華道家 平間磨理夫 オフィシャルブログ

http://www.hirama-mario.com

観世華雪 観世榮夫 追善能

ブログネタ
日本伝統文化 に参加中!

観世華雪五十回忌追善能午後から降りだした冷たい雨。

今宵の足元は、

桜の花びらが照らしてくれるのかな。

 

さて、急に(28日)お話しをいただいた、

観世華雪さんと、観世榮夫さんを偲ぶ追善能への献花。

 

枝垂桜と染井吉野、そして小手毬を入れさせて頂きました。

器は内田鋼一さんです。

 

せっかく頂戴したチケットでしたが、スケジュールの調整がつかず、

開場直前に花いけに伺い、そのまま別のところへ。。。

戻ってきたときには、プログラムの半分が終わってしまっていました。トホホ。

 

とはいへ、狂言「無布施経」、舞囃子「海士」、

仕舞「西行桜」、「砧」、能「求塚」と、たっぷり堪能させていただき、

贅沢な時間に酔いしれ、まさに夢見心地でした。

内田鋼一×桜、小手毬

 

 

 

 

 

 

   

↑応援クリックお願いします

東獅子によせて

ブログネタ
日本伝統文化 に参加中!

富貴長年昔より言ひならはせし

東下りのまめ男

慕ふ旅路や松が枝の

富士の高根に白妙の

花の姿に吉原訛り

君が身に添ふ牡丹に据えて

己が富貴を花とのみ 弥猛心も憎からず

思ひ思ふ千代までも 情けに交わす後朝の

糸竹にこころ乱れ髪 歌ふ旅路に露添ふ春も

呉竹や かざす扇にうつす曲

 

花やかに 乱れ乱るる妹背の道に 

獅子も遊びて幾世まで 変はらぬ世こそめでたけれ

 

   

↑応援クリックお願いします

 

昼・夜ともに満員御礼。ありがとうございました。

明日は、観世華雪五十回忌追善能にて献花をさせて頂きます。

こちらも宜しくお願い致します。

春 萌 血

ブログネタ
日本伝統文化 に参加中!

浅井純介×山吹一気に春がやってきた感じ。

たくさんの花が咲き誇り、

心躍る。

店先にも色とりどりの花が並び、

春 爛 漫 !

 

グングン育つ生き物たち。

そこかしこに眼を配ると、そんなやつらが溢れる季節。

 

どんな色をしていても、

体をめぐるものは、みな同じ。

一皮むけば、みんな同じ。

 

体中の血を滾らせて、それぞれの表現をしている。

春だからこそ、赤。

大地に流れる血を、力の限りすいあげて―

 

   

↑応援クリックお願いします

 

器・浅井純介

花・山吹

卒業式

ブログネタ
華道・いけばな・フラワーアレンジメント に参加中!

ARABIA × チョココスたち

 

 

 

 

涙あり 笑いあり それぞれの門出

卒業の お祝いに

 

   

↑応援クリックお願いします

 

器・ARABIA

花・モンステラクラシック、チョコレートコスモス

   モカラ(ストロベリー)、パープルツイン

雨音を聞きながら

ブログネタ
華道・いけばな・フラワーアレンジメント に参加中!

08花陶実験室0319

シトシトシト

シトシトシト

気持ちよく響く音

乾いた心を潤す音

心を静めて

ちょっとは落ち着きなさい

ってことなのでしょうか。

 

さてさて、昨日開かれたワークショップのお話。

 

実はとても楽しみにしていることがありまして、

なんと!ようやく

全員が自作の花器にいける日がやってきたのです。

新作は制作中ということでしたが、

過去に創った器を持ち寄っての3月場所。

手にした花に翻弄され、

自分の器にも遊ばれて、

こちらが遊ぶという感じからは程遠い時間を過ごしつつ、

収拾がつかないぐらいに

ガヤガヤしていたかと思うと、一転

集中モード。そして

いき詰まりはじめると、唸り声。。。

 

さておき、

回を重ねるごとに皆さんの感性が高まっているようで、

あるがままの花の美しさを入れるだけでなく、

鋏を入れ、手を入れ、

自分だけの花をいけはじめたようでした。

 

自身の見いだした花の姿を通して、

改めて自然の美しさを感じていたその眼は、

とてもキラキラしていて、そんな雰囲気が

とても心地よく、今宵の雨音と同様、

僕を潤してくれた気がします。

wさん

 

 

 

 

msさん

 

 

 

 

 

 

kさん

 

 

 

 

 

 

mtさん

 

 

 

 

 

 

oさん

 

 

 

 

とはいへ、まだまだ思い切りが足りないようで、

思い切りが如何に大事か!

を伝える時間となった、今回のワークショップ。

次回の花材選びが、いまから楽しみです♪

 

明日も早いのでこの辺で。ネムイネムイ。

   

↑応援クリックお願いします

花・桜(紅吉野)、山吹、芍薬(さつき)、オクロレウカム

真結の会

ブログネタ
日本伝統文化 に参加中!

