マリンのいつもどこかで

カテゴリ: 旅行(ホーチミン・ホイアン)

ホテルからダナン空港までは送迎タクシーを日本で予約しました

ホテルも送迎やってたんですが、少し高くてケチったんですが(^^;)、
最後のベトナム語で畳みかけるように交渉してくれたチップを考えるとお任せしても良かったなぉ、、って思いました


DSC_3803
ダナン→ホーチミンまではジェットスター
こちらは沖止めなので、歩いて飛行機へ

個人的にこの歩いて飛行機へ乗り込むのはワクワクするので、好きだったりします(笑)



DSC_3813
ホーチミンに戻ってきました
街の中は相変わらず、どこへいっても沢山のスクーターとオートバイ



DSC_3827
最後はここでいただいたのかな

結局、街の中に沢山あった屋台には入れませんでした(^^;)
うーむ、バンコクでは平気なんだけどなぁ、、(あのお風呂の椅子みたいなプラスチック椅子に座って食べる感じがなんか馴染めなかった(^^;))

DSC_3829
どこに行ってもずっと飲んでた333(バーバーバー)


DSC_3830

鶏ボールのフォーかな
お隣にチラッと見える沢山の香草を千切って好きに入れます




DSC_3832

こんな感じ
地元の人はこれの10倍くらい入れます(すごい草のような香りがあって、日本のそれとはまた違う)



DSC_3833
ゴイクン(生春巻き)も


DSC_3837
翌日、ホテルをチェックしたら空港へ
1月3日は駐在の方の家族が帰るラッシュなのか、お別れシーンもあちらこちらに、、、


DSC_3839
ANAを見るとおちつく(笑)
ジェットスターのようにいきなり乗る便が変わったりもしない(笑)



DSC_3840

日本の空港に戻ったときの、おかえりなさい、、が好きです


DSC_3842

羽田だったので、家に帰るのもラクチン
荷物をばらかしたら、そのまま近所のお寿司屋へ

海外から帰ると、お寿司か天ぷらが定番

DSC_3845

お正月なので清酒も

寒いから燗をつけていただいてます


DSC_3843

天ぷら盛り合わせ

個人的に好きなタネは

海老、白身魚そして蓮根(サクサクするのが好き)なんかです


DSC_3846
お寿司

これ、多分、好きなのを頼んでそう

海老、ウニ、トロタク、マグロ、鯛かな


DSC_3848
最後はあら汁

ってことで、2018年の年末年始のベトナム旅は終わりです

実は10月にハノイへのチケットもとってるんですが、仕事が立て込みそうでずらすかなぁ、、とかを悩んでるところ
行っちゃえ~って思ってるのですが(笑)

ベトナムは人も優しいし、食べ物は口に合うし(特にフォーとゴイクン)
なによりビールが安い!
コンビニで買って、ホテルの冷蔵庫へ入れておけば飲み放題レベルに朝から飲めます(笑)

忙しい時に、のんびりと心のささくれを丁寧に伸ばしに行くにはとても良い国です(逆になにか刺激が欲しいときはうーんかもしれないけど、、)

これにて、このたびは完結です
読んでいただいてありがとうございました(●´ω`●)

ホイアンで泊まるには2つ選択肢があって、

少し遠いビーチ沿いのリゾート
これは資本系のホテルも沢山入り、スパやエステも一緒に楽しめます
昼間や夜にホイアンノの街並みへタクシーを使ってやってくる感じの滞在

もう一つは、旧市街の中に泊まるホテル
地元のホテルがほとんどで、高さも規制があるのか五階建てくらいまでのホテルです

どちらにするか、、

全く悩まずに旧市街の中にあるホテルを探しました

モンサンミッシェルのときも島内に泊まったのですが、こういう街並みが観光地みたいなところは、散歩するようにふらふら朝晩歩くのが好きなので、多少高くても狭くても、そちらを選んでしまいます

DSC_3692
今回の宿泊先は
リトルホイアン ブティック アンド ア・スパです

元旦にとまる場所なので調べて、居心地の良いホテルを探しました

結果、ここはお部屋も、なによりホテルの方のホスピタリティが素晴らしく、もし皆さんがホイアンに行かれるときはオススメできるホテルです(●´ω`●)

DSC_3685
到着後、エントランスでウェルカムドリンクと簡単な日本語で出迎えてもらい(こういうのは嬉しいですね(●´ω`●))、
お部屋へチェックインです

ベトナムらしい、オーク材をふんだんに使ったお部屋

ベッドの両脇にはランタン



DSC_3684
昼間もすてきですが、夜にこのランタンの灯りだけの御部屋もまたステキでした


DSC_3690
エントランスは吹き抜けになっており、
設えは異国情緒たっぷり(●´ω`●)


DSC_3786
こちらは朝食会場

DSC_3788
フォーをはじめとするベトナムらしいお料理はもちろん、フレッシュな果物も沢山


DSC_3789
なのに、相変わらず朝は食欲のわかない
自分の生活習慣が恨めしい(^^;)

