2005年11月28日

女の一代記3

遅ればせながらやっと録画していた女の一代記を全部見終えた。
個人的には話としては、米倉演じる「杉村春子」が一番好き。
芸事をしていたうちのおばあちゃんが好きだったので、つい感情移入してしまったという理由もあるが…

しかし、DVDに落とそうと思ったのは、天海祐樹演じる「越路吹雪」。
歌はともかく、やはりスタートしてのオーラがかっこよかった。
歌はもともと期待していなかったので「こんなもんじゃろ」と言う感じ。
ただ欲を言えば歌のシーンだけ本人の吹き替えにすればよかったのに(~o~)

一番拍子抜けしたのは瀬戸内寂聴。
話自体がまあ昔の話だから仕方ないのかもしれないけど、出家に至るまでの流れがなんか「うんうんわかるよ」というものが全くない。
激しい恋と言う触れ込みの割には、結局昔のお妾さん的な暮らしと、一番最初にやらかした夫の教え子との仲をひっぱってドラマにした感じ。
もっとすごいことをやってくれるのかと期待してしまったけど、まあやはり根が真面目な人なんだろうな…
宮沢りえちゃんは線が細すぎて、見ていて不安定で乗り切れなかった。綺麗ではあったけど…
でもこのドラマの中ではピンコが好き。
もともとピンコ嫌いだけど、さすが大物女優。
やはりオーラが違っていた。

この手のドラマは昔の「角川映画」と一緒で、前宣伝がすごいのでついのせられてみてしまう。が、見てみるとただのダイジェスト版みたいなつくりになっているから、
状態とか状況がわかるだけで全然感情移入できなくてつまらない。
中だるみもするし・・・


「事実に基づいたフィクション」だから、やはり脚本の力は大きいだろう。事実をフィクションにする場合、その脚本家のセンスがわかるのでそこも面白いと思う。
そいう意味では今回、杉村春子が一番、人物に感情移入できるような作りになっていたように思える。ソニンの太一喜和子には驚いたが、あの年でよく頑張っていたと思う。それにしても個人的に好きな成宮君は演技が下手だなー。
ギバちゃんはワンパターンの演技だけど、あのワンパターンぶりは、田中邦衛を彷彿させるものがあるので、いつか「北の国から」的なドラマをやったらいいんじゃないだろうか???

来年からのドラマ「孫悟空」で深津ちゃんが三蔵法師を演じるらしいが、りえちゃんのが崇高な美しさが出そうだと思うのは私だけだろうか…
maririn0014 at 23:41│Comments(0)TrackBack(0)ドラマ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