2005年06月

2005年06月29日

春ドラ最終回(タイガー&ドラゴン、エンジン、離婚弁護士)

春ドラが続々と終わっている。
結局今期も暇な夜をすごしてしまった…「録画するぞぉー」と言う意気込みのドラマはこの3本だけだった。
・・・と言うわけで感想
タイガー&ドラゴン
実を言うと、金曜日はスクールの日なので、つい録画を忘れてしまう上に、外食が多くて、あまり見ていない。
でも最終回は見たぞ。最近はこういうのりのベタな最終回をやってくれる脚本家はクドカンだけのように思える。
最近の最終回・・・と言うかドラマは、最後のドンデンに人生かけてる脚本が多く、それはそれでいいんだけど、
話を二転三転することだけに気をとられていて肝心のキャラクターがかけていないように思える。
クドカンは新しいタイプの脚本家だと言われているが、私はそうは思わない。
彼ほど日本人チックで王道の話を書ける作家が今の日本にいないだけだ。
クドカンが新しいと言われている理由は、「設定のうまさ」に違いない。
使い古された話をなんとか新しい切り口で表現しようとしている彼の努力を視聴者が認めているのだ。
タイガー&ドラゴンも、落語とやくざという組み合わせのうまさ。「タイガー、タイガーじれったいがー」などと、
一見視聴者を馬鹿にしているとしか思えないギャグを正面から真顔で長瀬君にやらせるクドカンの気合がこのドラマのすごさだと思う。
ラストの「タイガー、タイガー、じれったいがー」をみんなで合唱するシーンは、ゼブラーマンでも使われたクドカンのお得意のパターンだ。
でも、こういう学園祭みたいなのりで、ある意味「水戸黄門」的な安心感で見れるドラマは最近ではごくせんとこのドラマだけだったように思える。
エンジン
この作品に関して言えば、まあ脚本家と私の感性が合わないからなー…
まずこの人の嫌いな所は、なんか視聴者に問題を投げかけるタイプの終わり方をする所。
そのくせ小雪とキムタクのキスシーンなど、本筋からはずれずれのサービスショットを入れてみたり、視聴者へ媚びる事も忘れないあざとさだ。
「あなたは負けていません」と言う台詞の一言一句が予想できて爆笑物だった。
あの台詞を小雪に言わせたいなら、本人の好みからはずれるだろうが、
視聴者の気持ちが盛り上がった時点でスリップなどさせずに、ゴールさせれば、
お約束ではあるけれど、期待通りのまんねりと言う事で気持ちよく見ることが出来ただろう。
私なら、ゴールをさせる。そして、努力はしたけど、ホームは再開できない・・・
でも次郎のゴールを見た事で、子供達は次郎のように自分の夢を追いかけたいと思い始める・・・という結末にするなー。
まあでも、応援している番場ちゃんのマシンや一輝のマシン、マッチ監督も出たって事でよしとしましょう
離婚弁護士
私にとっては今期一番のヒット作。間宮貴子のキャラクターがかっこいい。
今期、クドカンに、キャラ設定で対抗できるのはこの作品だけだと思う。
脇役キャラの一人ひとりに至るまで、役者さん任せにせず、丁寧に設定しているのがわかる。
そして最終回。紆余曲折の末、間宮貴子が敵役の社長に啖呵を切るシーンはスカッとする。
ある意味「遠山の金さん」を見ているようだ。ラストの決断も「女のハードボイルド」と言う感じでかっこいい。泣ける。せつない・・・
このあたりのテイストは「カサブランカ」を思わせる。さしずめ女版ボギーと言う所か・・・
でもちゃんと、「忘れないで」と弱弱しく言った貴子のいじらしさが見え隠れする所も忘れない作者の思いやりも好きだ。センスを感じる。
DVDをお買い上げしちゃおうか、再放送を録画するか悩む所だ・・・
 

maririn0014 at 22:16|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)ドラマ 

2005年06月17日

イノッチというジャンル

 作品を作る時に、必ずイメージキャラクターを想定する。
そうじゃないと書きづらい・・・
そういうときのために、日頃からあらかじめ何人かピックアップしてある。
 
最近目をつけているのがV6のイノッチ。
ジャニーズにうるさい相方も驚く程、イノッチの出現は衝撃的だった。
まだ初々しいV6のメンバーの中にイノッチの姿を見つけた時は、
不憫に思えたことこの上ない。
「なんでこういう地味な子が・・・」
 
しかしイノッチは男の「癒し系」という新たなジャンルを確立し、
いまや日系エンタメでコラムを書いている程の活躍ぶりである。
いや、もはや彼は、私の中では「癒し系」にとどまらず、
彼独自の「イノッチ」と言うジャンルを築いているように思える。
そうあれは一つのジャンルに違いない。
イノッチ恐るべし・・・
 
古くは男ぐみ(漢字がわからない)では岡本君、少年隊では東、スマップではキムタクをお気に入りに決めていた(V6では岡田君)この私が、
イノッチの存在は認めざるを得ない・・・
 
うーん、いつかイノッチを、癒し系以外のキャラに想定して、
話を書いてみたいものだ。

2005年06月05日

スクールに通う上でのここだけの話

シナリオスクールに通っていて思うことは、
「あんたをキャラに設定した方が面白いよ」と言う人々が
勢ぞろいしている所である。
 
私は夜の仕事が長かったせいか、話の途中でも、その話そのものよりも、
傍観者となって客観視してしまう癖がある。
 
スクールではあらかじめ与えられた課題についての作品を
持ち寄り、自分でそれを読んで発表し、
それについて感想を述べ合うというものである。
 
人の作品についてあれこれ分析し、やたらと長い感想と
論理的な事を述べるやつに限ってろくな作品を書いてこない。
 
私は課題は「漢字ドリル」と同じだと思っている。
野球で(詳しくないが)言えば素振り、ゴルフで言えば
打ちっぱなしのようなものだろう。
だからいくら野球の理論を知っていても、身体で覚えなければ
意味がないように思う。
ダイエットの本を何冊も持っていても、痩せないのと同じだろう。
 
スクールにはそういう「シナリオオタク」「映画オタク」が
やたらと多くて、びっくりする。
彼らにとってのステイタスは、すでにスクールに通っている事
そのもので、見た映画に関する知識のように思う。
「しゅーさんはリスペクトしている映画はなんですか?」
小難しい聞いた事もないような映画を自慢する人たちの中で、
「トラック野郎」だとはとても答えづらいヽ(`○´)/
(トラック野郎リスペクトの理由はまた今度)
仕方ないので「クドカン」だと答えてみる。
この答えも当然がっかりされる。
庶民に人気の脚本家はけなさなければライター志望者としては
イケテてないのである。
 
「勉強方法」もやたらと聞かれる。
ここだけの話、ライター志望者が映画を見るのは
当然の事。努力とはそれ以外の事をするのが努力である。
私の勉強方法は、「遊ぶ事、友達を増やす事」である。
人を楽しませようとする仕事につこうとする人間が、
「最近遊ぶ暇なくて・・・」なんて言ってるようじゃダメだろう。
恋に傷ついたことのないやつが理論だけで書いた恋愛物、
人の意見をパシッと拒絶してしまうやつの作品
なんか聞いていて面白くない。
そして最大に面白くないのは、そこに視聴者と言うユーザーが
介在する事を無視したシナリオ・・・
 
スクールに行けば「すごい人」にいっぱい出会えるかと
思っていた。
でも実際には夜の世界で知り合った人たちの方が、
エキサイティングで全然勉強になっている。
「この人すごいなー」「一緒に遊んでみたいな」と思う人には
なかなか出会えない。