DSC_3790
プールもあります
ここに二泊するなら、1日は散策に、もう1日はプールとスパにのんびり滞在もステキだなぁ、、(●´ω`●)


DSC_3791
ホテルの前には旧市街を眺める河が流れており、なんともベトナムらしい風情


DSC_3793
最後に、このホテルで思い出に残っているのが、帰りのジェットスターの便が予告なりに半日遅れとなりました
最終日だったので、さすがに困ってしまい、航空会社に電話するも、おそらくオーバーブッキングで聞く耳持たず、、
こういう時に母国語が話せないのは不利です

そのやりとりをエントランスでしていたら、ホテルの人が事情を聞いてくれて、カスタマーセンターに電話してくださり、予定していた便の30分前の便に振り替えて下さいました

これにはびっくり!

いや、早くなったこともびっくりですが、おっとりと話していたホテルの方が、急に大声で畳みかけるようにはなす口調にびっくり(笑)

そうか、そうやんないとだめなのね、、みたいな(笑)

チップを渡そうとするも、要らないと笑うし、本当に良いホテルでした(●´ω`●)


夜の帳が落ち始めたホイアン旧市街

DSC_3732
台湾の夜市のように、昼間とは違うお店が開き始めます


DSC_3735

段々とその情景が見えてきて

DSC_3736

ランタンってステキ(●´ω`●)

DSC_3739

気分が良くなり、途中のガーデンテラスで
ジントニック

DSC_3740

カラフル、カラフル


DSC_3741

レッド&グリーン

これ、実際にみると100倍きれい
スマホの写真にすると、スケールが小さくなる(T_T)


DSC_3742

暑い南国の夏の夜
お正月なのに暑い、、って面白い
なんてことを、アルコールの入ったアタマで千鳥足

電灯もコンビニもないから
灯りはランタンだけ


DSC_3743

何枚も何枚もシャッターを切りたくなる
ここだったら、アタシでも映画が撮れる気がする

初めてアジアにやってきたブルガリアの女の子と

ホーチミン生まれホーチミン育ち
新婚旅行中に嫁に逃げられた男の話し


DSC_3744

ホイアン旧市街
ランタンが煌々と照らされるメイン通りのレストラン

1人と店員に告げると
通された席は相席

知らない国の女性と一緒になる

DSC_3752
ホイアン名物のホワイトローズ

ワンタンやヌードルのひとつだと思うけど、
周りをみるとみんな頼んでいる



DSC_3757

ベトナム風お好み焼きパインセオ

ホーチミンのそれとは違い
チヂミのように記事に厚みがあり
野菜が少ない

DSC_3758

目の前のブルーアイズの女の子がおもむろに
カオラウを注文した

昔、日本人街があったころに、
伊勢うどんを真似た麺類

二度と踏めない祖国の料理
もしもこのまま日本に行って
ベトナムに帰れないなんて
そんなことは想像できない




DSC_3765

食欲がみたされ、

今朝は惰眠をむさぼったから
睡眠欲がみたされ、

残るは性欲だけなのだが、
例えば目の前にいるブルーアイズ
こんな街に暮らしてる訳ではないだろうし
声をかけてみようか

奔放になれるほどの度胸は持ち合わせていない

新婚旅行でやってきたダナン空港
トイレに行ってくるといなくなった妻から
別れましょうとメールが来たのは
三時間後

その間、妻は着々と何処かへいったのに
ただ待ち惚けした自分の鈍さ



DSC_3768

このまま帰るのも癪だったので
予定どおりホイアンへ

ランタンの遥か上には
ブルームーン

DSC_3769

ぶらぶらと街をそぞろ歩き

アルコールが入って上気した身体
街に合わないクラブミュージックと屋台の煙り


DSC_3771

0時を越えたのに、誰も眠らない


DSC_3774

河には、電飾いっぱいの登竜船

DSC_3779

屋台でパインセオを注文しようとすると
店員がいない

しばらく待っていると、知ってる顔

レストランで相席したヨーロッパのブルーアイズ

先ほどのワンピースとは変わり
ショートパンツとタンクトップ

この辺のホテルにとまっているにちがいない

いつもはこんなこと言わないのに
知ってる単語で話しかける

「hello?」

夜なのにこんにちははおかしいし、
何より疑問形なのはなにをしているんだ

案の定、、ブルーアイズは、、

不思議な顔をしながら
「hello」と返してくる

DSC_3780

次の単語を考えていたのに、
いいところで屋台の女が帰ってくる

DSC_3783
なんちゃって、、と

そういう夢想していると
手渡されたバインミー

一気に現実に引き戻される

「うんま、、(●´ω`●)」

ベトナムはご飯も美味しいけど、、
パンもサクサクでなかなか美味しかったです


ホテルへ到着して、チェックインしたら、街歩きです(●´ω`●)


