マリンのいつもどこかで

カテゴリ: 旅行(イタリア)

夕方に羽田着

イメージ 1

いよいよですよ~o(^o^)o

イメージ 2

近所に停留所があるのにあんまり使わないリムジンバス(混むのよね(^^;))
荷物が重いのでさすがに、、、

家に荷物を置いたら、、近所のお寿司屋

イメージ 4

★じゃないけど、お寿司への欲求には敵わない

イメージ 5

長芋のたまり漬け

イメージ 7

牡蠣ポン酢
そろそろ季節が始まりますね
牡蠣は和洋中、どうやって食べでも美味しいo(^o^)o

イメージ 3

吉乃川の熱燗

イメージ 6

おまかせ握り

郷に入りてはなんとやら、、ではないですが、海外では全く日本食への欲求は無いのですが、帰るとお寿司か天ぷらを食べたくなる

そんな土曜日(●´ω`●)

ヴェネツィアを立ちます

イメージ 1

イメージ 2

30分前なのにゲートが出ません

イメージ 4

お土産でヴェネツィアングラスのペーバーウェイト
将来、お店を開いたらレシート挟みに使います(笑)

イメージ 3

最後のおやつ
ラウンジに行こうと思ってたら、空港の逆側であっけなくスナックプラザで購入

ワールドショップでリモワを見ようとわざわざフランクフルト乗り継ぎにしたのに、もう買い物欲が無くなりつつあります(笑)

最終日のブラブラ歩き

色んなお店を冷やかしてたら眼が覚めた

イメージ 2

オーガニック食材のお店?なのか、イタリアの台所食材がたくさん

イメージ 1

で、、これを試食させてもらったら眼が覚めた!
今までで食べたなかで最も美味しいトリュフ塩
右のトリュフパウダーも香りがスゴい!!
バスタにおススメよ、、とか店員さん言うんだけど、いやいや冷や奴もしくはこれからの季節の湯豆腐にベストマッチでしょうo(^o^)o
枝豆にかけても、スゴい高級枝豆ができそう、

イタリアに来た方
これ、おススメです!
目が覚めるから、、

そして、、今日のおやつ

イメージ 3

地元の人が夕方の早い時間に呑んでる「sprits(スプリッツ)」というカクテル
APEROLをベースに白ワインとカンパリをシェイク
オリーブを入れるかと聞かれたが、入れなくて酔いとオーダー
甘くて美味しいけど、かなり強くて脚に来る
うーむ、ヴェネツィアの飲み物は魅惑的に甘くて強い(笑´∀`)

ヴェネツィアは立ち飲み文化が栄えてる場所で、バーカロ(立ち飲み屋)が迷路のような街の中に無数にあります

バーカロとは、「梯子」という意味らしく、日本語でも梯子酒というから親近感ありまくり(●´ω`●)

イメージ 1

こんなカウンターのなかに、肴が並んでて、指差せばお皿に並べてくれます

イメージ 2

白ワイン

イメージ 3

このフライを皆頼んでるから何だろうと選んでみたら、ツナ?みたいな魚のミンチでした(練り物ではない)
これ、日本でも受けそう

ヴェネツィアやまじは、朝の8時から開けてるらしく、常連さん曰わく、海の街の男たちは気合いが違うらしいです(笑)

このワイン+肴3つで9ユーロ(1189円)くらい
ヴェネツィアも観光地価格なんだろうけど、
東京のド真ん中のやまじってすさまじくコスパ酔いなぁ、、とか思ってました(笑)
っと、いうことでここを起点に三軒梯子酒

そして、なう
興奮し過ぎてるのか微熱ですが発熱(笑)
昔から、遠足とか旅行とかの前の日は発熱する癖がありました、、

ひさびさに、、って、子供かっ!!(^^;)


裏マリンちゃん
こっちに来て毎晩飲み歩き、帰ったら服を脱いでそのまま寝るからでしょうよ(-_-)
裏マリンちゃん2
昨晩酔っ払って、地元の人と梯子酒してたよね
興がまわると、日本にも梯子酒がある、、とかいって「Japanese HASHIGO」とか勝手に言ってたけど、そんな言葉無いよね

今回の三都市で最も楽しみにしている街
ヴェネツィアへ移動中

イメージ 1

フィレンツェ→ヴェネツィアは国鉄のTRENITALIAに乗車

ところで、、今回の旅

イメージ 2

飛行機に載る最大のスーツケースを買い、荷物なんて少ないから行きはスカスカだったのに、、
ローマで一目惚れした革のジャケット&バッグ、
フィレンツェでバッグを3つ、、
他にも手袋やら香水やら細々と買いまくり、、

イタリアは恐ろしい国です
物欲が止まらない(@_@)

そして、案の定スーツケースに荷物が入らない
ヴェネツィアの石畳&階段の街を歩けるのだろうか(笑´∀`)

******************************
30分遅れで、ヴェネツィア到着

イメージ 3

イメージ 4

このページのトップヘ