まりっぺぶろぐ

デザインとか仕事とかの話をがんばって書こうとするブログ

つくりたいもの

カテゴリ : その他

ふと思い出したので書く。

ずいぶん前に、「自分の作りたいものとユーザーが求めるものが違ったらどうするの?」とか「自分の使いたい色と効果の高い色が違ったら自分の使いたい色を我慢するの?」などと聞かれたことがありました。

私がつくりたいものは「ユーザーが使えるもの」なので、「ユーザーが求めていない(使えない)自分の作りたいもの」というのはないと答えました。

あえて言いますが、使える≠求める ですが、この記事では 使える≒求める とします。

しかし私も(ネトゲとかが)忙しいので、「場が丸く収まるデザイン」をして場を丸く収めることは稀に良くあります。仕方ないですね。収めたくても収まらない…ということは最近は体験してないですが、今後あるかもしれません。

いい〆が思いつかないですが、FF14やらなきゃいけないので…詩学まだ全然たまってないので。

コメント(0) トラックバック(0)

料理写真の件について

カテゴリ : 日常

以前は料理の写真を垂れ流していたのに最近やらなくなった件について、数名からしばしば指摘をされるので、密かに撮り溜めていた写真を放出しておきます。

ちなみに最近の食事は、ご飯と味噌汁とウィンナー(森の薫り)3本です。

続きを読む

コメント(0) トラックバック(0)

色のトーンを意識する

カテゴリ : デザイン

以前に書いた記事、色彩の「トーン」の理解と活用の後半の内容をより詳細にしたものです。例のスライド(色の超基礎)の内容はわかっているという前提で書きます。

例のスライドで離れた色相2色をメインカラー・アクセントカラーとして使う方法を載せました。しかし、基本的な6色の中で反対色(補色)2色を選んでいくと、

(ベースカラーを白とすると)色の組み合わせはたった3パターンしかないのです。

続きを読む

コメント(0) トラックバック(0)

アサーション

カテゴリ : その他

アサーションとは

アサーションとは、コミュニケーション技法の1つで、「相手を尊重しながらも自分の要求や意見を表現する」ことです。そうすることで自分も相手も嫌な思いをせずにすむことが期待できます。

例えばレストランで自分の注文とは違う料理が運ばれてきた(でも注文通りのものが食べたい)時、自分のことだけを考えて店員を叱りつけるのは「攻撃的」、相手のことだけを考えて何も言わずに運ばれてきたもので我慢してしまう(内心では不満)のは「非主張的」であり、アサーティブではありません。

「自分の注文とは違うものがきてしまったので取り替えてほしい」と、丁寧にはっきりと伝える「自他尊重」の表現がアサーティブであると言えます。

当たり前のようで、みんななかなかできません。

続きを読む

コメント(0) トラックバック(0)

去年の6月29日から今までブログが止まっていましたが、体調がアレでブログどころではありませんでした。

続きを読む

コメント(2) トラックバック(0)

page top

© Marippe Blog / Powered by livedoor Blog