DSC_3694
泊まったホテルは旧市街地から橋を渡ったホテル地区
少しですがランタンが吊されていて、おおってこの程度で嬉しくなったりします

ちなみにこの辺はコンビニはなく一般の個人商店で飲み物を買ったりします
そのときに、ダイエットコーラ(500ml)が70000d=350円したりして、、思わすえっ??ってなったりします(^^;)

DSC_3695
この橋を渡ると旧市街です



DSC_3697

ホイアンは、ベトナム中央部に位置する海辺の都市です。運河が巡るエンシェント タウンは、名所として大切に保全されています。かつての港湾都市、多様な文物が交差したという歴史が、現存する建築物に反映されていて、中国風の木造のショップハウスや寺院、色彩豊かなフレンチ コロニアル様式の建物、凝った造りのベトナムのチューブ ハウス、仏塔がある屋根付きの日本橋(来遠橋)まで、さまざまな時代と様式が混在しています。(Google先生より)

雰囲気はマカオの旧市街にどことなく似ています

DSC_3700
こちらが日本橋(来遠橋)の入口
渡るのにチケットが必要です



DSC_3704
ホイアンにはその昔、日本人町があり、この日本橋ももう生涯日本の地を踏むことはないことを解っている現地の日本人が、日本を懐かしみ作ったそうです



DSC_3705
橋の真ん中には仏壇


DSC_3707
橋の左右(入口出口)にはこま犬ならぬ、こま狼らしいです
(狼伝説のある秩父連山の山の入口には何故だか鳥居とこま犬ならぬ、こま狼がいて、ふとそんなことを思い出しました)


DSC_3709

昔の豪商のお家


DSC_3716

ホイアンはテーラーで有名な街でもあり、
街中にいくつか仕立屋さんがありました

生地や人件費が安いのと、手先が器用だから
海外の人がたくさんやってきたこの街に
需要があったんでしょうね


DSC_3717

これは刺繍画の実演販売

一針一針、気の遠くなる作業
私には絶対無理な世界(笑)

でも好きなんですよね
ずっと観てられる


DSC_3719

ランタンの街らしく
ランタン専門店がこちらあちらに

こういうのって、観てると勝手帰りたいけど
帰ると部屋に合わないパターンのオブジェ

DSC_3720

少しずつ昼間の顔が代わっていきます

DSC_3722

古民家の再開発で
若い世代が、テーラーやら
家具屋やらやってるらしい 

台湾や韓国もこういうところあったような

DSC_3727

やっと太陽が沈み始めました

元旦の朝、光が燦々と降り注ぐなか、
ローカルのバスに乗ってました


DSC_3664
ベトナムのバス
日本のそれとそんなに変わりません


DSC_3665
今はGoogle mapがあるので、インドでも、チベットでも多分ここがどこで、行きたい場所がどこかがわかってる限り、逝くことができます

ホントにGoogle先生ってすごいわ

なんてことを思っていたら、タンソンニャット国際空港へ到着

DSC_3670
ここまで来れば一安心
前の日にほとんど寝てないせいか、眠たい朝です

ラウンジに入ると、お正月なんてことは関係なく
ただの日常が広がります


DSC_3674
食べ物だけでなく、飲み物も完備

もちろん、、手にするのは

DSC_3675
明けましておめでとうの乾杯■D\(^^



DSC_3677
今回はホーチミンから、ダナンへの国内勢にのります
時間帯が合わずジェットスターで行ったのですが、ホントは乗りたかったのはベトジェット

なぜなら、このカレンダーが欲しかったからです(笑)

スゴいでしょ
現役のCAさんや、パイロットが飛行機や、カウンターをモチーフにPLAYBOY並みの写真を披露してます

https://youtu.be/KMcW3-_SutY
ベトジェットの日本直行便が走ったときの
プロモーションPVなのですが、3分40秒辺りから始まるダンスは全員現役のCA!!

まだ、コスチューム着てるから良いんだけど、ベトナム国内線ビキニで接客しようとして、政府に怒られたりと、

とてもベトナムと思えない発想に、日本便は順調に増えていき、元気に運営中

個人的にPLAYBOYやヴィクトリアシークレッツの、あっけらかんとした健康的なエロが、

もう気になって気になって、

ダメ元でカウンターにカレンダーもらいにいったら、あっさりくれました(笑)


DSC_3679
ホーチミンからジェットスターで
一時間くらいで、ダナンの空港到着

ここも、ベトナムの観光都市

現地の人曰く
ホーチミン→東京
ハノイ→京都 だとしたら、

ダナン→名古屋 みたいなものらしい


DSC_3680
そして、ダナンからタクシーで一時間
(バスも出てるらしいのですが、目的地のホイアンの旧市街へ行くには、遠くにバス停が止まるので、荷物があるならタクシーをお勧め)

DSC_3692
ランタンの街、ホイアンのホテルに到着したのでした

いま、思うとダナンの街を観ても良かったようなきもするのてすが、一泊しかできないホイアンを早く観てみたい気持ちが勝ってしまいました(^^;)

このページのトップヘ