タヒチ旅行記の続きを書きます。05ef9520.jpg
↑空港の海もこんなに、きれいです。
瓶に入れて持ち帰りたいくらい綺麗。
後ろがボラボラ本島です。真ん中にオテマヌ山があります。
山があるのは本島だけです。
島のリゾートからは海を挟んで山を見ることができます。
62390ac6.jpg
いつか誰かのためになるように詳しく書いています。
インターコンチネンタルルモアナは、最南端マティラ岬にあります。

0a5ae4f4.jpg
ボラボラ空港は
小島にあるので、各ホテルへは空港から船で行きます。

ホテル行きの船は20分で、一人往復一万円です。高い!

島浦(私の故郷)の海上タクシーの人に教えてあげたいくらい。笑
島浦はチャーターしても2000円。www
252c11ac.jpg
他のホテルより小さい船です。


私が泊まったインターコンチネンタル ル モアナはボラボラ本島にあるので

本島の中心地バイタペの町まで無料船で行って、タクシーで行くこともできますが
そんな人はいないようでした。

他のリゾートの島に行く船はないけど同じインターコンチネンタルのタラソスパの方に行く船もこれです。
81bf5d99.jpg

インターコンチネンタルルモアナの船に乗り込みます。
同じホテルの人は同じレイをかけられました。


2cc6b17f.jpg
↑この写真の色が一番近い海の色です。
 
奇跡のように美しい海の色はiPhoneではなかなか伝わりません。

ぜひ肉眼で見て欲しいです。
続きはこちら↓↓↓



aedcc6b4.jpg
恥ずかしいけど、私。

夢じゃないかと、何度も頬をつねりました。

夢のようだと、人って本当にそんなことするものなのですね。
 
それほど感動的 なラグーンの色です。

ホテルが見えて来ました。

インターコンチネンタル ル モアナです。
99faf682.jpg
4673fe47.jpg

このラグーンはどこまでも遠浅です。
どこで降りても、深さは胸の下くらいで、
足が着いてちょうどいいです。



72fc21c3.jpg
広ーい高級な水槽の中に家があって、
お魚と一緒に住んでるような感じ。

6c122fb7.jpg
ロビー到着。手前は日本人スタッフのイトウさん。

夜、プライベートなシーンも拝見しました。
何を言っても叶えてくれそうな方です。
行く前にも、メールで何度も通信しました。
da246e6f.jpg
ウェルカムドリンクです。予定より、2時間早く到着した私達を、ウェルカムです。

7c16507d.jpg

37e6e8a2.jpg
コテージには菱形のマークがついてます。
ここからジェットスキーにも乗れます。

今考えると、こんな遠浅の海は滅多にないのでもっともっとマリンスポーツをやればよかったです。
f2cb479f.jpg

3bc35f21.jpg
水上コテージのお部屋に案内していただきます。

右は広ーいラグーンやビーチが広がる部屋。
左は船着場や、海の色のグラデーション、オテマヌ山の先端が見える部屋。

何度、この木の上を歩いたことか。
ここは裸足で歩くと気持ちいいです。
スタッフは自転車で移動します。
416f5836.jpg

今回のボラボラの我が家。なんだか可愛い。
ac8213f5.jpg
ルモアナは全て夢のように可愛いです。

他のホテルはもっと大人っぽいけど、このモアナの明るさが好きです。
033cc9e2.jpg

部屋から海にすぐ降りられます。すぐにシャワーできるのもいいです。

インターコンチネンタルルモアナを選んだ理由は

インターコンチネンタルのIHGメンバーなのでいろいろサービスが受けられる事と

ホテルの島に閉じ込められず、本島の現地村に、毎日出かけて遊びたかったからです。

そして他の水上コテージより、料金設定が、お得だったからです。

ちなみに豪華なセントレジスやフォーシーズンは、一泊18万円くらいの部屋でした。

この時期を外してキャンペーンの時などは安いパックもあるようでしたが、

会社の休みの日が
決まってるので仕方ありません。

でもルモアナを選んで、全く後悔はないです。

ワクワクが抑えきれない気持ちでコテージの中に入ります。
d3125d2e.jpg


続く。


↑ルモアナが出てくる藤原紀香さんのナレーションの動画です。(約2分)