發箸法淵譽檗璽箸鯀補して)、4年春学期に発表してください。

mariko1961 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)lecture