マリンスポーツまとめ

マリンスポーツまとめは2ch,Twitter,Naverまとめなどで
マリンスポーツに関する記事を紹介しています。



    1 樽悶 ★ :2018/09/24(月) 02:59:21.26 ID:CAP_USER9.net

    地球深部探査船「ちきゅう」が南海トラフ付近の陸側プレート掘削に使ったドリルの先端部(海洋研究開発機構提供)

    (出典 www.sankei.com)

    巨大地震と地下構造

    (出典 www.sankei.com)


     日本列島の太平洋沖では海側のプレート(岩板)が陸の下に沈み込み、巨大地震を引き起こしてきた。最近の研究で、プレートの部分的な固さが地震発生と密接に関係しているらしいことが判明。将来は震源位置を予測できる可能性も出てきた。(伊藤壽一郎)

    ■地震波で透視

     東日本の太平洋沖に延びる日本海溝では、陸を載せた北米プレートの下に海側から太平洋プレートが沈み込んでいる。東日本大震災では、このプレート境界面が広い範囲で滑り、マグニチュード(M)9・0の巨大地震を引き起こした。

     プレートは厚さ100キロ程度で多様な岩石でできており、固さは一様ではない。東北大の趙(ちょう)大鵬(たいほう)教授らは、この不均質さが地震発生と関係しているのではないかと考え、震源域周辺の両プレートについて境界面付近の固さを調査した。

     境界面は海底下にあり、岩石の状態を簡単には調べられない。そこで、地震発生時に地中を伝わって広がる地震波を陸上の複数の観測点で捉え、到達時間の差から岩石の固さなどを解析する「地震波トモグラフィー」という手法で透視した。

     観測点に直接伝わる地震波だけでは精度が低いことから、いったん地表にぶつかって跳ね返り、再び地中を伝わっていく反射波という特殊な地震波も解析。海底地形や重力のデータも加え、北米プレートの固さと、太平洋プレート上面の固さを立体的に調べた。

    ■大震災の震源に

     その結果、両プレートとも岩手県沖と茨城県沖は柔らかく、その中間に位置する宮城・福島両県沖は固いことが分かった。特に東日本大震災の震源は、両プレートの非常に固い部分同士がぶつかり合う地点だったことも判明した。

     柔らかい部分はプレート活動で押され圧力がかかると潰れてしまうが、固い部分は潰れずエネルギーを蓄積する。東日本大震災では、固い部分同士がぶつかっていたプレート境界が急激に滑ることで、蓄積されていた巨大なエネルギーが一気に放出され、規模が大きくなったとみられる。

     さらに、震源域周辺で過去100年間に起きたM7以上の大地震についても調べたところ、ほとんどの震源が固い部分同士がぶつかり合う場所だった。趙教授は「プレート境界型地震の発生機構を解明する重要な手掛かりだ。広域で固さの分布を調べれば、巨大地震の震源を予測できる可能性がある」と話している。

    ■南海トラフも調査

     ただ、地震波などによるプレートの高精度な透視は膨大なデータの解析が必要で、手間がかかる。このため海洋研究開発機構のチームが開発した簡便な測定方法も注目されている。

     海底をドリルで掘削し、ドリルが進む速度と先端にかかる力を解析することでプレートの固さを測る。岩石を採取して分析しなくても分かる点が大きな長所だ。

     チームはこの方法で、地球深部探査船「ちきゅう」を使い、南海トラフ巨大地震の想定震源域である紀伊半島の南東沖約80キロの海底を掘削して調べた。海底下約1千メートルからプレート境界の同約5千メートルまでは、フィリピン海プレートの堆積物や海山が剥ぎ取られ、陸側のユーラシアプレートの縁に付着した「付加体」と呼ばれる地質構造になっている。

     付加体はこれまで、かなり柔らかいと考えられてきた。だが調査の結果、海底下1500メートル以深で顕著に固さが増し、2200~3千メートルは海底の堆積物などと比べ数倍以上、固いと判明した。付加体としては浅い部分だが、海側プレートが沈み込む力が予想よりも強く、圧縮されたとみられる。

     同機構の浜田洋平研究員は「浅い部分の付加体もエネルギーを蓄積できるらしいことが分かった。過去に発生した巨大地震に影響を与えてきた可能性が浮上した」と話す。今後はこの地点の固さをプレート境界まで掘削して調査し、巨大地震の発生メカニズムとの関係をさらに詳しく調べる計画だ。

