2005年10月03日

ローレライを見た

戦国自衛隊に続いて2作目の福井作品を見た。
まあこれは福井さんのせいではないと思うけど…
まともな大人がみると「罰ゲーム」のような退屈な映画だったような気がする。

戦艦ものが好きな人には、それなりに評判良かったようだけど、私のようにシナリオの勉強のために映画を見ている人間にとっては、映像はともかく、脚本がちょっと…

戦国自衛隊の時にも思ったのだけど、これは作者本人が悪いのか脚本家が悪いのか、小道具がいっぱい出てくるものの、何の意味もなさない無駄な使い方が多い。

同じシーンでの撮影が続くから仕方ないとは思うけど、誰に焦点を当てているのか心の機微もさっぱりわからない。
まあとにかくストーリーだけをとりあえず展開させた感じの台詞の連続に1時間目にはもうぐったり。

映像が好き。戦艦物が好き。あと、アニメ好きにはいいかもしれないけど、ドラマではないな。

ただ福井作品を見ていつももったいないと思うのは、ストーリとアイデアが満載なのは素直に面白いと思うだけに、もっと違う脚本家を選べなかったのか?という事だ。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