音楽をめぐって思い浮かんだ雑感、音楽研究活動のご案内、震災復興支援に関する情報などを掲載します。
http://mariyama.jimdo.com/

公開講座「グスタフ・マーラーの音楽世界(2)~《角笛》の時代~」へのお誘い

本年5月からマーラーの作品とその周辺を探る講座を、聖徳大学オープン・アカデミー(SOA)で開講しています。第Ⅰ期全5回は初期から交響曲第2番「復活」までを扱いました。

来週10月11日(水)から第Ⅱ期全3回の講座が始まります。
今回の目玉は、第3回の12月6日(水)に、バリトン宮本益光、ピアノ大野真由子の両先生による生演奏があることです!

「グスタフ・マーラーの音楽世界(2)~《角笛》の時代~」

マーラー講座第2期

日時:10月11日、11月8日、12月6日 各水曜日 13:00~14:25
場所:聖徳大学1号館 香順メディアホール

*内容について、以下パンフレットより。

アルニムとブレンターノが編纂した民謡テキスト集『少年の魔法の角笛』とマーラーの作品の関係に絞って扱います。声楽付きの交響曲にマーラーは何を求めたのか、そこから私たちは何を聞き取ればよいのか、マーラー独自の仕掛けとは――。第3回は生演奏付き。宮本益光先生が若きマーラーの歌曲を選んで、ピアノの大野真由子先生と一緒に演奏します。もちろん第Ⅱ期からの受講も大歓迎です。

第1回 交響曲第3番は何を語るのか?
第2回 交響曲第3番と第4番にみる素材のネットワーク
第3回 マーラーの歌曲を生演奏付きで

*:--☆--:*:--☆--:

多くの皆様のご参加をお待ちしております!

お申込み・お問い合わせ:聖徳大学生涯学習課 Tel. 047-365-3601

「聖徳オペラコラボ講座~《フィガロの結婚》を楽しく~」ご案内

今年度の聖徳大学オペラ公演は、モーツァルト《フィガロの結婚》です。直前になってしまいましたが、この公演をより楽しんでいただけるよう、今年も聖徳大学オープンアカデミー(SOA)にて「聖徳オペラコラボ講座」を開催しますので、お知らせします。

聖徳オペラコラボ講座ウェブ版


・‥…━━━☆・‥…━━━☆

◆日時・内容
・第1回 9月28日(木)13:00~14:25
「モーツァルト・オペラの最高峰《フィガロの結婚》を語る」(担当:山本まり子)

・第2回 10月5日(木)13:00~14:25
「オペラ歌手がひも解く《フィガロ》の世界」(担当:宮本益光、宮部小牧、大野真由子〈ピアノ〉)


◆場所:聖徳大学1号館 香順メディアホール

◆受講料:3,100円(2回分)〈入会不要〉

◆特典:受講された方限定で、本公演前日(10月20日13時から)の総舞台稽古を無料で見学できます。

◆お申込み:聖徳大学生涯学習課 Tel. 047-365-3601

2回目は今回伯爵を演ずる宮本益光先生の生演奏付きです。ぜひご参加ください!
  
・‥…━━━☆・‥…━━━☆


聖徳学園シリーズコンサート NO. 1708
オペラ《フィガロの結婚》

20171021フィガロa
※PDF版はこちら

鑑賞をご希望の方は座席券(2,000円)が必要となります。
*お取り扱い:聖徳大学経理課(聖徳大学8号館4階)
*お問合せ:聖徳大学音楽学部事務室 Tel. 047-703-0111

山田和樹&日本フィル:マーラー交響曲第8番(2017年6月3日、オーチャードホール)

IMG_6694

山田和樹と日本フィルによるマーラーシリーズ、交響曲第8番へ出かけた。山田さんのめざす演奏の方向性が明確に打ち出されていた。指揮する喜びが伝わってくる。

特によかったのは第2部。散漫になりがちな部分も密度が濃く、各部分が明確に色分けされながらクライマックスに向かった。
*指揮棒なしかと思ったら、途中で飛ばしたとは気づかなかった。

指揮者の目の前でなく、2名のティンパニストの後ろに並んだ独唱陣では、清水華澄さんの正確でムラがなく伝える力に満ちた声が印象的。西村悟さんも予想通りこの曲にピッタリ。栄光の聖母小林沙羅さんは3階正面席で歌う。バンダは3階L・R。私の席ではオケとバンダのバランスが良く聞こえた。

合唱は武蔵野合唱団と栗友会合唱団の混成。栗友会は新日本フィル、N響と聞いてきたが安定した素晴らしさ。武蔵野合唱団は4年前に「スーパーオーケストラ」による第九の合唱一員として加わらせてもらった時、そのレベルの高さに唸ったものだが、今回も見事だった。