    産経新聞 2018.9.23 10:00
    https://www.sankei.com/premium/news/180923/prm1809230019-n1.html


    【【画像】巨大地震は岩板の固さが引き金か 太平洋沖の海底下を探る 趙教授「固さの分布を調べれば、巨大地震の震源を予測できる可能性」】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/09/17(月) 19:01:32.38 ID:CAP_USER9.net

    16日午後7時40分ごろ、「泳ぎに出た友人の行方が分からなくなった」との110番通報が大分県警にあった。大分海上保安部によると、不明者は会津大学准教授の吉良洋輔さん(31)で、17日午前8時ごろ、大分市佐賀関町小黒の小黒漁港沖約500メートルの海底で心肺停止状態で発見された。

    海保によると、吉良さんは大分市の実家に帰省中。16日は同漁港に友人と釣りに来ており、午後3時ごろ、もりを持って1人で泳ぎに出たという。午後6時40分ごろになっても戻らず、捜しても見つからなかったため友人が通報した。発見場所は水深6メートル。すぐそばの海上に吉良さんが設置したとみられる漁獲物を入れる網がついたブイがあり、素潜りで魚介類を取っていたらしい。

    会津大のホームページによると、吉良さんはコンピュータ理工学部文化研究センターに所属している。

    2018年9月17日16時38分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL9K4K00L9KTPJB001.html

    関連スレ
    【大分】会津大学の准教授が銛を持ったまま海で行方不明に
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537142018/


    【【悲報】友人と釣りに来て、もりを持って泳ぎに出た会津大学准教授 漁港沖の海底で心肺停止で発見】の続きを読む



    1 みつを ★ :2018/09/16(日) 18:30:06.37 ID:CAP_USER9.net

    https://www.sankei.com/smp/affairs/news/180916/afr1809160006-s1.html

    釣りの54歳男性流され不明 静岡・沼津の海岸
    2018.9.16 17:53

     16日午前7時15分ごろ、静岡県沼津市原の海岸で釣りをしていた同市原の会社員、片山忠さん(54)が波に流され、行方不明となった。県警や地元消防などが捜索している。

     沼津署などによると、現場は岸から海に延びた堤防で、片山さんは1人で釣りに来ていた。片山さんが沖に流されるのを岸にいた他の釣り人が目撃し119番通報。近くには、片山さんの車が止めてあった。当時、注意報や警報は出ていなかったが、波が高い状態だったという。


    【【悲報】堤防で釣りの54歳男性流され不明 沼津市原の海岸】の続きを読む



    1 47の素敵な :2018/09/19(水) 14:21:27.41 .net


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)

    まずは、地元のサーフショップに通い詰めて、許しを請うところから

    (出典 i.imgur.com)
    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    【【画像】「サーファー」にはとても厳しい鋼鉄のルールがあった 「外の奴はまず地元に許しを請うところから始めよ」】の続きを読む



    1 動物園φ ★ :2018/09/15(土) 08:42:15.62 ID:CAP_USER.net

    2018年09月15日08時28分
    [? 中央日報日本語版]

    韓国と日本の間に海底トンネルを建設して経済共同体を実現することが北東アジアの平和に寄与するとして発足した社団法人「韓日トンネル研究会」が、創立10周年を迎えて「韓日海底トンネル建設に関する国際シンポジウム」を開催した。

    韓日トンネル研究会は研究会創立10周年記念行事として12日午後、釜山(プサン)のザ・ベイ101マリンホールで国内外の専門家やパネラーなど約100人が出席した中、国際シンポジウムを開いた。

    行事では3人のテーマ発表と討論が行われた。テーマは「韓日海底トンネル事業の経済的波及効果の考察」「韓日海底トンネル建設の必要性」「太平洋文明圏プラットホーム-韓日海底トンネル」だった。

    発表者の一人、日本東洋大の西川吉光教授は「日韓海底トンネルは日韓関係の改善に向けた象徴的なプロジェクト、『平和のトンネル』『心と心が通じるトンネル』になる」とし「結局は朝鮮半島の南北和解と平和統一のためのプロジェクトになる」と主張した。

    https://japanese.joins.com/article/183/245183.html?servcode=A00&sectcode=A10


    【【悲報】「韓日海底トンネルは平和に寄与」…研究会創立10周年 釜山でシンポジウム】の続きを読む

    このページのトップヘ