紅すももぽかぽか陽気に誘われて、

気になる桜を巡るひととき。

昨年は小さかった若い木も、

いつの間にやら成長し、

今年の開花が、

昨年以上に楽しみです♪

ちなみに、既に咲いている桜の多さにビックリ。。

期せずして、花見を楽しんでしまいました。

皆さんの周りは、如何でしょう?

 

さてさてお知らせ。

昨年から参加させて頂いている

筝曲デュオ・「真結の会」の演奏会に、

今年も参加させて頂くことになりました。

生田流の黒川真理さんは、年明け

世田谷パブリックシアターで開かれた

森山道山さんとの共演も記憶に新しく、

山田流の鈴木真為さんは、

3月19日に、フルートとの共演による2nd アルバム

「光色-Hikari iro-」の発売を控え、

お二人とも、ますますの活躍!!

 

先日お会いした際、気持ちよい音の色に

気持ちをフワフワさせていただきましたが、

緩んでばかりはいられません!?

ここらで気を引き締め、本番に備えます。

お時間がありましたら、どうぞお出掛けください。

 

黒川真理・鈴木真為 Duo Concert

真結 vol.6 〜春〜

2008年3月29日(土) 目白庭園「赤鳥庵」

昼の部 14時開演(13時半開場)

夜の部 15時開演(16時半開場)

花・平間磨理夫

入場料 2,500円(お茶菓子付き) ※学生割引 1,500円

・扇の曲

・東獅子

・蝶の夢〜初演〜

・思より思をたどり〜初演〜

・TSURUKAME

会場所在地 豊島区目白3-20-18

電話 03-5996-4810

問い合わせ・申し込み

○3-3710-1261(黒川)

○42-462-8241(鈴木)

○3-3412-3772(平間)

   

↑応援クリックお願いします

啓蟄もすぎ

ブログネタ
華道・いけばな・フラワーアレンジメント に参加中!

春いっぱい草木の芽が張る季節。

陽だまりと日陰の差に、

季節の変わり目がはっきりと

感じられるようになりました。

明るい彩りで、一足はやい

春気分。

 

最近、数ヶ月前の郵便が届くことも珍しくなく、

1年以上も前の郵便物までが届く始末。。

問い合わせをして、その原因を調査して頂き、

やっと出た回答に。。。。なんだかなぁ

 

最終的には、28ヶ月も前の郵便物が届き、

まさかこんなことがあるなんて!と。

 

とはいへ、僕の手元に届かないまま

戻されることもなく、消えていってしまった郵便物がある

という可能性の大きさを残したままの終焉。

日ごろ届く、多くの手紙や葉書の数々に、

消えていってしまったものが少しであることを切に願います。

 

皆さまには、こんな災難にあいませぬよう。

 

   

↑応援クリックお願いします

 

器・Sagaform 

花・アルストロメリア、ラナンキュラス、クロトン・ブラック、ゼラニウム

☆プロフィール
☆装花の仕事
TV、CM、雑誌の
スタイリングから、
演奏会、舞台、映画、
ホテル、レストランなど
の空間演出まで、
その季節、その空間に
合った花を
いけさせていただきます。

詳しくは、→こちら←
クリックして下さい。
☆花いけ教室のご案内
花に触れることで、植物から
元気をもらいませんか。
どんなに疲れている時も、
植物と向きあう時間は
きっと貴方を癒してくれます。
花をいけることで、
季節のうつろいを楽しみ、
潤いのある時間を
過ごしましょう。

○深沢教室
→場所/世田谷区深沢7-15-6
Jikonka TOKYO

詳しくは、→こちら←
クリックして下さい。
☆お問い合わせ
ご意見・感想・叱咤激励の言葉、相談など、なんでも結構ですので、メールをお待ちしております。また、お仕事のご依頼等のお問合せも、お気軽にどうぞ。

info☆hirama-mario.com
※☆→@

http://www.hirama-mario.com/
☆コメントありがとうございます
☆トラックバック
雨音 (705i 905i 905iシリーズ gsm hsdpa nttドコモ so905ics ドコモ ワンセグ)
雨音を聞きながら
クリスマスリース (クリスマスキャンドルセンター)
クリスマスリース
五節句 (Googleニュース検索キーワード)
人日の節句
五節句 (ウエンツ瑛士、真鍋かおり、バレーボル、観戦、デート)
人日の節句
降誕祭 (dsテレビ、ワンセグチューナー、任天堂、販売、通販、予約)
降誕祭
クリスマスリース 意味の気になる話題 (気になる商品と気になる話題、どっちもゲット♪)
クリスマスリース
☆過去の記事
  • ライブドアブログ
華道家 平間磨理夫 オフィシャルブログ