残念だったのは私の席のせいか音響に問題が感じられたことである。合唱が舞台奥だけで響き過ぎ、前に張り出したオケのクリアでストレートな音とやや乖離。冒頭から子音が重なって音がうねる。また、全体が奥行きのある配置なので音の時差をもう少々計算に入れてほしかった。

ロジェストヴェンスキー&読響:ブルックナー交響曲第5番[シャルク版](2017年5月19日、東京芸術劇場コンサートホール)

スクロヴァチェフスキの死去に伴い、指揮者がロジェストヴェンスキーに変更されるとともに、「シャルク版」で演奏されるということで、かなりの話題になっていた読響定期。

1曲のみの定期で、シャルク版60数分で終わったらかなり短く感じるだろうと予想していたところ、予想外の80分を超える長丁場。遅いというより、むしろ一貫して重量感/重厚感のある演奏という印象だった。しかも散漫にならない。内へ向かう密度の濃さと外へ発散する音楽的エネルギーのバランスが見事だった。

二重フーガの構築性が的確に示された辺りから、最終局面へ向けていよいよと、こちらも構え直す。最後列には11名の金管群。彼らはシンバル、トライアングルとともに立ち上がり、凄まじくも華々しい音響の渦。なるほどこれがシャルク版の実演というものか。いや、結局ロジェストヴェンスキー版というべき仕上がりだったのでは?

チェロのパート譜が見える席だったが、第2楽章(?)の楽譜上部に追加の五線2段の紙が貼ってあった。ロジェストヴェンスキーのスコアには所々青鉛筆で大きくマーク。音の余韻が消えた瞬間、マエストロは指揮棒でスコアをパンと叩いたため静寂は破られたのだった。マーラー、ブルックナーと連続して圧倒された二夜。

サロネン&フィルハーモニア管:マーラー交響曲第6番(2017年5月18日、東京オペラシティ コンサートホール)

マーラーの命日プログラムというべきか、2015年に楽譜が見つかったストラヴィンスキーの《葬送の歌》(日本初演)とマーラー6番。ストラヴィンスキーは、《火の鳥》冒頭をトレモロで演奏したような開始部、スクリャービンを思わせる響きがあったかと思うと泥臭さを感じさせたり、悲愴感を漂わせて歌わせる部分など、かなり好きなタイプの作品だった。最弱音のホルンの「歌」の、何と繊細で密度が濃いことだろう。こんなホルンは聴いたことがない。オケはこの時点でマーラーを待たずに、すでに16型!

サロネンのマーラーは、古典的構成感をもった作品にもかかわらず、全体を流麗な一筆書きで描き切ったような印象をもった。同時に、フィルハーモニア管の技術力の高さには畏れ入った。カタルシスの塊のような独特のサロネンの音楽づくりに、オケが一人残らず同じ方向を向いて音響の波を揺らしていった感じがする。

ヨーロッパ的な音楽時間の経過は、今日のような間(ま)を含めた息の長いフレージングによって初めてはっきりと意識される。物理的には一音の継続時間は同じなのでしょうが。今日の弦の一音一音の密度のなんと濃いこと! なお、スケルツォ-アンダンテの順序、ハンマーは2回。

オペラシティタケミツメモリアルは、普段は音的に好きなのだが、危惧していた通り、今日のプログラムには箱が小さかった感を否めない。曲と箱のアンバランスが、ダイナミクスのコントロールに多少なりとも影響を与えたように思う。

サロネンが肩の力を落とし棒を降ろした後も、静寂の時間が続いた。客席へと振り向いたサロネンの真っ赤な顔! そして轟音のような拍手とブラボー。オケが捌けた後も、サロネンは2回、単独カーテンコールに出た。

記事検索
月別アーカイブ
▼『アルファベットで引く 6か国語音楽用語辞典』
久保田慶一監修、音楽之友社編、山本まり子ほか編集協力

ご案内は 当ブログ2015年3月25日の記事へ

ぜひ一度お手に取ってください。
★スマホ用アプリも出ました!

▼『超域する異界』(大野寿子編、勉誠出版)
好評発売中です!

山本まり子担当「グスタフ・マーラーにみる「異界」と越境の音楽表現」

ご案内は 当ブログ2013年2月6日の記事へ

ぜひ一度お手に取ってください。
電子版 が発売になりました!(2014年6月)


▼クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA
↓をクリック

OTTAVA(オッターヴァ)

▼各種ネットショッピングはOTTAVAのサイト経由で
↓をクリック

OTTAVA(オッターヴァ)ショッピング

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