ホイアンで泊まるには2つ選択肢があって、

少し遠いビーチ沿いのリゾート
これは資本系のホテルも沢山入り、スパやエステも一緒に楽しめます
昼間や夜にホイアンノの街並みへタクシーを使ってやってくる感じの滞在

もう一つは、旧市街の中に泊まるホテル
地元のホテルがほとんどで、高さも規制があるのか五階建てくらいまでのホテルです

どちらにするか、、

全く悩まずに旧市街の中にあるホテルを探しました

モンサンミッシェルのときも島内に泊まったのですが、こういう街並みが観光地みたいなところは、散歩するようにふらふら朝晩歩くのが好きなので、多少高くても狭くても、そちらを選んでしまいます

DSC_3692
今回の宿泊先は
リトルホイアン ブティック アンド ア・スパです

元旦にとまる場所なので調べて、居心地の良いホテルを探しました

結果、ここはお部屋も、なによりホテルの方のホスピタリティが素晴らしく、もし皆さんがホイアンに行かれるときはオススメできるホテルです(●´ω`●)

DSC_3685
到着後、エントランスでウェルカムドリンクと簡単な日本語で出迎えてもらい(こういうのは嬉しいですね(●´ω`●))、
お部屋へチェックインです

ベトナムらしい、オーク材をふんだんに使ったお部屋

ベッドの両脇にはランタン



DSC_3684
昼間もすてきですが、夜にこのランタンの灯りだけの御部屋もまたステキでした


DSC_3690
エントランスは吹き抜けになっており、
設えは異国情緒たっぷり(●´ω`●)


DSC_3786
こちらは朝食会場

DSC_3788
フォーをはじめとするベトナムらしいお料理はもちろん、フレッシュな果物も沢山


DSC_3789
なのに、相変わらず朝は食欲のわかない
自分の生活習慣が恨めしい(^^;)

DSC_3790
プールもあります
ここに二泊するなら、1日は散策に、もう1日はプールとスパにのんびり滞在もステキだなぁ、、(●´ω`●)


DSC_3791
ホテルの前には旧市街を眺める河が流れており、なんともベトナムらしい風情


DSC_3793
最後に、このホテルで思い出に残っているのが、帰りのジェットスターの便が予告なりに半日遅れとなりました
最終日だったので、さすがに困ってしまい、航空会社に電話するも、おそらくオーバーブッキングで聞く耳持たず、、
こういう時に母国語が話せないのは不利です

そのやりとりをエントランスでしていたら、ホテルの人が事情を聞いてくれて、カスタマーセンターに電話してくださり、予定していた便の30分前の便に振り替えて下さいました

これにはびっくり!

いや、早くなったこともびっくりですが、おっとりと話していたホテルの方が、急に大声で畳みかけるようにはなす口調にびっくり(笑)

そうか、そうやんないとだめなのね、、みたいな(笑)

チップを渡そうとするも、要らないと笑うし、本当に良いホテルでした(●´ω`●)