フランス旅行記の続きを書きます。

マリーアントワネットが、堅苦しい、宮殿の生活から逃避して

子供とお気に入りだけを連れて、宮殿から離れた場所(と言っても歩けない距離ではない)に

田舎風の家が並ぶ、村を作り、野菜を育てたり、動物を飼ったりして

のんびり暮らした場所「王妃の村里」まで、友達と、地図も持たず、道を聞きながら

歩いていきました。
cc1e7469.jpg
お天気が暗くなってましたが

素敵なところでした。

63d02760.jpg
水車小屋。



9c7ca05d.jpg
d4af8214.jpg

2188f18e.jpg
王妃の生活した住居部分です。

2bdb9245.jpg
2c295c4d.jpg
のどかな景色です。

かなり老朽化しているせいか

中には入れませんでした。

1c4d054b.jpg
63d02760.jpg
c505b8cf.jpg
edd6dcf2.jpg

e1f9b6c7.jpg
なんだか、もうすぐ、壊れそうです。

52f8ec0f.jpg

庭で、キャベツや、アーティーチョークなど、育ててました。

この家に入れたので入ってみたら、トイレが作られてました(笑)

0bd6b35f.jpg
ぱらぱらと

見学者がいますが、ベルサイユ宮殿の混み具合に比べ、日曜日でもこんな感じ。

聞くところによると、「世界不思議発見」で、この王妃の村里のことを、放映したらしいですね。

だんなさんが、ジムで見たって言ってました。私は見逃しました。残念。
73ab9712.jpg
c645ba48.jpg
ここまで来ないと、マリーアントワネットの本当の気持ちはわからないのかもしれません。

オーストリア ハプスブルグ家、マリアテレージア女帝のかわいい末娘が、シェーンブルン宮殿から国境を越えて

一人ぼっちで見知らぬ変わり者ルイ16世に嫁いできて、フランス国王妃となり

宮殿の幸せとはいえない生活。

最後は、コンコルド広場で、38歳でギロチンの露に・・・

でもこの村で生活してるときは少しの間だけ、幸せだったんじゃないかなと思います。


友達に

「宮殿と、ここ、どっちに住みたい?」

と聞いたら

「こっち」と答えました。

私もそうです。

贅を尽くした「鏡の間」や噴水より

こんなところで、のんびり自然に暮らしたいです。

26003d2f.jpg

フランスノルマンディー地方の田舎家を再現したらしいです。

もう閉館間際だったので、ここから、

ホテルトリアノンパレスまで歩いて帰りました。

新しい、フェラガモのスニーカーが、もう

砂で真っ白になりました。

何万歩も歩いたんじゃないかな

友達が歩くのが好きでよかったです。

私も、こういうところなら、歩くのは大好き。

行きに右目に見た羊牧場を今度は左に見ながら

12b30d2d.jpg


奥に見えるホテルトリアノンパレスに帰ってきました。

c4a0ffcf.jpg

疲れたのでホテルのテラスで

セレブに混じってお茶をすることにしました。

上の写真の赤いパンツとエルメスのバッグのマダム。

ホテル内のエステ、憧れの「ゲランスパ」から出てきました。





ゲランスパは今回、夜、いっぱいで予約できなかったけど

次回来ることがあったら、エステにも行ってみたいです。でも、高いから無理かなー・

0b7421ea.jpg

友達が撮ってくれました。

トリアノンパレスで想い出の一枚。

パイナップルジュースは1000円くらいだったかな(笑)

このあと立ち上がったとき、

二人とも足が棒になってて、

もつれて、転びそうになったんですよ!!!

危なかったけど爆笑でした。

私だけじゃなかったので、ちょっと安心しました。笑

このあと、お風呂入って夕食も食べずに寝ました!!

かなり痩せたんじゃないかな。この日だけ。


歩いて、感動し、とても充実した素敵なベルサイユの一日でした。

続く